other

神を殺すのは、俺だ 週刊少年ジャンプ 2020年41号 感想

じゃんぷよ〜!


ぼくらの血盟(新連載)

新連載! かかずかず先生は初連載だそうですが、最初から画力高めですね〜
読み切り版の時は「誓約の紅」というタイトルで、週刊少年ジャンプ 2019年50号に載ってたものを連載版に調整してきたみたい。
その時と比べコウくんとシンくんの関係性おおむねそのままですが、世界観側の設定面がだいぶ変わってました。読み切り版では吸血鬼が一般にも知られている存在だったあたりとか。
  
吸血ショタとお兄さんて女性層にウケそうな設定なんですが、そのあたりの需要に対してガッチガチに固めすぎちゃってるというか
「女性読者諸君はこういうのが好きなんだろ?」ていうハチミツ塗りすぎ感があり、狙いすぎて逆にウケないんじゃないか…?という不安が。
 
たとえば兄のほうをお姉さんにしたほうが広い需要を狙えるだろうし(兄妹でヒットした鬼滅の例もあるし)、担当編集さんもどっちか女の子にしろって提案はしたと思うんですが、これを”兄弟”でやるのが かかずかず先生の譲れない性癖なんだろうな…。

自分の性癖をいかに多くの読者に刺せるかの勝負だからな! がんばってほしい!
個人的所感ですが、いまのジャンプ漫画家さんで「これが俺の性癖だ!くらえ!!」読者「ぐわあああ!!!」って実際にやって成功できてる性癖火力が高い先生は堀越先生(ヒロアカ)だと思います。


Dr.STONE

さすがに銃で狙ったのは威嚇だったかそうだよね(つ∀`)
操縦しながら片手で撃った銃が命中なんて非科学的な展開にならなくて安心しました。
「マシンガンだっけ?最強の近接武器なんだろ?」
いえ近接というか…中距離? 知らないってそういうことなんですね…。弓とかは知ってると思うけど。


ワンピ

裏切られてなお狂死郎さんを「親友」と呼べるササキさん、裏切りにショックで動けず大人しく拘束されちゃったことも含めてめっちゃいいやつなんだろうな…。立場的には敵サイドのキャラだけどね。
 
ドレークさんは”最悪の世代”だったけど、ルフィとは面識あったんだっけ…?(全然覚えてない)
彼は元海軍所属で、ドレーク海賊団の船長やって、いまはカイドウさんのとこにいて…と色々転々としすぎ。もし履歴書あったらめっちゃ長くなるし面接官さんから「以前の職場をすぐやめたようですが、どうしてですか?」ってしつこく掘られると思うんですよね。共に戦わせてくれって言われても信用しづらい。実力があるから雇ってもらえるけど派遣扱いみたいなひとだな!
そう思ったら、クイーンさんたちから職場でいじめられてるみたいに映ってしまいました。かわいそ。
どうやらスパイっぽい立ち回りしてますけど、どの時点からどの組織のスパイなんだろ…?  


高校生家族

「同じ高校生だろ?仲良くしよう!」てタメ語で輪に入ろうとする父に対し、「家谷さん、いまおいくつなんですか?」て敬語で返されるのめっちゃ”壁”を感じますが当然だよね…
担任の先生も、自分より年上の生徒いたらめっちゃやりづらいと思いますね…
 
ゼリーのくだり。たとえ手洗って作ったに決まっているにしても、他人の家のマッマが握ったおにぎりを食べれないというひとが一定数いるらしい。
しかしゼリーならどうだろう、ゼリーならセーフか…?
でも自分の顔が乗ってるゼリーなら? そんなことある? 微妙なラインです…こわいね!


呪術

真人さん、人のことを軽く扱ってるわりには虎杖さんと順平くんのことをしっかり覚えてるのよね。
虎杖さんのことフルネームで覚えて呼んでくれるし、虎杖さんのことめっちゃ好き()なじゃないかな。

「ペラペラとよく喋るな 遺言か?」
↑これ切れ味あってすき だんだん宿儺さんに似てきてない?
ナナミンの最後の言葉、ばっちり効いてる… 「自分は呪術師だ」と証明しないと闇落ちしてただろうな…ナナミン…。゚(゚´-`゚)゜。


BURN THE WITCH

わー! やっぱり! おわらん!
ここまでが序章だぜッ! 待て続報!みたいな感じだった!
プロジェクトタイムテーブルが公開されてるのはうれしい。久保先生、反響が大きくて筆がノッてきたんですねェ(´>∀<`)
大ヒット作を飛ばして金銭的には不自由せず悠々自適に暮らし、気が向いたら期間限定でマンガをシュババーッて描いて、ファン側も待ち望んでてウワーッ!て喜ぶという好循環…。
久保先生たら、漫画家として理想的な充実した余生を送れてるんじゃ…? 激務じゃないからとても健全だし、週刊連載で身体こわす漫画家さんもちらほらいるのと比べたらとてもホワイトだと思う。こういう連載形式、もっと増えていいんじゃないかな。
久保先生はそのパイオニアとして頑張ってほしい…BLEACHファンだしめっちゃ応援します。

で本編の話!
あのチーフのおじさん、顔からしてモブだと思ってたー! 顔で判断しちゃいけねーな!
彼に執着してるらしいスクワイアさんとの関係性も既にエモみを感じます。
シンデレラちゃんはとても良デザインだったので退場は惜しいな…。かわいさと美しさを両立していた。BLEACHの(ホロウ)と違って、ドラゴンは親近感わく見た目なので倒しちゃうの可哀想な感じがします。メルストやってるから余計にね…(T-T)


ロボコ

作中の謎マンガ『押忍!クソ男!!43巻(特装版)』が気になります。
中指立ててるし!クソ男アクリルキーホルダー需要あるのかよ!そんなに続いてるのかよ!

ガチゴリラくん、ガチって苗字だったんかいw えっ? じゃあ下の名前はゴリラって名前なの…???
那須さんでワートリを思い出したけど、たぶんナースだから那須さん。

ところでガチゴリラくんの家、檻の中にホンモノのゴリラいたけどどうして?
まさか……

父さん………?


仄見える少年

読み直したら、ちゃんと家に入ったときから「うん」て返事してた!
漫画ならではの表現ですね。誰の吹き出しかわからないけどたぶんこの三人の誰かだろう、と初見なら絶対スルーしちゃうやつ。

『逆柱』:木が本来生えている向きとは逆向きに取り付けられた柱は憑かれやすい ←これ、いかにも本当にありそう…って思って調べたら本当にある話でした。
古来からいる妖怪らしいです。家鳴りなど不吉なことが起こるって迷信があるとか。
建物が完全すぎるのを恐れ、1本だけ逆柱にするおまじないもあるみたいです。また一つ賢くなった!

伊織くんは影モンマスターだった。連載向きの設定だ! とてもよい!
メインウェポンの「隠形鬼」はどうやってゲットしたのか…? 人気でてきたら過去回想でエピソードやれそう。


チェンソー

「おや…地獄に落とされてしまいましたか」←他人事にもほどがありまっせ(´∀`;)

誰が呼んだかチェンソーマン〜
助けを叫ぶとやってくる〜
「叫ばれた悪魔はチェンソーで殺され」←まじかすげえヒーローじゃん
「助けを求めた悪魔もバラバラに殺される」←えぇ…….。
助けてって言ったひともころされるんじゃ、いくらヒーローでも呼びたくないじゃないすかァ
それでも彼を呼んだマキマさんは、確かに真の彼のファンなのかもしれない。

マキマさんの目的がついに明らかに…!
世界のルールの書き換え、アンデラと被ってるけど連載はじまったのはチェンソーが先だからな…。
ルールが増えていくアンデラと、概念が減っていくチェンソー。おもろい。
 
「ナチス」「核兵器」など現実の脅威に混ぜるように「租唖」「アーノロン症候群」とかいう我々にはまったく未知の名称いれてくんのやべえですよ
それらと同列に語られるほどの「なにか」が既に消滅しており、読者すらも知らないのでマジでチェンソーマンいるんじゃ…ってなるやつ〜
「死以外の四つの結末」のスケール感もヤバイ。「死」は絶対的な概念なのに、それすらも超越した存在…チェンソーマンヤバイ。

そっか、チェンソーマンの世界にはエイズとか核兵器とか無いんだ。そりゃちょっと羨ましいじゃないですか。
死すらも無くなった世界、ちょっと見てみたい。マキマさんに賛同するひと一定数いるんじゃ…?

マキマさんはデンジくんに対してだーいぶ、かなーりひどーいことしましたけど、最凶の悪魔・チェンソーマンが目覚めるのに必要なステップだったのでしょうか。ファンにしては感情がつよすぎるな。ポチタの正体と、なぜあのように身をやつしていたのか、そのあたりはまだ謎。
てか今週マキマさんが言ったことぜんぶウソだったりしませんよね?(まだ信用してない)


ブラクロ

ユノくん、思い詰めたからか目のクマが深くなって髪の毛ボサボサになったけど凄みが増してていい感じだ…しかもめっちゃ喋る…!
一時期は「スン…」て無表情だったけど、このところ意思が強くてたいへんよろしいと思います。
でもヴァンジャンスさんはけっきょく助からなくてユノくんが金色の団長になるんじゃないかなって思ってます(無慈悲)


あやトラ

ぬるるる
「可愛い子には旅をさせよ」と同様に「TSっ娘には触手をけしかけよ」ということわざが一般常識なのはみなさんご存知の通りと思います。
事実、わたしが以前なろうで書いたTSっ娘の小説でも、特に本筋と関係ないけど義務だからやらねばと触手をけしかけたりしていました。お約束ですもんね。
一説によると、元おとこのこの心情として男を相手にするのはヤだけどまず触手からならセーフかなって心理状態みたいです。詳しくは先日の触手社会学誌に掲載されていた論文をご覧ください。

にのくる先輩の「風巻は俺が守るッ!」をライバル宣言だと受け取るすずちゃん、だいぶ祭里くんちゃんにぞっこんですね…


アンデラ

ビリおじ!?!?!?

ビ…

ビリおじマ!?!?!?!?


毎週毎回、この漫画は情報量がヤバイ情報量がヤバイって言ってますけど今週は特に洪水でした。受け止めきれないよこんなの!!!

今回までビリおじがメイン掘り下げの回はなかったけど、タチアナちゃん関連などで好感度が高いキャラだったので衝撃でした。
全員に跳弾発砲するコマでタチアナちゃんにだけは撃ってないのがまた…泣ける…(;∀;)たとえ組織を裏切ろうと、タチアナちゃんへの気持ちだけは偽りがないんでしょ…?
それを本人に効いたら「不可触領域に攻撃しても無駄とわかってるから撃たなかっただけだ」とか言って濁されそうだけどさ。

薄目キャラだけど開眼すると怪しい系キャラのシェンさんは逆に裏切ってなかったのはなんか嬉しいです。
トップくんの即ギレ即殺も素晴らしい。まさに名を体現してるし、このくらい容赦しないキャラがいると緊張感あっていいわ…。

「この状況ははじめてか?」「まるで次があるかのように」「何万回繰り返しても」は既に考察勢は言ってますけどアンデラ世界ループ説を裏付けるセリフ。
展開上、この先ラグナロクを迎えてしまい『次周』になるんだろうとまで言われてます。
いまの時代は鋭い読者たちがSNS上で情報交換しちゃうから考察が盛んで、読者の予想を上を行くのは並大抵のことではないけどアンデラに関しては考察された前提で物語を進めた上にさらにそれを踏み越えていくから、毎回読み込んでると濃密すぎてやばいです。流し読みしてたら追いきれなくなりそうだ…。

四季のUMAと『公転』も敵のスケールの大きさとペナルティへの関連付けが壮大で、もう設定だけでワクワクしちゃいます。これまでアンデラ世界には四季はなかったってこと? 銀河の星々が無かったくらいだしな…。

巻頭カラー決定もうれしい! 巻頭カラー決定すらかすむほど本編がやばすぎましたけど。巻頭カラーってことは多くの読者の目に留まるから、すごい回を持ってくるのでしょうけど、今回よりもさらに衝撃度の高い回どうやってつくるんだ???


ニライカナイ

パトカーから崖下に落ちたと思ったら「とうっ!」てダイブして捕まえたくだり、ありえんすぎて面白かったですw
牙を剝くオルフェさん、かっこいい。手袋のなかそんな風になってたんですね。鬼の手!


マッシュル

サブタイ「ドット・バレットとすごく強い魔法使い」がじわりました。すごく強い。

レイン・エイムズさんは1話から登場してますが、ようやくちゃんと戦ってちゃんと喋った!
わたしは気付いてなかったですけど、フィンくん、苗字がエイムズだって既に明かされてて、聞くところによると4話の時点でもう「弟では」て噂されてたらしいです。はえー。
「さっさと帰れ」はフィンくんに言ったのかな。
フィンくんはけっきょく戦う姿が見られなかったけど、神覚者の弟だから本気だしたら超強いとかあるでしょ…。
 
アドラ寮だからいちおう味方なんですね。頼もしいキャラ…人気でそう…!
アンデラと同様、巻頭カラーもらえるらしいしエンジンかかってますね!


マグちゃん

唯歌ちゃん、なかなかのウザキャラだけど、マンガキャラ的にはめっちゃくちゃ動かしやすそうな子だ…!
基本温厚で常識的でイイ子が多い世界観だけど、こういう子がいると振り回して多少無茶なことできそう。
適度に痛い目を見つつも好感度を稼ぎ良いスパイスになってほしい…。


モリキング

愛王ちゃん「一度っきりのバイトと思えばいいかなと…」
いやーーチョロすぎでしょ!それ、なかなか危ない心理です!お母さん心配です!!

監督さん、「役者(かれら)は悪くない、これは監督(わたし)の責任だ」でイイ人ぶりを発揮してからの、たった1コマの回想「子供の頃に夢みた特撮の世界からも早々に去り」でめちゃくちゃキャラが立ってからすんごい活きいきしだして、本当よかったね…って嬉しくなりました
警官さんの話といい、モブキャラが立つ話にハズレがないなぁ。


夜桜さん

某名探偵の「ペロッこれは青酸カリ」が有名すぎるせいで、毒物と言えば青酸カリという風潮があるし実際に伝わる!

「発酵ガスはコブや触手に溜まる」
触手があるお団子とはいったい…。

「今週の凶一郎はただ災難」
そういえば珍しく損してるだけですね…。普段アレだからこれでいいと思う(´∀`)


アグラビ

野球回!野球回だ!
多人数のキャラ立てとギャグと話数稼ぎを同時にできるギャグマンガの鉄板ネタ!野球界だー!
戦力としてはババさんとヴォルクさんは絶対つよそう。サガくんとグリスロウさんもなかなかやりそう。でも実はリータちゃんがいちばんハイスペックだったりするやつ。
コージさん、呼んだら秒で反応してくれるのめっちゃ親切…。しかも話を聞いてたかのように説明要らずだしめっちゃ便利…。

そろそろ終わりそうでやばいって思ってたけど次週に続く? 首の皮つながってる!?
アクタージュで枠が空いたのをもらえたんでしょうか。がんばれ…!がんばれ…!



今週は以上です!ヌフゥ!!
来週は月曜祝日なので次号は9/19(土)発売です。はやすぎる!

関連タグ
関連記事
ヴァンヴァアヴァー!!! 週刊少年ジャンプ 2020年42号 感想
後は頼みます 週刊少年ジャンプ 2020年40号 感想
  • TOPへ戻る

3 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/09/16 04:53

    ドレークさんは海軍の特殊部隊所属だったような?確かだいぶ昔にコビーと通信してた時があったはずです

    • 2
    • ななしさん
    • 2020/09/16 06:51

    自分も裏切るならシェンさんかなと思ってたけど
    ビリーさんの核発言に不機嫌そうな顔してたり裏切ったビリーさんに真っ先に向かったり、
    今回のシェンさん良かった

    • 3
    • ユーリ
    • 2020/09/17 09:26

    >>1さん
    ありがとうございます! ということは現状は海賊になったフリをしていて、本当はずっと海軍所属っぽい感じですね!
    そうなると、本来は海軍だけど海賊であるルフィを信頼し共闘を願い出たのは立場上意味があるものになりそう…。
     
    >>2さん
    シェンさんのあの顔イイですよね!
    シェンさんの能力は好きになった相手にしか発動しないから、ビリーさんは彼の対策のため嫌われる発言したって説もあり、抜かりないなって思いました…。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)