other

宇宙の謎を解き明かす括約筋 週刊少年ジャンプ 2020年4・5合併号 感想

年内最後のじゃんぷよ!


筒井先生のヒロイン大集合ポスター、一番後ろに一番存在感放っている人がいて全部持っていったわ…。
しかしあの漫画のヒロインがこれで決定してしまったな。


ハイキュー

あれっ? 日向くんがムスビイに合流して、イエー!!ってわちゃわちゃするシーンやらないんですか…。
当たり前のように月日が流れてそのままチームになじんでるな。見たかった…。

冒頭のシーンでブラジルでチーム組んだ彼がテレビ中継に出てて、ということはそれなりに有名になって活躍しているらしい、と遠回しにわかるのイイなあと思います。
 
チームメイトがプロになったりならなかったりしてるのはリアルだなあ。
東峰さんアパレルデザイナーめっちゃ似合ってるわ…。
月島くんが長くバレー続けているらしいのがなんだか嬉しいです。

そんで影山くんと対戦するのかー!! そりゃアツいです。
かつての敵が仲間になるというのはバトル漫画によくあるやつだけど、敵になるというのはスポーツ漫画ならでは。
お互いの手の内をわかりきってるからこそのやりとりとかありそうで楽しみ。


ワンピ

情報が多すぎて5回読んでも情報が完結しない!
白ひげさんとロジャーさんの激突、「やっちまえー!」「奪い取れー!」からの和解の宴まで、何から何までザ・海賊!!って感じでとても満足度が高い。
二つの海賊段はライバルではあるけど本気で命の取り合いまではしないような仲だったのね。というか普通に仲よかったw

ロジャーさんは白ひげさんのことを「ニューゲート」って呼んでたんですね。
おでんさんが船を降りるのに拗ねちゃう白ひげさんや、ロジャー海賊段にもあっという間に馴染むおでんさんも可愛かったです。

ロジャーさんたちの冒険、この頃はラフテルにたどり着いた者は誰一人おらず文字通り前人未到で、そこまで行く方法すら手探りだったんだね…。
彼らが空島へ行った方法が奇しくもルフィたちと同じだったのがなんだか泣ける。正規ルートがあるというのに。

黒ひげさんが「人の倍生きてる」の意味は、寝てなくて起きてる時間が長いから…?
たとえば泳ぎながら眠るというイルカは右脳と左脳が交互に寝る、なんて話を聞いたことがありますけど、二重人格だったりしないのかな? 黒ひげさんは実を二つ食べた件があるし、まだ何かカラクリがあるような気がします。


鬼滅

回想多いっ!
最終章だけどめっちゃ売れてるから引き伸ばしてるやつなのか!?
回想しすぎてたらそのうち、いま無惨様と交戦中で炭治郎くんが瀕死状態ってこと忘れちゃうぞ。
ネズコちゃんが胸騒ぎを感じてこの場所に向かってる、ということも早くも忘れるところだったくらいだし。

それはそれとして伊黒さんの過去話も重かった…。
マスクの下はそんな風だったのね。蜜璃さんにはもちろん想いを寄せてるけど、自分の境遇を呪うあまり、気持ちを伝えることができなかったんですね…。
自分に負い目を感じていると、人を好きになることを自分で許せないというやつだ。
「自分を愛せなきゃ他人も愛せない」という歌詞があるように。

これじゃ伊黒さんから蜜璃さんに告白してる二次創作はぜんぶ解釈違いになっちゃうじゃないか…というか想いが重すぎて二人の関係性をほのぼのと見れなくなっちゃうよ! ワニ先生のオニッ!
伊黒さん、少なくとも今世では彼女に告白できない…。来世ってなんですかキメツ学園ですか?
もう鬼滅本編完結したら、ワニ先生自らキメツ学園を連載したらいいんじゃないですか!?
そうしてください! 平和なやつ描いてよ!


アクタージュ

「お父さんはどこかに居てお金振り込んでくれてる」って設定わすれてた!
いちおう振り込んではくれてるんですね。父としての義務は果たし続けてるんだね。

お父さんは恨みばかり買っていて、めっちゃ悪くてろくでもない風に描かれてるけど…真実は良い人だったりしないかな?
現在の登場人物の視点からすると悪く見えるだけで、別の視点ではのっぴきならない事情があって家族とうまく接することができないだけだったり…しませんか?
お父さんが実は舞台を見に来ている、という可能性もまだゼロじゃないですし。

もしそうだったら、ますます「この怒りをどこへ向ければ」という展開になりそうですけど。
夜凪さんサイドの「羅刹女」は舞台裏で修羅ってた初日がいちばん完成度高くて最高の評価を貰ったけど、二日目以降で失速してしまったので勝敗をつけられない、なんて落とし所もあるのかなあ。


ブラクロ

なんという無駄を削ぎ落とした回想シーン!
ブラクロのスピード感を維持しつつ必要な情報が詰め込まれている!

でもさ、急に「キミは王子だったんだ!」て言われても困りますよね。
そんなさ、国内で暴れていた悪魔をみんなでやっつけて、修行も終えて力もつけて、次の悪魔をやっつけにいこうぜって言ってた所にその悪魔の占領先の国からそんなこと言われちゃったらさ。
今からぶっ倒しにいく所だからついでに救ってやりますけど!?って言うしかないじゃん…。

ところで第1話(公式)によると、アスタくんはユノくんと同じ日に”二人並んだ状態”で教会に捨てられていたらしいんですよね。
さすがに1話の設定が忘れられてるハズないと思うのですが、この回想にアスタくんが出てこないのが不可解。
ユノくんが預けられた時、アスタくんはどういう状態だったんだ!?


ネバラン

ママがグランマになってたー! やったー嬉しい!
ところでグランマってどんなお仕事なんだろう。暗い部屋で意味深げにククク…って言ったり、今年も儀式(ティファリ)に献上するための芳醇でまろやかな食用児が育ったわ…と毎年のボジョレーヌーボーの品評みたいなこと言ったりするお仕事でしょうか?


ZIPMAN

キューティの男のひと、いい感じに改心した風に見せてるけど
前の話で「喋らないんだったら殺しちゃうよ」とか言ってるので男だ女だ以前にヒーローの真似する資格がないな…。
と思ったけどキューティーというキャラがそういうセリフも言う物騒系ヒーローという可能性もあるのか。
 
展開がちょっと遅めなのが気になるけど、最後のコマでロボと着ぐるみと阿修羅像が銭湯に入ってるコマが謎すぎて面白かったです。
子供向けヒーロー番組特有のツッコミどころ満載感が好きです。一体どんな組織なんだ…!?


ヒロアカ

脳無って、量産型のモブ中ボスみたいな扱いだったのに設定が重くなったなぁ…。
これまで登場した脳無のシーン、今回の設定ありきで読み返すと違う印象になったりしそう。
ヒーロー側も”脳無”に対して、ただのお邪魔キャラとして機械的にやっつけていただけに見えていたけど彼らは望んでこうなったわけじゃないし操られていただけ、とすると色々悲しくなります。たとえ後付け設定かもしれなくてもね。

相澤先生の「乾いてしょうがねェよ…」は彼の新たな一面を見れた気がして、正直興奮しました。ごめん先生。


アグラビティ

早くもキャラ立ちっぷりがすごい漫画ですが、まさかゲラルトさんの痔の話で1話やるとは…。この漫画まだ3話目ですよね!?
下ネタってもうちょっと掲載順落ちてなりふり構わなくなってからやるもんじゃないでしょうか!?
 
クリスくんは可愛い顔して「宇宙の謎を解き明かす男の括約筋はやわじゃないだろ」とか言い出すから困っちゃうな。逆にやわな括約筋の例は知ってるんですか?
あとラストのゲラルトさん、めっちゃ爽やかな顔してるけどたぶんお尻ズタズタになってると思う…。


呪術

五条先生に対しての呪霊たちの策、戦力的に追い詰めるのは無理なので最初から精神的に追い詰める作戦だったのか。
ある意味潔いというか、思い切りがよくて姑息で手段を選ばない感じ、敵キャラのあり方としてはリスペクトできる。

改造人間も元人間ですからね…。それも数時間前までは自分に降りかかる不幸を何一つ知らずに平和に暮らしていたはずの。
虎杖さんは人間だった彼らを一人葬るのすら参ってたのに、五条先生はそれを3分足らずで1000人も手にかけてたら、精神参りますよ絶対。
奇しくもヒロアカの脳無と同じようなことをやってるわけですね…。
このヒキで2週間おあずけはずるいよ!


DrSTONE

千空さん、一度石化したはずなのに、どうやって生き残ったのか!
左手の指先が石化しはじめたら、右手が動くうちに左手に石化薬をかけたとか?
石化光線の爆心地方向に整列して、全員で同じタイミングで指折り数え始めたら膨張速度を割り出せそうですが…。割り出してどうする!
くっ! ヒントが提示されてるのにわからないのが悔しい。゚(゚´ω`゚)゜。
種明かしは次回かな?


チェンソー

相変わらず演出が映画みたいでエモい…。
レゼさんは遠くからデンジくんの姿を見つけて、思わず顔を綻ばせて駆け出していた。これ2回読まないと気づけなかったです。
マキマさんは田舎のネズミの話まで知ってるってことは、最初から何から何までぜんぶ監視してたんですね…。デンジくんがレゼちゃんとキャッキャウフフしてたことも知ってるんですか。それはまずいって。


DsSTONE白夜

レイさん生きてた上にキレイになったー!! 予想を上回るラストでした。
人類が生きてて4000年の間科学力が向上し続けていたら、あるいはこのくらいの事ができるようになっていたかもしれない、というルートだったのかもしれません。
レイさんは本編で登場の余地が残りつつも、存在がファンタジーすぎるので登場しなくてもいいような…。
STONE本編が完結するころにチラッと出てくるくらいで丁度いいのかもしれない。



合併号なので、次は1/4(土)発売です!
先が気になる展開が多くて困る…。

今年は以上ですヾ(‘ω’)ノウォー!!
よいお年を!

関連タグ
関連記事
開けちゃダメだ 週刊少年ジャンプ 2020年31号 感想
頭が高いな 週刊少年ジャンプ 2020年30号 感想

2 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2019/12/28 01:02

    はじめましてー
    いつも楽しみに見てるのですが、ミタマがないような…?
    あれ好きなので感想見たいです!
    よかったらー!

    • 2
    • ユーリ
    • 2019/12/28 23:16

    >>1さん
    はじめまして、コメントありがとうございますー!
    ミタマさん抜かしちゃってスミマセン(´Д`;)
     
    今週は野球回でしたね…。面白いギャグマンガには必ず野球回があるという法則があるらしいです!!
    ミタマさんがツッコミに回ってて完全アウェーだったの、かわいそうだけど笑っちゃいました…。
     
    あとゾビロさんの扱いw本名わからないのに、もうみんなに「ゾビロさん」て呼ばれてるし、めちゃ頼りになるしよく見たら足つるつるしててやわらかそうでキレイだし、なんかかなり好きなキャラになってきました。
     
    今後連載が長引いて、キャラ人気投票とかがあったとして、トップ5の中にゾビロさんがランクインしたらそれだけで超面白いのではないかと思います。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)