other

【メルスト/日記】(ネタバレ有)西部の国イベントを堪能した! 〜開拓編〜

今月のイベントは、西部3rd!
堪能しました。アウチ!

HappyElements/コンテンツ利用ガイドラインに基づく表示
当ページは、Happy Elements株式会社「メルクストーリア」の画像を利用しております。 
該当画像の転載・配布等は禁止しております。 ©Happy Elements K.K


暁風の委任執行官と追想誘う開拓地


2020年7月のイベントは、 西部3rdです!


風来の賞金首ハンター、ガルディさんの元に訪れた上級保安官のイクバヤくん。彼が追う「斬夜旅団」を巡り、荒野(こうや)の民と自然神(マナ)の民が交わる物語!

今回に関しては西部1stと2ndを読んでないとサッパリだと思うので、予習してから3rdに望むことを強くオススメします!
西部1stはわりと初期のイベントですが短めにまとまってて読みやすく、
西部2ndは軽快なギャグとテンポとノリノリのBGMでめっちゃ楽しい回です!ぜひ。

西部イベントの繋がり(ネタバレ)
進化する演出とスチル(ネタバレ)
斬夜旅団と聖櫃の遺産(ネタバレ)
入手シード
入手ユニット/出演ユニット(ネタバレ)

西部イベントの繋がり(ネタバレ)


西部3rdはガッツリと続きモノでした!
例えばガルディさんとアスターくんの関係性とか、ジャンゴさんの本名がニヨルってこととか、前のを読んでないとわかんないし、読んでる前提の箇所がありました。
ですが、過去イベントを読んでいればこそあのキャラたちが改めてこう繋がった!と楽しめる箇所が多かったです。こういうことは1回完結型のストーリーじゃできないからね!

わたしも改めて1stと2ndを読み直したんですけど、めっちゃ良いこと言ってるし当時読んだ時よりも理解が進んだ感じがしてよかったな…!

コラボイベみたいに西部1stと2ndの消費AP1キャンペーンとかやって導線つくってくれたらよかったのになっ!

1stから読み直してみると、ガルディさんの初登場シーンのろくでもなさにまず笑います。ほんと第一印象はギャンブルばっかりだなこのひと!


アスターくんは、ガルディさんを妹の想いを踏みにじったニクいヤツと思っており、当初は一発かましてやらんと気が済まねー!って感じでしたけど…

実際にはアスターくんの妹こそガルディさんの行き別れの肉親だったわけで、彼は怒りの矛先を失ってやりきれない思いをかかえていたわけです。

西部1stだけでなく、進化させた時のユニストも読んでおく必要がありました。
アスターくんは進化ユニストで、ガルディさんに向けていた感情が一転して自分を責めるようになっていましたね…。

進化したのは2016年の6月だから、ずっとプレイしているメルスト民的には4年以上前の話ですけど。彼らの物語はやや不完全燃焼のところで途切れてしまっていたのはあります。

それがですよ…まさかこの二人が共通の敵を前に背中を預けあうのを見れるなんて…!

長年止まっていた時計が動き、彼らが真の隣人同士になったのを見届けられたのは、メルストが続いたからこそですよ…!
感慨深くて、1st~2ndから続くキャラたちの関係性に思いを馳せながらこみ上げるものがありました。

続いてカリーナちゃん。こちらは☆3進化ユニスト。

彼女いわく、西部1stの一件のあと実家に帰って家族と話あったがガルディさんとはぐれてしまったとのことでした。
カリーナちゃんもカリーナちゃんでガルディさんのことを追っていたわけで! ほんと罪な男だよガルディは!

それとストーリー内で詳しく言われてなかったのでわかりにくいのですが、ヴァイオラさんはカリーナちゃんの姉です! プロフに書いてあるしユニストでも言及あり。


12話のヴァイオラさんのモノローグもそういう繋がりがあってのこと。

カリーナちゃんのユニストで言ってた「激怒した姉」もヴァイオラさんのことだったんですね。怒ったヴァイオラさんはマジで怖そう。

☆5ガルディさんのユニストは15話のラストシーンの続きから始めるので実質イベスト16話です。またこのパターンかっ! 払えばいいんだろォ!

このユニストで、無事にガルディさんと合流できたカリーナちゃんの会話が見れます。プロフによるとその後も交流がある様子。
彼らの物語に進展があったのは嬉しい限りです! ほんと立派になったよねガルディさん…。襟もめっちゃ長くなった…。

3rdはガルディさんがメインでしたが、西部2nd組も活躍がありました。

ヤツィちゃん、ジャンゴさん、アロロアさんのトリオのやりとりは見てるだけで楽しかったので、3rdでまた見れて嬉しい!
特にアロロアさんはエンジョイできてるみたいでよかった。この仲良し三人組はボケツッコミアロロアのバランスがとれていて、いつまでも見ていたいです。

3rdは文化が異なる様々な民たちの交わりがテーマで、そのあたりはイクバヤくんとカレタカさんを通して描かれていました。

二人が水浴びしながら和解するシーンは、カレタカさんの表情が一気に柔らかくなってすんごいよかったな…。

メルストに一貫しているのは、何か傷つくことがあったとしても誰がわるいというわけではなく、お互いに痛みを分かちあえる方法を探して、話し合うことがやっぱり大事ってこと。

「話し合いの席についてもらう能力」ってほんとうに優しさに溢れてるよね…。
自分の想いはあくまで伝えるまでで、考えて受け入れるか決めるのは相手のほう。わかってもらえなくてもいいし、それでもいい。けど、わかってもらえたらやっぱり嬉しいね。

最終的には2ndでヨルルタさんが言ってたこのセリフに尽きると思うんですけど。

誰かに(そそのか)されて流されるのではなく、自分自身の意志で自らの流れに乗ること。メルストに限らず人生においても大事なことと思います。

気まぐれ鍛冶屋オズボーン

本筋からはちょっと逸れる話ですが、初めて名前がでた「オズボーン」について。
先日のメイン科学編が公開される少し前に登場した西部出身のシャアイラちゃん。何やらすんごい武器を持っているというお話でした。


そして今回の国イベでもチラッと名前が出たオズボーンさん。無関係とは思えません。オズオズオズボーン。知らねえ奴はモグリ。


年齢性別不詳で、彼なのか彼女なのかよくわからない人物っていうのも興味をそそります。

西部の国にはプロフに「彼とも彼女とも呼ばれる」て書かれてる☆5光弓ユニットが既にいますけど、そういう存在が他にもいるのか!

シャアイラちゃんのユニストによると「武器をくれたあの人」を探す任務を盗賊のおっちゃん(たぶん機関のグランドマスターの1人)から受けてるってお話でした。

もしかしたらメインストーリー側で出番があるのかも…?


進化する演出とスチル(ネタバレ)


毎回進化を重ねているメルストのストーリーですが、今回は七罪コラボで初登場したカットインがさっそく使われていたのが面白かったです。
ティンバーくんの棒立ちカットインはシュールで吹きましたが!!

これまでストーリー内でドンパチやるシーンは、何が動いて起こってるのかをキャラが口で説明したり画面が明滅したりだったけど、それよりは「この人がなんかやりました」感がでそう。
今回はカットインしながら説明もしてたので担当ライターさんも手探りだったのかな…? 多用しすぎもアレだしバランスが難しそうですけど。
 
カットインの導入によって一気に派手になった感じありますが、それに限らず砂嵐や流れ星、雷鳴のエフェクトとか色々使われてたし、初期に比べたら格段に演出の選択肢が増えてます!

動物2ndや砂漠3rdでやってた立ち絵のポーズが変わるやつも好きでした。いまは3Dでぬるぬる動くゲームもあるけど、こういう古き良き感じも大事にしていってほしいな…。
 
まあ個人的にかっこいいと思ったのは、エフェクトじゃなくてBGMが切り替わりながらヴァイオラさんが援軍に駆けつけたとこなんですけど!(この時点で新BGMだったので一番おいしいとこ持ってった感あった)

どのキャラも見せ場あったので、人によってどこが刺さったか違いそうなイベントでしたね。ヨルルタさんもかっこよかったな…。

最もウヒョッてなったのはカットインでも演出でもじゃなくて、イクバヤくんとカレタカさんのこのやりとりだったんですけど…。

いつも強気な子が不意打ちで照れるのってイイよね。
この二人の関係性はイクバヤくんのほうが背が低いとこがグッド…グッド。

他のメルストの性別詐欺男子たちは腕が少し太かったり表情にキリッとした男の子らしさを感じたりしてすぐわかったけど、イクバヤくんに関しては最後まで女の子にしか見えんかったな………。でも彼の容姿がかわいいことに本人以外だれも触れないバランス感は良い。

あとカレタカさんのユニスト、掘り下げというよりはひたすらおもしろかわいい系なのでぜひ読んでください。



聖櫃の遺産と斬夜旅団(ネタバレ)


さて3rdシリーズ恒例、今回の世界考察の項です。
みなさんもちろんお気づきかとは思いますが、西部の国の自然神(マナ)に関連で登場した「ワナギスカ」は…植物の国周辺で見られる緑精(りょくせい)と瓜二つですね! 親戚なのかな…?

地理的に見ると西部の国は植物の国とそんなに離れているわけでもないですが、間に動物の国が挟まってます。

種が運ばれて遠くで咲いたみたいな扱い(?)なのか…。緑精(りょくせい)と違って誰にでも見えるみたいだから、役割は似ているものの別種?
「みな最後はワナギスカになる」って死後の話ですか…?

 
マカアナの図鑑説明やアロロアさんの歴史講義によると、西部の国はかつて荒れ果てて誰も住めない土地だったらしい。砂漠化してたのかも。ちょうど西部の隣に砂漠の国があるし。なぜ荒れ果てたのか…太古メフテル大戦はそんなに凄まじかったのか…。

砂漠は砂漠で今は人が住んでるし神話が語り継がれたりしているので、国によって復興の経緯は違うのでしょうが、西部の国においては「最古の民」やの役割が大きかったのかも。
 
それらを拾い上げて、今は居なくなった開拓者たちの声を届けようとしていたのがジュワユースさん。

旅団ていうからある程度の人数がいそうだけど、確認できたのはジュワユースさんとカレタカさん、あとはマカアナと複数のゴウバリオンくらい。
最終的にはひとりになっちゃったのかな? ちょっと不憫。

彼女が”悪党”としてのあり方にこだわり、少々過激なやり方を貫く理由は今回のイベントでわからなかったですが、また仲間を募って何かやろうとするのかな?
スカウト可能なユニットとして登場しなかったのでプロフやユニストが無くてまだ謎が残る人物でした。絶対フェス限だろうなこのひと…。

ジュワユースさんが今月の最後にさらりとフェス限でユニット化するのか、さらなる続編ストーリーでその正体が明かされるのかはわかりません。いまわかっているのはシャツのボタン締まらないほどすごいでかいってことくらい。

彼女の言う「第三の隣人」がどこまでを指すのかが気になるところ。

癒術士を「人の変革」と呼んで特別にカテゴライズするあたり、西部の国だけにとどまらない広い視野を持っているのかも。太古に生きた人々全体に対して思うところがある可能性も…?
しかし、その動機がどこから来るのかも謎。カレタカさんは「ババ様」なる指導者がいたけど、ジュワユースさんはどのようにして「第三の隣人」に注目するようになったのか!?
 
ところで古よりマカアナが守っていた聖櫃(せいひつ)は、ロストテクノロジーの塊だったみたいでした。

病を癒す水晶に、堅さや軽さまで自在の鉱石なんてあるんですね。その鉱石は何に使われてるんだろ。空の国の国土とか?
機械の国の件といい、メフテルハーネの地下はまだまだとんでもない物が埋まりに埋まりまくってそう。

それらを造りあげた太古の人々はいまどこで何してんの! 生命を創ったり遺伝子情報すらいじくれるんだから、寿命なんてとっくに克服してるはずやろがい…(毎度言ってるなコレ)


入手シード


マカアナ


ウェイブブレイクを持つシードです。少数民族2ndのヨウコクを更新。
マカアナは砂漠の国のゴーレム、お菓子の国のアラーモウドと近しい種類のモンスターではないかと思います。人間の頼みを長年に渡って守り続けている、とってもえらい子…。

アラーモウド同様にコールドスリープ機構も有しているのかな? ずっと起きてたわけじゃないみたいだし。

ゴウバリオン


フレアソウルを持つシードです。雪3rdのヘッグホッグを更新。
いかついお顔ですが仲間想いのモンスターで、一件のあとは社会奉仕活動をしているらしいです。おにもつはこんだりするんでしょうか。


入手ユニット/出演ユニット(ネタバレ)


イクバヤくゅん


イクバヤくんは、西部の国出身。17歳! 西部3rdのイベント報酬ユニットです。
生まれは自然神(マナ)の民ですが、現在は上級保安官を務める青年。青年?
父が魔法の国出身で生まれつき魔法を扱える才がありましたが、副作用もあるみたい。
ネイティブ・アメリカンの名でWIKVAYAは「与える者」という意味。
 
1体1段の中衛銃。
火力面はゴルド産の進化コーディさんと変わらない程度なので、現時点ではあまり高いとは言えません。
リーチが短いので被弾しやすいですが、逆に言えばエンハンサーを載せやすい、レンジ設定クエストで120の位置から攻撃できる、などのメリットもあり。
火力が伸びる進化後の性能に期待です。

寸評書いた日:2020/07/05
ユニット寸評で使用している用語について

属性 成長タイプ早熟
武器種銃弾 同時攻撃数1
リーチ区分中衛 攻撃段数1
体力(LvMAX)2812 体力(覚醒MAX)4837
攻撃力(LvMAX)4826 攻撃力(覚醒MAX)8276
移動速度58 攻撃間隔1.96
リーチ120 タフネス35
ダメージ効率参考値
DPS(LvMax)2462.2
(x1体)
DPS(覚醒Max)4222.4
(x1体)
属性補正値
90%
90%
90%
100%
140%
ユニット性能参考値(自動計算)
耐久評価2.3 攻撃評価6.9
3
light
gun
fast
6
17
1

ヨルルタさん(修行中)


ヨルルタさんは、西部の国出身。19歳! 西部3rdのイベント報酬ユニットです。
西部2ndに引き続いて3rdにも登場。アロロアさんの弟子で、現在は「導きの巫師」となりました。
現在は新たなる流れのなかで修行を続けており、まだ力を引き出し切れていないらしいです。
☆4ヨルルタさんと同一人物なので同じパーティには入れられません。

☆4【風読みの巫師】ヨルルタ
14031

 
2体1段の回復中衛。
なんと! 待望されていた風の複数回復ユニット。☆2なので回復力は低いですが、国イベ産の光回復中衛のネモさんと同様、進化後は使用に耐えるくらいにはなってくれるかも。
何気にめちゃくちゃ足が速い点にも注目。あのハルモニカちゃんよりも俊足です。なにごとだ。

寸評書いた日:2020/07/05
ユニット寸評で使用している用語について

属性 成長タイプ晩成
武器種回復 同時攻撃数2
リーチ区分中衛 攻撃段数1
体力(LvMAX)2352 体力(覚醒MAX)4677
攻撃力(LvMAX)2352 攻撃力(覚醒MAX)4677
移動速度58 攻撃間隔2.32
リーチ140 タフネス32
回復効率参考値
HPS(LvMax)1013.8
(x2体)
HPS(覚醒Max)2015.9
(x2体)
属性補正値
100%
100%
120%
100%
100%
ユニット性能参考値(自動計算)
耐久評価2.0 回復評価4.2
2
wind
heal
slow
6
19
2

イベントの登場ユニット一覧

今回登場したユニットは以下の通りです!
☆5【荒野奔る悪雷】ジュワユース
38198

☆4【大尾の孤狼】カレタカ
37752

☆4【流浪する孤剣】ガルディ
7813

☆3【緑芽の繋弾】カリーナ
8989

☆3【淡緑の構築者】ティンバー
7923

☆4【表裏の賭愛師】ドラド
33269

☆3【愛捧ぐ大剣士】ロレンツォ
7809

☆3【秀銃の保安官】イクバヤ
37748

☆4【昔日を想う者】アスター
8990

☆5【流迎の執行剣】ガルディ
37762

☆4【荒野の英雄】ジャンゴ
20221

☆3【奮闘の巫師】ヤツィ
25233

☆5【森羅悟る賢師】アロロア
20213

☆5【賭遊戯の女帝】フラヴィア
4172

☆2【導きの巫師】ヨルルタ
37746

☆3【尊鳥の巫師】ポワカカ
7196

☆4【爆裂なる筋骨】エルダー
25916

☆5【美聲の呪踊姫】ヴァイオラ
33267



以上です!
次回のイベントも楽しみです!!

関連タグ
前後の記事
【メルスト】オデットちゃんが進化した!(ネタバレ有)
【メルスト】2020年7月版!国別フェスの注目ユニットおさらい

4 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/07/06 00:43

    感想ありがとうございます!

    プロフィール見るまでイクバヤちゃんだと思ってました(´・ω・`)
    立ち絵だと膝が見えないんですもの

    • 2
    • ななしさん
    • 2020/07/06 10:37

    感想お疲れ様です
    読んでたときから、ババ様がカレタカにしか見えないってのどうにもレヴィアビィと同類か関係者感がすごい感じたけど、ここもガチャ限候補感・・・w
    食べ物に関しても誰かが考察してた[反転]したからこそ、昔とは味が反転して食べれないものになってるとも読みとけるし

    • 3
    • ななしさん
    • 2020/07/07 00:27

    西武2ndスキーとしてはファーザー出てきたときも「あっつ!!!!」って叫んでしまった…
    ってかこの新BGMかっこよすぎないすか???

    • 4
    • ななしさん
    • 2020/07/13 21:28

    いつも感想を楽しく読ませてもらってます。
    メイン二部あたりからモンスターを癒すだけでなく、人間同士の話し合いにも重点を置いたストーリーが増えてきた感じがします。もしも太古の人々がどこかに存在しているとしたら、その人たちとの話し合いはモンスターを癒すより大変だったりして……。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)