other

伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの 週刊少年ジャンプ 2020年18号 感想

不要不急の外出を控えてじゃんぷを読むの


鬼滅

200回の節目にして……なんて回だ
カラーページ、左右で生と死がわかれているけど表情が死組のほうが晴れやかなのな……微笑みが遺影のそれ。やめてくれわたしに効く
 
まず、おばみつ公式がもう公式おばみつって感じだった……(語彙
死とプロポーズをセット販売するんじゃねえよ〜〜どんな気持ちで見たらいいんですかね
前から言ってるけど、鬼滅ぜんぶ終わったら、公式スピンオフキメツ学園でイチャラブしまくってくださいよ〜〜ホントに〜〜。
そうしてくれないと二人の魂は救われても読者の魂は救われないんだぞワニ先生よ

二人の愛の血の空間が領域展開されたので、無惨さまが陽射しの中へ溶けていった件がどうでもよくなってラスボスなんてもう蚊帳の外に押し流されてったのはとても無惨様でよかったですね。
 
あと、悲鳴嶼さんが「私に薬を使うな、他の若者に使え」って言ったの、
イタリアで人工呼吸器を若者に譲って亡くなった老牧師さんみたいで泣く。
しぶとく生き残った不死川さんはこの戦いをきっかけにキャラ変わるのかと思うとそれも泣くし。
 
それで……
たんじろくん……
きみは一番しんだらだめな子でしょ。まだ人間に戻ったねずこちゃんとお話してないでしょう……?
義勇さんの表情が全コマやばいです。
1巻で炭治郎くんと初対面の時「生殺与奪の権を〜〜」って言ってた時から、こんな関係性にまでなるとは思わなかったじゃないですか。
いまから読み返したら義勇さんと炭治郎くんが一緒にシーンぜんぶ泣く気がします。

炭治郎くん視点の精神空間は来週描かれると思いますけど、まだしんだって信じてませんからね………………


DrSTONE

コラボカフェメニュー公式プレゼンツな回でした。
これは既に企画がスタートしているに違いない!
ポーカー勝負自体はガチでやってたってことはそれ以外は仕込みだったと暗に認めたわけですね。なるほどなあ〜〜。


ヒロアカ

トゥワイスさん逝ってしまた……。いつかのモノローグと対比になってますね。゚(゚´ω`゚)゜。
ホークスさんはちゃんとトドメ刺した。甘すぎるとか言ってごめん。
 
荼毘さんに「なんだこいつ」と言ったのは何…?
ホークスさんが本名呼ばれたのと何か関係あるんでしょうか。
血を舐めることで遠隔発動する個性があるのだから、フルネームを呼ぶと発動する個性もあるかもしれないけど、荼毘さんは普通に燃やす個性のはずだからなぁ。
荼毘さんも黒霧さんと同じく、実は脳無だったパターンとか?


ネバラン

そうなんだよラートリーさんわかってるじゃん…。
人間は共通の敵がいれば一致団結するけど、平和になると徐々に内側で争いはじめるからさ…。

エマちゃんたち食用児が人間の世界に渡れて、めでたし終わりとか思ってたけど。
向こうもそんな良いモンじゃないなんて言うなら、人間界編はじまるんですかね?


チェンソー

めちゃくちゃ演出がオシャレで鳥肌たつ回でした。
「根源的恐怖の名前を持つ悪魔たち」とは! 銃の悪魔は最強ではなかった…?
銃の悪魔なんか(・・・)て呼ばれちゃうほど、地獄にはもっとヤバい悪魔が一杯いることが示唆されてました。
銃さんは地上でオラついてるだけのB級妖怪みたいな扱いなんでしょうか。
 
宇宙服整列からの腕が宙を舞うシーンとか不気味すぎる…!
「超越者」に対しての勝ち目ゼロ感をひと目で理解させられるし、次のページ腕でコマ割りしてるのとんでもなくオシャレ。
 
クァンシさんたちと一時休戦からの共闘はその通りだったけど、その週のうちに敗北とは展開早い…。
こんなヤバそうな悪魔と契約しないと対抗できないらしいマキマさん、マジで何者なんでしょうか。どこに居ても会話を聞ける概念ってなんだろう。
 

マッシュル

今週、ちゃんとボケとフリとツッコミが機能しててしっかりしてるギャグマンガでおもしろかったです。
ランスさんギャップあっていいキャラだな…。ちょっと前まで敵対してバトってたとは思えない馴染みっぷりだった。
本格お料理と見せかけてシュークリーム完成するの吹いたし「なんで一度三角巾とったの?」は心の中で同じツッコミしてましたw


アクタ

「混ぜるな危険」が本当に混ぜるな危険で笑いました。
花子さん、黒山さんが妻子持ちでショック受ける程度には気があったんですかw
夜凪父への未練を引きずってそうでしたけど、もう色々吹っ切れて平気そうですね(つ∀`)

あわあわしてる雪ちゃんかわいいかったけど、熱烈ファンな女の子が意外な再登場したのもよかったです。これ以上ないリアクション要員!


アンデラ

ついに海苔がでなくなった…!?って思ってたのに2回目読んだ時に発見してしまいました。扉絵…。
 
冒頭シーンの風子ちゃん、表情が心から楽しそうじゃないですか〜
1話は自ら命を断とうとしてたくらいなのに。もうアンディさんにぞっこんなのでは?
 
報告書の資料が黒塗りされてるあたり、とてもSCPみがある。
不死者とかUMAとかの設定まわりはそのあたりからインスピレーション受けてるのかもしれないですね。
展開もスピーディで非常によいです。毎週楽しみになってきた…これは次に来る漫画やぞ…。


呪術

伊地知さん生きてるっぽくてよかったぁ! 重症だけど。
 
冥冥さんvs夏油さん。
すぐにニセモノと看破するあたり、冥さんがただの脳筋じゃないことが伺えて強キャラ感が増してる。しかし夏油さんはまだ全然底を見せてないから冥さん劣勢か…。
一瞬でも「五条と夏油はグルだった可能性」が考えられるとは二人は誰がみても親友同士だったんだなあ。ますます悲しくなるよね…。
 
夏油さんが冥さんを「かつての先輩」と呼ぶのは中の人にとってもそうなのか、単純に夏油さんのフリしてるからなのかな?
冥さんの後輩の呪術師て数が限られそうですけど、ややこしいからそろそろ正体明かしてくれないかな…。(読者に明かされていて怪しい人物って言ったら九十九さんしか居なさそうですが)


ミタマ

キミが考えた超人大集合みたいな回だー!
読者の作品をパズルのように組み合わせてネームつくる技量は流石プロ…おもしろかったです。

それにしてもシャケ次郎、ほぼレギュラー化してて出世しましたね。最近ゾビロさんよりも目立ってる。相当キャラとして扱いやすいんだろうな。


ブラクロ

ええっ、倒した!?
まさか現着したヤミさんが敵組織の幹部を一週で沈めるとは思わないじゃん…。
これ予定通りなんですかね。ネーム書いてたらヤミさんがヤミさんすぎて、勢い余ってやっつけちゃったとかじゃないのかw
団長はまだまだアスタくんより強いポジなんですね〜。かっこよ……。


アグラビティ

なんと、初期のパフィンちゃんの回がいまになって活きるとは!
地球滅んでたけど、タイムマシンつくればOKだと…。
これだけ高度に文明発達してるならどこかに既に完成したタイムマシンありそうですけど、そうでもないのか。
ともあれ物語上の目標が示されたのはよかったと思います。これまで特に目的なくコージさんにおちょくられながらスローライフしてるだけだったので。


魔女の守人

マナスファちゃんとファフナくんがちゃんと信頼関係に繋がりそうな会話してた一方、ナータさんが影も形もなかった…。
ナータさんはこの場に居て(岩陰にでも隠れて)会話を聞いておいた方が今後の為によかったと思うんですけど、それだと岩陰に隠れて会話聞いてるキャラが二人になっちゃうのでめちゃくちゃシュールになっちゃうよな。

「身体に魔力を流して開発する」でちょっと笑いました。身体に対して開発って形容詞さぁ性感帯以外に使わなくない?



今週は以上です!

関連タグ
関連記事
死体が喋っている 週刊少年ジャンプ 2020年25号 感想
俺は信じるよ 絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ 週刊少年ジャンプ 2020年24号 感想

4 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/04/01 01:35

    今週のアクタの「妻子持ちとは書いてなかった」って言う台詞って夜凪父に対しての発言とも捉えられないでしょうか? 

    • 2
    • ユーリ
    • 2020/04/01 09:22

    あっ、たしかに!
    黒山さんに「あなたなら分かるでしょ」って言ったので彼を「自分の気持ちをわかってくれる男性」って目で見たのかと思っちゃいました(;´>∀<`)ゝ

    • 3
    • ななしさん
    • 2020/04/02 10:43

    不死川さんってもしかしてこのままアンデッドになって風子ちゃんと…(風の呼吸だけに)(見た目が似てなくもないと思ってしまった)(すみません)

    • 4
    • ユーリ
    • 2020/04/03 21:52

    まず苗字が不死ですからね…
    鬼滅世界だと鬼がある意味アンデッドですけど滅びちゃったから…

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)