other

だめだ、斬れねえ 週刊少年ジャンプ 2020年19号 感想

じゃんぷよ!

※今週はジャンプSQのワールドトリガーの感想あり。(SQ買わない方へのネタバレ防止のため、トリガーの項だけボタン押すと開く形式です)


ワンピ

めっちゃ忘れてたけど、ジンベエさん仲間になったんだった〜〜
加入したの何年前でしたっけ…。その頃すでにジャンプ感想書いてたはずですが、相当前ですよね?
わたしは「口上」とか「名乗り」が好きで堪らん人なので、ジンベエさんのこういうセリフテンション上がります。
これで今度の今度こそ一味全員揃ったんですね。前回「これで揃ったね」とか言ってごめんな…


鬼滅

あああ………たんじろお………うそやろ、うそ、うそだ……。
そりゃ「こういう展開もあるかも」って予想はしてましたけど、それはただの素人の妄想だったと思うし本当にやると思わんやんやん……。
これは賛否わかれそうですが、とにかく衝撃が大きすぎた。

無惨様なんなんすか「人の想いって不滅なのだな〜すごいわ感服だ。じゃあ私もいっちょ託してみっか」て、それお前違うだろ…。なんかわかった気になって気まぐれに人間の真似事をしてんじゃねえ〜!!
 
ていうか最終章だって言ってたのは撤回ですか!?
A:東京喰種みたいに改題して続く。数年後展開で善逸くんや伊之助くんは柱になってるやつ
B:この展開は最終回直前の山場のひとつで、なんとかしてすぐ鬼化を沈静してハッピーエンド
C:最終章と言ったな。すまん、あれは嘘だ。
う〜ん商業的な理由で引き伸ばすならそのまま継続かな。
 
義勇さんの判断の速さがさすがだけど、涙を流しながら「死んでくれ…!」て言ってたコマがもうむりでした。義勇さん…。
第一話でネズコちゃんの首根っこ捕まえたシーンで「泣くな、絶望するな。そんなのは今することじゃない」ってあなた言ったじゃないですか。泣くなよ…。泣くけど…。
その時は「ネズコは絶対に人を喰ったりしない」と言って炭治郎くんが妹を庇っていましたが、今度はネズコちゃんが同じように兄を庇うのでしょうね…。
いまこそ第一話を読み返す時なので、この感想よみおわったら鬼滅の一話と見比べてみてください。ここから読めます。(公式リンク) 初期の絵、いまと全然ちがうな…。

今週は変わり果ててしまった炭治郎くんの顔が見るに絶えないし読むだけでダメージ受けるわ。ワニ先生、なんてことをしてくれたん……。
 
続くにしても鬼化炭治郎くんがこのままずっとグルルルしか言わず正気に戻らないことはないだろうし、炭治郎くんは自分が鬼になったとわかれば即座に切腹すると思うので、鬼になっても生き延びたら解釈違いなんですけど…。
でも理性を取り戻したとして人を襲わないなら珠世さんとかの例もあるから別に生きててもいいはずだし…。記憶喪失コースか?
 
そもそも炭治郎くんが、鬼である無惨様に「お前は存在してはいけない生き物だ」って言ったのは鬼だからじゃなくて頭無惨だからだし。
「私の想いもまた不滅なのだ」とか言ってドヤ顔で託してきたのをポイッて捨ててこそ、無惨様に戦いだけでなく心でも勝ったことになるんじゃないですかね!?
なのでもう無惨様が「想いを託す」なんて言ったのを笑い飛ばすように鬼化なおりました〜! 結局腕が再生してお得だったね〜! ってことにしようよ…な…?


ハイキュー

影山くんが史上最高に嬉しそうに王様になっててウルリときました。
王様ってのは応える民が居てこそだし、いまこそ本物の王様になったんだな…。
この前の生い立ちが明かされた過去編といい、いつのまにかこの漫画の主人公影山くんになってるね??


DrSTONE

氷月さんとほむらさんが復活した! 放置だったら不憫だなあと思ってたのでよかった。
ここまでの武闘派キャラがほぼ全員揃った感じになりましたけど、そんな戦力要ります? どこかと戦争おっぱじめるフラグでは…!?

正直言って槍とか物理攻撃でホワイマンと戦えると思えないんですけど、戦うとしたら生身の人間相手ですよね?
バイオレンスは時々でいいから科学パートマシマシでお願いしますよ!


ブラクロ

ヤミさん「このイカレオシャレヒゲが」
微妙に褒めてるwなんなんw
 
ダンテさんいわく「冥府の扉を開くカギはヤミとヴァンジャンス」だそうで。
こういうのって主人公がキーになるのがよくあるけど、アスタくんは特に関係ない模様…。
 
「クリフォトの樹」はオカルト魔術とかファンタジー系とかでよくモチーフになるカバラの「セフィロトの樹」と対になる存在です。
たしかエルフ編で出ていた石板はセフィロトの樹だった気がするんですけど、セフィロトが「生命の樹」と呼ばれるのに対してクリフォトは「邪悪の樹」と呼ばれるらしいです。中二病のひとがだいすきなやつです。もちろんわたしもすきです。詳しくはググッて!


ヒロアカ

ミルコさん扉絵めっちゃすきだ…。ケモミミがちゃんと横から生えてるのよい…。こだわりを感じる。

本編は今週も勢いがすごい。単行本でまとめ読みしたら呼吸するの忘れそうなくらいの怒涛の攻防!
ホークスさんの元に駆けつける常闇くん、ミルコさんの元に駆けつけるエンデヴァーさん、ピンチへの援軍は鉄板で盛り上がるのでやはりよいですね。

荼毘さんはステインの意志を全うする者だった…!? これまで目的がよくわからん人だったけど、教えてくれるとは。
ヴィランたちも一枚岩じゃなくてそれぞれの野望があったりするのはアメコミあるあるっぽいので、彼は彼なりの目的で引っ掻き回してくれたら面白いんじゃないかなと思います。


ネバラン

ママ、抱きしめ返したいのに抱きしめられないのちょっとわかる…。
抱きしめちゃったら過去の行いは何だったのってなるし、罪悪感があって一緒になれないと思ってるからこそですよね。
 
サブタイが「新しい世界(1)」なのが気になります。
人間の世界ではなく、これから変わっていく鬼世界のことを指してるのかも。


呪術

扉絵の冥さんうつくしい。銀髪だったんですね。金かと思ってた。おかねだいすきだし。
 
カラスを完全に操って弾丸にする(リスクとコストはカラス持ち)って能力えげつないですね。それ敵側の能力ですよ? 非人道的だけどカラスだからいいのか…? カラスに人権はない。かわいそうだよぉ
気になったのは、”命を懸けた縛りは強力である”という説明。
この情報が、カラスの攻撃力説明だけで終わるはずがない!
おそらく近いうちに、味方の誰かが命と引き換えの術を使うことになるぞ…。


マッシュル

ランスさん「すごく危険なにおいがするな…」
そのセリフちょっとかわいいな…
そして謎の長男アピール。

アオリ「次号、まさかの圧倒的人気Cカラー!」
おおい! まさかのって言ってやるなよお! まさかのだけど! Cカラーもらえるほど人気とれてるのか…。それはまさかでしたね…。読みやすいし妙にクセになる漫画とは思ってるけど…。おめでとうございます。


アクタ

ファンの幼女ちゃん、サインもらえてよかったね〜ほっこり。
演者からしても覚えてる顔だし「君、見に来てくれてた子だね!」って言ってもらえたら天にも昇るほど嬉しいだろうなぁ(´v`*)
サインしてる夜凪さんの笑顔よすぎる…。
 
「やっと自由になれた」の花子さんの顔がとてもさわやかだった。ずりぃなお前だけ…。たしかに…。いろいろやらかしたけど、みんな許してくれたからオーライ。花子さんはとても恵まれてるよ!
 
一方、黒山さん一世一代の計画として映画のプロットがある話、いよいよ動き出しつつある模様。
羅刹女編はこれまでのキャラ総登場で超アツイ!って感じだったけど、映画編にも千世子さん王賀美さんが登場しそうで更に更にアツくなる予感です。しかも今度はライバルじゃなくて同じ映画のキャストなのだから一層ワクワクします。

その前に夜凪さんの知名度アップのパートらしいけど。
アリサさんの「あなたには国民的スターになって貰うわ」てセリフの有無を言わさぬ説得力がやばい…。
そりゃ夜凪さん汗だらだらポカーンになる。この左下のコマ大変そそりますね。こういう顔すきです……。


チェンソー

みんな戦意を失ってないのすごい。両腕を失ってもみんな一斉に飛びかかるのすごいよプロだ。
特に、一番先に動いた石の悪魔呼んだ公安先輩に敬意と拍手を送りたい。しんだけど。しにすぎだけど…。
ビームくん……。クァンシさん……。暴力さん……。悲しいよ。゚(゚´ω`゚)゜。全員しんだらやりすぎて夢オチっぽいけど、パワーちゃんが中途半端に生き残ってるので、逆に他のメンバーは助からないやつですね。
コベニちゃんもやられたシーンが無いのでどっこい生きてそう。ほんとしぶといな!
やはり彼女は最後まで残ってこそのキャラだし、タツキ先生もそのつもりなんだろうな。
 
それにしても、どうやってこの状況を切り抜けるんでしょうか。やっぱりマキマさんがデンジくんを助けるためにこの場に助けに来るしかなくない? そしたらいよいよマキマさんの正体がわかる?


ミタマ

個人的にこういうのでいいんだよ感な安定してほっこりする回でした
「ポップコーン難民」やら「キャラメル脳」やらトンチキ煽りワードの応酬じわるし、勢いで映画館につっこんで両方食べる流れかと思ったらまさかのオパチュニティ登場の意外性! まとまっててよい…!
ところでミタマさん、銭湯も出禁になってましたよね?


アンデラ

情報の小出しがうまいな〜!
UMAは”理”(ルール)そのものであり、否定者は”理”(ルール)の器。
否定者がどのように誕生するのかも気になります。

風子ちゃんとシェンさんがゾンビ状態にならなかったのは、車から降りずに地面を踏んでないから? 地面の下に無事な子供が居るっぽいので、発動条件は意外と厳しいのかも。


ZIPMAN(完)

ひっそりとおわってしまった…。芝田先生おつかれさまです。
一話の画力とオーラすごかったけど勢いが続かなかった感。1話のカラーページすごいわくわくしたはずだったのに、なぜ…。
素人意見だけど、展開が遅かったからかなぁ。最近の新連載で軌道に乗った作品と比べると引き込み力が及んでいなかった気が。
画力はほんと安定してるので次回作がんばってほしいです!


アグラビティ

ええー掲載順最後尾ィ!
この超展開っぷりは終わるフラグでは…まだ終わっちゃだめだ〜〜
 
グリスロウさんがゲラルトさんババズラギさんと馴染んで三バカみたいになってるのは和みました。よくみたら触手くんを連れて帰ってきてますね。
ババさんはそんなに異常性癖なイメージ無いんですけど。ちょっと汗と筋肉の主張が強いだけじゃない…? というか個人的にはババさん普通にイケメンだと思ってるしアリなんですけど…。


ワールドトリガー(ジャンプSQ)


ついに…! という回でした。
タップして開く

第194話「三雲修(18)」

全体的にこの次の話への向けての御膳立て中心の回。
二宮さんがオサムに対して「脅威ではない」と言ったのがウソだったのが大変よかったな…。
口ではこう言っててもどこかで「あいつは何か仕掛けてくる油断できないヤツ」と認めているのだ…!
「三雲くんに”動かされた”状態じゃなくて、3人揃った万全の状態で受けたい」
「釣り狙撃を警戒してる」と解説されている通り、二宮さんは何が勝ち筋なのか、何が負け筋となりえるのか理解はしてるんですよね。
だけど、頭ではわかっていても勝負かけられると乗っちゃう! 負けず嫌いな二宮さん…! はぁまじ二宮さん!

そして「鉛弾で身を守れ」の指示にはいと返事をしないチカちゃん。チカちゃんよ〜〜! かわいい顔して誰よりも決意を秘めていたのだ!!
 

第195話「雨取千佳(9)」

全てがこの結果につながる伏線だったとわかる、神回でしたよ…。
いやホント葦原先生の頭ん中どうなってるんですか。

「オサムがこれ以上トリガーセットをいじるはずがない」は思い込み…勝てると思わせて調子に乗らせれば裏をかきやすい…!
 
バイパーを敢えてまっすぐ使う事でアステロイドに見せかけるヒュースくんのテクニック…をハウンドでも応用できるだと…先月にハウンドの説明いれたのもこの為だった!?
その小技もトリオンが大きれば弾の大きさでバレる。が、オサムの場合は逆にトリオンが少なすぎてわからなかった!? トリオン貧者のオサムにしかできないフェイクだったとは!?!?
まさに、オサムがオサムにしかできない方法で、作戦で上回って二宮さんを倒した…。こんなの予想できたひといるの……。

ワートリ読み込んでる人は展開予想を相当してると思うけど、全てのカードを場に出してなお読者の上を行く葦原先生、とんでもないネーム力です。
 
まあチカちゃんが最初からアイビスなりメテオラなりぶっぱすれば勝てるだろって言えばそうなんですけど。
彼女の負担になりすぎない、いまできる最大限の「人を狙って撃つ」の範囲で収めたのもすごいです。
無理にぶっぱ強行して後にモヤモヤを残すより、チカちゃん自身の意志で撃ったことが何より大事なの……。
 
これでようやく長かったランク戦もおしまいなんでしょうか。
次回以降の試合の反省会と、遠征に向けた駆け引きや大人たちの腹芸話が本当に楽しみでなりません。ここからでしょ盛り上がるのは!!



今週は以上です!ウォー

関連タグ
関連記事
死体が喋っている 週刊少年ジャンプ 2020年25号 感想
俺は信じるよ 絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ 週刊少年ジャンプ 2020年24号 感想

9 件のコメント

    • 1
    • シータ
    • 2020/04/07 23:48

    無惨の血の中に珠代さんや忍さんの記憶が残ってて語りかけてくれるといいんですけどね… 実はここまでが序章で鬼滅の刃とは善逸の成長譚でもありました、ってのもあるかもしれないですけどね ハリーポッターのネビルみたいに

    • 2
    • シータ
    • 2020/04/07 23:51

    もともと気が弱いとか死んだじいちゃんとの邂逅とか鬼側に兄弟弟子や親友が回るって主人公のそれだし

    • 3
    • SKY
    • 2020/04/07 23:54

    強くなれる理由を知った(想いの継承)
    僕(無惨の意思)を連れて進め
    まさか紅蓮華が無惨様のイメージソングだったとは。

    ワートリ良かったですね〜最後に修・遊真・千佳の3人で二宮隊の3人を上回ったのが感慨深いです。

    • 4
    • ななしさん
    • 2020/04/08 00:49

    少し状況が違うけど炭治郎くんが妓夫太郎戦で言ってた

    もし俺が鬼に堕ちたとしても
    必ず
    鬼殺隊の誰かが
    俺の頸を斬ってくれるはず

    ってことなのかな

    • 5
    • ななしさん
    • 2020/04/08 02:50

    個人的に今回のワールドトリガーは「「敵の位置を教えろ!」」に並ぶ神回でしたね
    これまでの展開はもちろん一コマ一コマに情報ありすぎて1回読んだだけでは処理しきれませんでした
    来月の総評も楽しみです

    • 6
    • ななしさん
    • 2020/04/08 18:23

    地獄から抜け出すのはやっぱり蜘蛛の糸…
    うーんすんなり行く気が微塵もしないです

    アグラは重版決定っての見たのでまだまだ大丈夫だと思いたいですねぇ!!!

    • 7
    • ユーリ
    • 2020/04/08 22:51

    みなさまコメントありがとうございます!
    鬼滅はほんと次どうなるか予想つかないので毎週毎週こわいです。ショックすぎてぐるぐる考えて、あの話を読んでからもう一週間くらい経った感覚あるんですけど…3日日経ってないの信じられない…。
     
    「鬼に堕ちたとしても」というセリフや、「日本一慈しい鬼退治」というコピーが伏線だったという声もあり、いつごろ鬼化を構想してたのは気になりますけど
    最終章宣言してからアニメ化で人気が前代未聞レベルの大爆発したので、商業的理由での予定変更の可能性は捨てきれませんね(゚ω。)
     
    トリガーはたしかに「修・遊真・千佳の3人で上回れた」感いいですよね…。最後にヒュースくんが生き残ってたら「カナダ人つよかったからじゃん」てなるし。
     
    アグラビティ重版決定したんですか!? ちょっと希望が見えてきました。
    しかし、次号予告見ると新連載が3つ来るらしいんですが…が…。゚(゚´ω`゚)゜。

    • 8
    • ファンブル
    • 2020/04/08 23:20

    千佳の素ライトニングって本当にどれくらいの弾速なんでしょうね…
    普通に人撃てるようになったら寄せられてもハウンドありますし、ごっつい戦力になりそう
    今回は本当に素晴らしかったです

    • 9
    • ななしさん
    • 2020/04/09 13:26

    さすが無惨様は今週も斜め上だった

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)