other

仲間の数と配置は? 週刊少年ジャンプ 2020年17号 感想

ジョンプ!!!


ネバラン

カラーページ、チェス盤の駒や周りの小物の描き込みが細かくて楽しいやつだ…! パッと流し見で済ませてはもったいない!

エマちゃんの徹底した甘さは、あえて言ってしまえば綺麗事だし理想論だし、それができたら苦労しない…と、リアルなら(・・・・・)言うでしょう。
現実には利権や搾取や、覆らない立場の違いはある。けどそれは根本に資本主義があるからで、この漫画とは状況が違います。

ネバランの舞台はそもそも生きるか死ぬかの二元論であり、根本にあるのは鬼は食べなければ生きられないという前提と命のやりとり。
その前提から覆せてしまう「邪血」なるご都合が登場したのだから、結果として和解は可能に決まっているしエマちゃんの甘さだって根拠と実効性があるのだ…!

それはそれとして、憎しみと報復を飲み込めるのは立派なことだと思います。
しかしラートリーさんはわりとヘイト貯めてるキャラだと思うので、適度にこらしめたほうがいいと思うよ!


鬼滅

隠のみなさんも全員参加でわっしょいわっしょい総力戦、熱かった…。
柱でも剣士でもないヒラ隊士さんが時間稼ぎじゃなくちゃんと有効打を与えられてるところがね。今まで無惨様が塵芥のように扱ってきた”弱い人間たち”をなめたらアカンぞ的な…結束パワーを見せつけましたよね。
片腕ずつになった炭治郎くんと冨岡さんが二人で剣をにぎり合って突き立てるシーンも、ケーキ入刀って感じでよかったですよね…(?)
 
無惨様はAKIRAみたいになっちゃった…。
ネズコちゃんは巻き込まれずに済みそうけど、炭治郎くんが中に取り残されてるよ〜!
最後の最後で無惨様が炭治郎くんに取り付いて、長男鬼化アンド行方不明で第二部突入とかないっすよね…。いやいや最終章って言ってたし。
次で200話だ!!次回、巻頭カラー!!


ワンピ

麦わら一味が全員集合したの、何年ぶり…?ってくらい久々らしいです。
そこも含めていよいよ反転攻勢開始!って感じでこちらもアツい回でした。
 
やっぱり狂死郎さんがいちばんMVPでした。リーゼントポイしたの面白かった。それ着脱式だったの。エビフライの衣みたいですね。
でもつり上がった目とか人相までは戻らないんか。すべて済んで平和になったら逆にめちゃくちゃタレ目になったりしませんかねw


呪術

ナナミーーン!! かっこいーー!!
ナ・ナ・ミン!ナ・ナ・ミン!!
かっこよすぎてどうしよ…こんなに強かったのナナミン? 真人さんに苦戦してた時もあったけど…敗北をバネに強くなったんですね!?
勝つとは思ってたけどここまで圧倒的だとは…。大ゴマが多かったのもあるけど迫力あってスカッとする展開で大変よかったです!しゃけ!


DrSTONE

千空さんの勝ちでしたか〜幕間の番外編みたいでおもしろかった。
ていうかバランスとるのうまいなぁ!!
イカサマにはイカサマで対抗し、勝ったはずの千空さんのほうがウルシアレルギーで痛々しくダメージ受けてるし、双方手段選んでないのもあって責めるに責めれないw
「ロイヤルストレートフラッシュ(ドヤァ」の決めゴマ、顔を隠してるけど実は唇めっちゃ腫れてるんですね(つ∀`)


ハイキュー

連載開始から8年経ってはじめて影山くんの生い立ちが明かされるとは…!?
影山くんのお姉さんがヘアメイクアーティストになってた件、1コマだけの情報だけどすごくグッときました…。
この漫画はバレーボールがテーマだし、バレーバカ(褒め言葉)ばかり出てくるけど、影山くんのお姉さんにとって一番大事な物はそうじゃなかったわけで、バレーをやめた理由は挫折なんかじゃなくて夢を決めたからだって所がイイですわ〜〜。


ゆらぎ

触手回いいぞ! 定期的に触手だしていこう。
サブタイで「うねうね」言ってましたけど、やっぱり触手の効果音って言ったらうねうねが主流なんですかね…?
個人的に触手の色は黒じゃなくて緑がピンクがいいです。よろしくお願いします。


マッシュル

あっ今週よかった…! ハムストリングス魔法ふつうに吹きました。魔法とは?
色々ガバだけどキャラの魅力で戦えてる漫画という感じです。しかしそれは何よりも勝る武器なのだ…! かっこいいね。

アザの本数が生まれつきって説明されたので校長がアザ1本なのと矛盾しないし、崖に落とそうとしたビンがダミーだったりと、要所要所で引っかかりになりそうなとこはフォローできてるのも良い感じ。
ランスさんは妹さんがアザ消えてく難病なので「自分が妹の魔力を奪ってしまったのでは」と自責してる面もあったりするのかなぁ…。


ヒロアカ

ファットさんに埋まってる常闇くん、カンガルーのあかちゃんみたいでかわいい!
しかし師(ホークス)て呼ぶのはいいけど、タイミング次第ではフラグになるやつ…。

ホークスさんは懐にボイスレコーダーを忍ばせて、トゥワイスさんとの会話をずーっと録音してたのね。
なんとか情状酌量の余地を探ろうと、彼に投降を勧めて罪を軽くしようと立ち回るつもりで…。それが彼なりのトゥワイスさんに対しての贖罪だったのかもしれないし、誰に対してもそうするのかもしれないけど。

けれども、最後まで説得できなかった。
ならば、自らの手を汚そう。ホークスさんがそう決めてしまった瞬間、どんな気持ちだったか思うと涙を禁じ得ません(;∀;)

絆され(ミスっ)てんじゃんか」
ぐあ〜〜!! その通りだ荼毘さん…!
ホークスさんがトゥワイスさんにトドメを刺そうとする直前のやりとり、真に非情に徹するなら最期の会話など不要なはずだ。(漫画的な都合もあるけどさ)
 
だけど刃は振り下ろしてるし、命を奪う覚悟はたぶんあったのよねホークスさん。
結局のところ阻止されちゃったけど、ホークスさんがここで甘さを出して未遂に終わったことが何か後に繋がるのかもしれないしな。
いつか「あの時、命を奪わなくてよかった」と言える展開になるよきっと…。


ブラクロ

ほらーー!!言ったでしょ!ヤミさん一番いいタイミングで来たでしょ!
ここしか無いってくらい美味しいタイミングですよホラぁ!!
ブラクロはとにかく、こういう王道は外さないとこ安心できる漫画ですね。

それはともかく重力魔法ヘビーインファイトってなんすか!
また魔法とは案件だよ。魔法を突き詰めると筋肉にたどり着くのでしょうか?
最強格のヤミさんもアスタくんも肉体派だしなぁ。そのうち「魔法でなんでも解決」は「筋肉でなんでも解決」はイコールになる。
筋肉で空を飛べるのはマッシュさんが証明したし、筋肉を極めれば失くした腕も生えるし筋肉を使って地獄へ旅行したりもできるようになる。


アンデラ

アンディさんの服すぐ燃えるから専用の服キャラ登場させたのね!
そしたら毎週海苔を登場させるノルマも打ち止めになるのでしょうか…。服のUMA(クロちゃんと命名された模様)は喋るし作劇上も使い勝手よさそう。
 
服が風子ちゃんに乗りうつろうとするシーンなんですけど、
風子ちゃんが「うん。でもアンディなら来てくれるかなぁとも思ったけど」って言ってまして!!
これ!! とても大事なセリフよ…!
風子ちゃん、アンディさんのことけっこう信頼しはじめてるじゃないですか〜〜ウヒョ〜〜
あとはアンディさんが風子ちゃんのこと名前で呼べばだいぶ進展すると思うんですけどまだですか?


チェンソー

超展開! 魔界編スタートだと!?
サンタクロースと思ってた方も人形だったとは…おじいちゃんはただの司令塔役の人形だったのね。とんだミスリードだ。
 
デパートの外に投げられた吉田さんと岸辺さんは結果的に地獄に同行せずに済んだのがなんとも運がいいというか。コベニちゃんはしっかり巻き込まれてるあたり流石コベニちゃん素晴らしく運がないな…。
クァンシさん御一行は地獄に来たことで一時的に協力関係になりそう?


アクタージュ

なんと一気に時間が進んだ!
甲組は二日目に化けるのではなく徐々に磨いていく感じでしたか。
乙組と敵同士じゃなくて共に作品の完成度を高める良きライバルって認識になったのはイイよね…。

夜凪さんと千世子さんがまたラブラブになりそうなのも嬉しいです。
このエピソードに入る前は「役者としての消費期限」を気にしてた千世子さんが「私たちはしわしわのおばあちゃんになっても役者だから」って言えたの……言えたのね……よかったよね……。
“私たちは”ってお互いにずっと一緒だよって意味ですよね実質告白ですね、はい……。そりゃ夜凪さんも燃えるわ


ミタマ

ハゼレナちゃんがミタマさんの同僚の名前忘れた人に当たり強いの、だいぶ打ち解けてる感あって微笑ましいです。

チャラ男先輩は第一印象アレだけど独特の言語センスと必ず痛い目見そうなので逆にアリでした。ポロりんからのズッキュンでポン!


アグラビティ

グリスロウさん「なんかいるーーッ!」
グリスロウさん「うわー しゃべったーッ!!」
このひとリアクションがポンコツすぎてかわいいなww

宇宙一の歓楽街の規模、ちゃんといい感じに宇宙一っぽさある。
こんなに異星文明あるって、世界設定の規模が一気に広がった感じ。この調子だと地球は滅んだと思ってたけど、案外平気かもしれない…?
高次元さんがチョチョイて指を振れば地球元どおりになったりするでしょ。
 
「サービスで言葉通じるようにしておいた」
おおい! さりげなくエロ本で宇宙語習得したゲラルトさんのアドバンテージがなかったことに(つ∀`) でもいくら喋れてもナンパテクないとどっちにしろだめかw

アンドロイドさんも平等にナンパされるとは素晴らしい! そこを無意識に候補から外していた自分を恥じます…!


サムライ8

おわーーーーー!!
おつかれさまでした……。アンちゃん侍編?はちょっと興味あったなぁ…。
終盤にかけて何十巻もかけてやる予定だったと思われるエピソードを、1ページで1話ぶんくらいのハイペースで消化していくのは色んな意味で見応えありました。

ベテラン作家さん(原作)でも二発目を当てれるとは限らないジャンプ。少年漫画界のトップゆえかもしれないけど、きびしいね。
アンケ取れないならベテランでも容赦なく平等に切られるのは緊張感あって良いシステムだと思いますが!
はじまる前から特集組んだり大規模な広告を打ったりけっこうコストかけてましたけど、その辺も編集部さん的には良くも悪くも興味深いデータがとれたのでは…!?


ベテラン作家さんの次作と言えば、今度はBLEACHの久保先生も新作を出すそうですね。
こちらは既にアニメ化まで予定されているそうですが! もちろん楽しみですけど!
原作じゃなくて久保先生が自ら描くし、正統続編みたいなもんだしこっちは間違いないかな?


以上デーース!!

関連タグ
関連記事
死体が喋っている 週刊少年ジャンプ 2020年25号 感想
俺は信じるよ 絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ 週刊少年ジャンプ 2020年24号 感想
  • TOPへ戻る

4 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/03/25 07:47

    鬼滅の刃、自分も最初読んだ時AKIRAかなって思ったら結構みんな同じこと考えてたんですね

    • 2
    • ななしさん
    • 2020/03/25 18:30

    鬼滅このまま編集が終わらせてくれるはずが無い…。ねず子吸収完全体むざん様とかやって引き延ばしするに一票…。

    • 3
    • ななしさん
    • 2020/03/26 02:20

    呪術もゴリラだしブラクロもゴリラだしマッシュルも当然ゴリラ……

    久保先生の新作はシリーズ連載なので、この前のドクストリブートみたいな感じなんですかね〜

    • 4
    • ユーリ
    • 2020/03/26 21:51

    AKIRAに似てるのははオマージュなのかもしれませんね…最近なにかと話題ですし。
    鬼滅が大人の事情的な理由で終われなさそうなのはわたしも思ってるんですけど、こんだけメインキャラの腕もげ足もげやってたらキツそうだなとも…(´v`;)
     
    久保先生の新連載は、この前の読み切りがソウルソサエティin欧米みたいなやつだったので、それの連載版ですかね? いまならジャンプラで読みますよ!

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)