other

後世畏るべし 週刊少年ジャンプ 2019年43号 感想

じゃんぷよ!!
今週は謎のラブコメシンクロニシティの週です。
ねたばれ注意


鬼滅の刃

やめてくれエエエエエ!!!無一郎くんが…無一郎くんが…。
生きてるか死んでるか微妙なラインの重症とかじゃなくて確実に死に至る致命傷だ
真っ二つの時点で意識を失ってもおかしくないレベルなのに、最期の日の呼吸で赤い刃を出すとかウソだろ無一郎くん14歳!
 
なぜワニ先生は読者にここまでの試練を課すのか…?
もしかしてワニ先生、キメツ学園ではみんな生きてるし本編ではバタバタと落命していっても仕方ないっかー。とか思ってませんか!? ねぇ!?

あ、ところで玄弥くんも無一郎くん以上の致命傷…というか人間なら即死するやつなんですけど、何故だか彼のことは自分の中で生存確定になってるので心配にならないんだけどなんでだろ…どうみてもしぬやつなのにね
彼はいかんせん、手軽に手足ぽんぽこ取れたりくっつけたり胴体切断マジック(マジで切断)から生還したりしてるからね…。フィギュアじゃないんだからさ!?
 
そんで黒死牟さん、やっとトドメか。上弦6とかと比べると話数的にはそこまでじゃないはずなのにとても長く感じた(´Д`;)
ワールドトリガーを除けばジャンプのバトルって、大抵が一対一(タイマン)か、もしくは多対多(集団戦と見せかけた1vs1×複数回)が多いので、
それらと比較すると黒死牟さん戦は4vs1と珍しいタイプでしたが
複数人で一人を取り囲むなんて卑怯だ…とはとても言えないほど黒死牟さんが強すぎたので見応えがありました。
vs無惨様はどうなるんだろう。こっちは逆に1vs1を描けば黒死牟さんのバトルと対比になって面白そうだなと思うのですが…。
そちらは技と技のぶつかり合いというよりは舌戦を描いて欲しいなとも思う!


DrSTONE

科学王国メンバー続々復活…これはもう勝ったも同然だ!というところで、すぐさまモズさん強襲させるのうまいなぁ。
龍水さんが「クロムくんの閃きが役立つかもしれん」というフラグを即回収するスピード感もすごい。

個人的には、石化武器が一個しかないなら、キリサメちゃんが裏切ればイバラおじちゃん即詰みになると思うんですが
彼がキリサメちゃんに裏切られない自信はどこから来てるのか知りたい!
イバラさんモズさんキリサメちゃんは、三人ともぐるぐるお毛毛が共通してるので、血縁関係アリだったりするんでしょうか。
だとしたら今度はモズさんがイバラさんを隙あらば裏切ろうとしてる理由も気になりますが…。
ところで、武力担当のカードだったはずの氷月さんの解凍は結局なさそうなのかな(´∀`;)


ワンピ

サイファーポール相手にステゴロで勝つモルガンズさんカッコイイな〜(しかもそこそこ余裕勝ちした模様)
「時にはウソで人を躍らせる活字のDJ!何を載せるかはおれが決める!」というセリフもイカしている。
新聞で報じられた情報の中には虚実織り交ぜられてるっぽいですが、七武海撤廃は事実らしいのでサボくんの件が嘘なのかな?サボくんに何があったのかわからんので何とも言えないけど…。

新聞を読んで楽しそうなドフラミンゴさん41歳、インペルダウンをエンジョイしてるようで何よりです。
この人いつも「面白ェ!!」「フッフッフッ!!」しか言ってない気がするし、鎖に繋がれてようと面白いもんは面白ェと叫べるのはある意味幸せなことだと思うんだよね。


ネバラン

同士討ちをさせて漁夫の利を得る、不意打ちをする、毒を仕込む、関係ない一般市民も巻き込む、これ全部悪役がやることなんだよなぁ〜
やっぱりやっぱり、これじゃどっちが鬼だかわからないって展開にするんですよね? ぜひそうしてよね!?(わたしがそういうの好きなだけ)
少なくとも手段を選ばなかったことに対しての言及はあっていいはずじゃないの!
「くたばれ化け物!」っていうセリフもね。化け物はどっちだっていう。

ザジの顔を隠してた紙袋の下がどうなってたのかは気になる。
隠しているにはそれなりに訳があって、醜いからとかではないなら、実は鬼だったとか?


ブラクロ

普段別ジャンルなのに今週何故かラブコメ回やってる漫画その1
シャーロットさん、秘めておけばいいものを、団の規律に抵触するからと団員全員の前で片思い宣言って真面目すぎるな!?
ヤミさん本人に告白するより、部下たち(10人くらいいる)に自分の恋心を明かす告白するほうが彼女にとってハードル低かったんだな。
それだけ部下たちを信頼しているということか…それもそれでいいなぁ。
 
アスタくんの「この氣の感じ、ノエルに似てるんスよね」もいいトコ突いているんだけどアスタくんもアスタくんで片思いに気づいてないわけで…
さりげなく鳥の姿で傍観を決め込んでるネロちゃんがいい味出してますね。
 
シャーロットさん、ヤミさんに対して「私に話があるのだろう?」て!
ちがうでしょ!あなたが話あるんでしょ!!はやく爆発しなさい!


勉強

成幸くん、サクっと会場入り間に合ってるじゃん!!? ハラハラさせよってからに…。
「滑って階段から落ちる」って受験的にはだいぶ演技が悪いイベントでしたけど、敢えてそれを挟んだのは意味があるはずだ! 話数調整とかでなければ!


呪術

夏油さんの回! 待ってました!
わたしは闇堕ちの過程を丁寧に描画してくれるのを見たいのだ。
どのように闇に染まるのかじっくり見せておくれよ!

「最強」になった五条さん、同期の夏油さんとしては複雑ですよね…。
しかも辛そうな感じは全くなくて、むしろイキイキして楽しそうだし。
それに対して”吐瀉物を処理した雑巾を丸呑み”なんて行為を日常的に繰り返したとしても、彼の足元にも及ばないレベルの自分がいたら比べないわけがないし。
一般人に対して何か思うところがなかったとしても普通に病むと思うよ!
 
「猿どもめ」は前日譚の呪術高専で夏油さんが非術師を見下すのにしきりに言っていた蔑称だし、ようやく0巻に繋がった感がある。
本誌に載ってる「呪術廻戦」からしか読んでない方と呪術高専も読んだ方とでは印象が違うんじゃないかなあ。読んでくれ!
元気な後輩キャラの灰原さん、これ確実にしにますね。彼の犠牲が決定的なトリガーになるのだな?


夜桜さん

修行してもポッと出の一般人じゃプロに敵わないのは当然だし、変に無双しないのはいいと思う!

>凶一郎兄さん「三日後までに家族全員で迎えに行く」
いや今すぐ行くべきだと思いますが!?
これはアレですね、きっと太陽くんの修行を仕上げるための凶一郎兄さんの狂言誘拐じゃないでしょうか!
太陽くんが足手まといなら、彼は待機させて自分で救出にいくべきだけど
太陽くん自身の手で六美ちゃんを迎えに行かせる事に意味があると思ってそうだし…
あれ、凶一郎兄さんめっちゃいい人じゃね?


ミタマ

背後に霊の行列ができてても「清々しい気分だなあ」とか言えるハゼレナちゃん、メンタルめちゃくちゃ強いな
本人が「もう慣れた」「特に困ってない」て言ったことにはマジで嘘偽りなくて、ほんとうに困ってないし、霊の行列は本人にとっては当たり前の日常だし、別にどうでもいい事なんだろうな…。
逆にミタマさんが除霊しようと付きまとってくる事が非日常なのではw

ライバルキャラもポンコツで好きになれそうでした。キャラが立ってからが本番だ!


アクタ

「負けたくないから、いま言います」
舞台のクオリティを上げるためならあらゆる行為が正当化されるの、本当にやりやがりましたね…。

花子さんの告白、予想されてた「夜凪さんの父を連れてくる」なんて生易しいもんじゃなかった。
自分が信じてた演出家が、自分の過去のトラウマに深く噛んでたとは…下手したら芝居どころじゃないほど心が不安定になるやつだ。゚(゚´ω`゚)゜。

そんで宇佐崎先生はキャラの顔書くのがうますぎる。
来週、周りがドン引きするくらい負の感情を爆発させる夜凪さんを見たいような見たくないような、いえ見たいですめっちゃ楽しみです(ゲス顔)


チェンソー

普段別ジャンルなのに今週何故かラブコメ回やってる漫画その2
いやチェンソーが一番おかしい!!
あれ!? なに!? これなんの漫画だっけ!?
先週、扉を絶対に開けちゃダメだとか、いよいよ銃の悪魔の肉片が動き出しましたとか言ってたのは何!?
マキマさん、そんなに1日ゆったり映画館ハシゴできるくらい暇だったの!
もしや、全部デンジくんの夢の中の話だったりしませんか?

やったァー!!(やったー!!)
カワイイ!!(かわいー!!)
というセリフとモノローグが一致してるデンジくん、裏表なさすぎる男。
見てて安心するなぁ。マキマさんよりデンジくんのほうがむしろカワイイぞ!

藤本タツキ先生は映画館すきだなぁ。前作でもキャラの内面に迫る時の仕掛けとして映画館を使ってた。
きっと、人生を変えるような一本の映画に出会ったことがあるんだろうな。
わたしが人生を通して一番印象に残ってる映画ってなんだろ…。うーん、ラピュタだな。でも映画館で観てないな。

冒頭のやりとり、ガーンてショックを受けるパワーちゃんがかわいかった。
サメの悪魔は次のバトル展開でキャラを立てるやつか。
「サメの悪魔が言う事を聞くのなんで?」
「顔が似ているからかな?」
…に、似てるかなぁ!?
このコマのマキマさんの顔、めんどいから適当言っとけ感がw


サムライ

トーナメント主催さん、侍の脊髄部分のパーツいっぱい持ってる…コワ…。

ハチマルくんの稽古、なんだその勝ち方は〜〜!
なるほど、サイボーグ体だから工夫したんだね〜…というよりは、
常軌を逸した人外の発想すぎて、感情移入する前にちょっとヒキますよ!
コツガさんと違って、実際に稽古相手をしている竜さんがハチマルくんの成長速度を評価してるのはよかったです。


髪を結い

“蟲”のルーツに迫る話がはじまったので、お〜バトル漫画展開か? と思ったら
「あまたいる全国のスケバン…」とか言い出したので、あ〜これギャグ漫画だったわ、と思い直し
邪馬台国、日本最古の女王(スケバン)などと言い始めて爆笑しました
ヒミコさんてスケバンだったのか…。
日本史の新解釈もそこまでいくか…そもそもその時代に学校とか無かったと思うけど、スケバンの概念とはいったい!


太星

普段別ジャンルなのに今週何故かラブコメ回やってる漫画その3
いやこれもギャグ回か。
ユアちゃんの脳内映画アーカイブスの趣味がアクションとかサスペンスに偏りすぎてて笑いましたw「恋愛の情報ならたくさんあるから大丈夫!」て! そういう系の映画の恋愛要素って大抵がご都合主義だからね!?

再登場の和泉さんがやたらイケメンに見えたり、
「ママーあの人おじいちゃんの中から出てきたよ」「みちゃダメ」とかシュールだったし全体的にトンチキすぎて面白かったです。

ところで将棋はどこいったんだ。でも将棋やってないほうが面白い気がするな。どうしよう。



ウォー以上です!

関連タグ
関連記事
終わったとき、誰も謝ってなくて よかった 週刊少年ジャンプ 2019年46号 感想
エンデヴァーさん…! 週刊少年ジャンプ 2019年45号 感想

4 件のコメント

    • 1
    • カオス
    • 2019/09/22 23:18

    どうやらモルガンズはトリトリの実 モデル:アルバトロスのようです。

    • 2
    • カオス
    • 2019/09/22 23:24

    七武海撤廃後の七武海の動向も気になりますね。
    ハンコックとバギーはルフィに味方しそう。
    (なお、この二人は映画でも共闘勢として活躍していました。STAMPEDE滅茶苦茶面白いので是非見に行ってください!)

    • 3
    • ななしさん
    • 2019/09/23 16:48

    ぼく勉アニメ二期やると聞いてワイ歓喜w
    鬼滅で継国 縁壱というヤバイキャラが出てきましたが?

    • 4
    • ユーリ
    • 2019/09/24 22:15

    モルガンズさん、実は人間だったんか…Σ(‘ロ’;)常に獣人型で過ごしてるんですね。
    七武海はミホークさんが気になりますね。未だに本気で戦ってるシーンがほぼなさげなので…
     
    鬼滅もアニメ二期続けてやるらしいです!
    縁壱さん出る所まではやらなそうなのが残念ですが(つД`)
    煉獄さんのアレはアニメで見れそうですね…

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)