other

一番弱い人が、一番可能性を持っているんだよ 週刊少年ジャンプ 2019年40号 感想

じゃんぷよ


ミタマセキュ霊ティ(新連載)

ジャンプラの全裸漫画でおなじみの鳩胸つるん先生!ついに本誌へ!
前作に引き続き、ぱっと見イケメンだけど実はヘンというキャラが主人公。

主人公さん、なんて呼ぶのが自然なんだろう…。御霊 浄(ミタマ ジョー)と名乗り下の名前あえて伸ばし棒な所にこだわり感じるのでとりあえずジョーさんで。

ジョーさんが涙で覚醒したあたりの流れは面白かったんですが、どうもまだ勢いでゴリ押しするにもゴリきれてないというか、真のつるん先生が解放されきっていないというが…。
ほんとはまだまだこんなもんじゃないはず!
もしかして、勢いが足りないのは主人公が服を着ているからではないでしょうか?
つるん先生の主人公が服を着ているなんて、まるで翼を捥がれた白鳥に等しいのではないか。今から脱いでもいいんですよ。
でもアレですね、幽霊のみなさんが既に基本的に全裸といえば全裸。


ワンピ

なんと、カイドウさんとマムさんが同盟…!?
二人ともとても楽しそうで何よりですけど、この二人が組んだら対抗できる勢力どこにもないじゃないですか。やべえ。
修行してカイドウと渡り合えるようになる…なんて言ってる場合じゃないですね。
組んだからにはラフテル目指そうぜって話になるんでしょうか。世界を取るって言ってるし。
それを追いかける形でみんなグランドラインの終点に向かう流れになる可能性も…。尾田先生によると、物語はもう8割ほどのとこまで来てるって話だし。
話がワノ国だけで収まらない感じがしてきたぞ!


鬼滅

ウワアア不死川さんの指が!ゆびが!!
鬼滅は流血がシビアなバトルマンガでありながら、わりと簡単に四肢欠損が治る系の能力バトルモノと違って序盤の時点で失った四肢は戻らないって断言されてるし欠損ダメージの絶望感が大きいです(玄弥くんを除く)
これまでの戦いでも、音柱さんは上弦6との戦いで片腕を斬られて引退になったし、不死川さんも今後きびしいよな…。指2本とはいえもげたら刀まともに握れないでしょうが(玄弥くんを除く)

黒死牟さんが繰り出す月の呼吸の型の番号が7、8、9、10とどんどん上げられていくのも圧力と絶望感やばい。10!? 10まであんの!?怖すぎるよ。10なんて水の呼吸で言ったら生生流転だよ!いちばん強いやつだよ!

玄弥くんの回想の中で、炭治郎くんが言った「敵が警戒できる相手の数は決まってて、それを割り振りながら戦ってる。その隙を突くんだ」というのはワートリファンとしてはたまらんやつ。
そうだよね多対一とはいえ集団戦だもの。
玄弥くんの「炭治郎、炭治郎、本当か?俺にできると思うか?」っていう不安げな顔がかわいかったです。
彼がこんなにかわいい顔して弟ムーブするキャラになるなんてな…。


ブラクロ

アスタくんの似顔絵かこいいww崩した感じで描かれるパターンはよくあるけど、イッケメンに描かれるとは。元々イケメン系のキャラじゃないからこそ成立するやつ。

黒の暴牛のみなさんが一人ずつセリフ言ってくシーン、とてもアニメ映えしそうな演出でした。
盛り上がるBGMと共に一人ずつ効果音と足音いれて最後にバァーン!て集合絵するやつ。脳内映像化が捗る!

セクレさん、いつのまに団員扱いに…って思ったけど元々ネロ(鳥)の時からずっと一緒だし団員みたいなもんといえばそうですね。
「そこの角生えてる二人」ってアスタくんとセクレさんをツノ生えてる繋がりでまとめちゃうの面白いです。
ツノ生えてるのってなかなかない境遇だし、シンパシー感じるよね。
まさかセクレさんが第三のヒロインに…? いいと思います。ツノっ子はいいぞ。


アクタージュ

王賀美さんが夜凪さんのことを「景」と下の名前を呼び捨てにしてる彼氏ヅラ感あって面白いです。
千世子さんには王賀美さんが景呼びしてる場面に遭遇して、王賀美さんに対して無駄にキレ散らかしてほしいんですけど!

夜凪さんが包丁持ってるコマがとてもよかったです。積極的に瞳のハイライト消してっておくれ!ぞくぞくしますので。


DrSTONE

カセキじいちゃん復活やったー!待ってたー!!
体調よくなってはしゃぐじいちゃんがかわいいです。そうだよね、やっぱり石化復活したら調子よくなるよね?
どの程度の欠陥や欠損まで治してくれるんでしょうか。バラバラになっても復活するときにくっついてればOKって、あらためてガバガバルールすごい。

あと、ふと思いついたんだけどよそから持ってきた余分な腕を身体に押し当てながら解凍したら腕がくっついて4本で復活したりしないですかね…?
そういうマッドなことはやらないんでしょうか。あるいは首をすげかえたり。拒否反応でちゃうかなぁ。

ドローンは有線でした。そっか、有線ありなのか。それじゃ普通にいけそうじゃん。ドローンの定義として有線ありだったのか…(´>∀<`)ゝ


夜桜さんちの大作戦

先週の感想で、顔だけは良いお兄ちゃんのフォローを全力でやっていい感じキャラに仕立てればいいのでは!?と言ったらおおむねその通りになってたし1話でアレだったお兄ちゃんがちゃんと味方(歯ぎしりしながら)してくれたのでとてもよかった!!
3話目以降は他の姉弟もキャラ立てていくのかな。もう少し凶一郎さんのターンやってくれてもいいのよ。

あとライバルSNS中毒暗殺者の「たま屋」さん、よく見たら相互フォローになってるとこ笑いましたw
妹の結婚報告に、いのいちばんにリプくれてるし。


約束のネバーランド

1ページ目の左下、名前わからないんだけどハゲメガネの男の子が「素晴らしい…!」って言ってるやつが、お手本のような「素晴らしい…!」だったので素晴らしい…!って思いました。
わたしはインテリっぽいキャラが素晴らしい…!って言うやつが好きなんだ。

“約束”は履行保留とのこと。そんなんアリなの。
何か合図したら即座に履行してくれるんでしょうか。
履行したらこの世界にいる食用児、どこにいても全員強制転送してくれるのか、それともゲートみたいなの開くからみんな来てねって感じなのか。
エマちゃんが「全食用児」って言ったから前者かな…? そもそも”全食用児”の定義がわりと謎なんですけども!


チェンソーマン

パワーちゃんがかわいい。デンジくんはとっくに後ろにいないのに。
ずっと彼とのコンビネーションで修行して、彼を信頼しているからこそ背後は彼に任せっきりで後ろは確認しないクセがついているのかな?
そうだとしたらほっこりします。でもたぶん単にあほだからだと思います。

VSソードマンさんの躍動感のある見開きも、とてもよい!
チェンソーマンVSソードマンって対になってるしアツいですね。
「じゃあ斬り殺してやるよ!」「やってみろよバァ〜カ!」のページ、抜刀!って感じが好きです。

あれ、そういえば敵さんの通称って…
ソードマンだっけ、カタナマンだっけ、どっちだっけ?

もう一回本誌を確認しよう。

デンジくん「出たなモミアゲマン」

…モミアゲマンだった。

チェンソーマンVSモミアゲマン…。


ヒロアカ

やーーっとヒーローサイドに戻りました。何巻ぶりですか!?
学生組の顔ぶれが懐かしい。流血が多かったヴィランズに比べるとホントに平和。

かっちゃんとデクくんの絡みも面白いけど、かっちゃんと轟くんもなかなか…。
轟くんのスンとした感じに対して空回っちゃうかっちゃんは、デクくん相手だと中々見られないので新鮮です。このコンビもいいなぁ。

Mtレディさんが講師として呼ばれるのも感慨深い。この方、1話では新人デビューしたばかりの扱いだったけど地味に実績積んできてますよね。
Mtレディさんはお尻担当、ミッドナイトさんが乳担当というところが全面に押し出されてましたね。
個人的にはマンダレイさんとかも出して欲しいんですけど。おねがいします。


呪術

天与呪縛でも情報開示で能力の底上げになるんか。
伏黒父さんのケースの場合、通常の術式開示「俺はこういう術を持っていて、こういう効果があります。」ではなく、「俺はこういう体質なので、こういう工夫をしています。」という感じでしたけど、それでもいいのかw
五条さんの開示なんて、説明はしょりすぎて相手に伝わってるか怪しかったし、本人が「これは開示なんだぜ!」って思い込んでればなんでもいいんじゃないか説まである。

みんな血まみれで倒れてるの、とても悲しい(;Д;)特に理子ちゃんと黒井さん…。
伏黒父さん、一人で4キルってとんでもないわ…あと息子の名前を思い出すきっかけ、そりゃないやろ。゚(゚´ω`゚)゜。

当時自分が最強だと思ってた五条さんと夏油さん、この時が初めての挫折だったのかな。
この後、彼らが更に強くなったのは二度とこんな思いをしないためなんだろうなぁ。


サムライ8

月が破壊された!
いきなり月壊したら潮汐とか重力とかいろいろ影響やばそうじゃない?

ダウンロードすればまだ習ってない剣技も使えるの、めっちゃ便利。
修行しなくていいじゃん! 身体や技術を鍛えたりしなくていいぶん、心を鍛えるのに専念すべきということか。侍とは心なのだと。
修行カット方法として「ダウンロード」という手段が取られるのなんというかとても今風な感じがします。
修行回こそジャンプの伝統とも思いますけど、最近なろう系とかだと修行なくて最初からチートだったりするらしいし、今はそういうのがいいんですかねえ?


髪を結い

3ページ目のヴァイオリンの蟲さん、「音が鳴る物の中にいないと死んでしまぅぅうー!(ヒィ!)」ってコマがやけに楽しそうでなんか笑いましたw

今週もおもしろワードやヘンテコワードがあって、一字一句セリフを読んでいくとじわじわくるものがありました。
「スジというスジを!アキレス腱を楽器にしてやる!」
「ええ、学園内でのイチャイチャカップルの聖地です」
「今日からお前は死のパイプオルガンスケバンだー!」
このあたり真似しようと思っても真似できないセンスだよ…。

そんで鍵斗さんは相変わらず行動がイケメンで好感度高いわ。
黒ゆいじゃなくて彼が敵を撃破…いや撃破ではなく別の思わぬ方法で和解や解決していくのが痛快。そのあたりはメルストに通じるものがある!


ふたりの太星

豪月さんの盤面粉砕(物理)のインパクトあるなぁ。
イメージじゃなくて本当にやってるってとこがまたw

昔は不良(?)だった彼、これだけの力を持っていてその気になれば力や喧嘩で相手をねじ伏せることだって可能だけど、それでも将棋で勝負するというのが彼の魅力。
好敵手を求めていたからこそ、自分が認めた相手に誰だっけと言われて怒ったんですね(つД`)誰だっけはないよなぁw怒っていいぞ!


忍スクワッド

「設立後一年を経過したら講習会参加と登記更新の義務」
「休眠と判断されみなし解散となる」
なにその妙にリアルなやつw 実質、法人と同じような扱いってことですかね。
この説明セリフを聞いたモブさんの反応が「へ…へえ〜」って全然興味なさそうなとこがww
やけに印象に残る、濃ゆいモブさんたちでした。

あと、顔面がモニターになってる人が「強い」とか「くるっ」とか顔に書いてるのシュール。
その辺とかよく見たら面白いんだけど、パラ読みだと中々目に留まらなそうな箇所なのが惜しい。

いきなり共闘することになったポッと出のスケベリーゼントの人は絵に描いたようなテンプレ感というか、どっかで見たことありすぎる感じがして逆にキャラが立ってない気がしました。
もっと舌を伸ばして触手のようにしたり、人間でかき氷つくって食べたり、ヒアルロン酸を1ページに1回のペースで注射し続けたり、何かしらのネジ外れ行為を見せつけて欲しいです!




今週は以上ですうぉヾ(‘ω’)ノ

関連タグ
関連記事
焦凍だけで来てほしかった! 週刊少年ジャンプ 2019年42号 感想
ララ〜ラ ラララ〜 ラララ〜ラ〜ラララ ララ〜 週刊少年ジャンプ 2019年41号 感想

1 件のコメント

    • 1
    • カオス
    • 2019/09/05 23:13

    もうダメだ・・・ お終いだぁ・・・(四皇が同盟を組むなんて・・・)

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)