other

よそ者がこの国守っちゃいけねェのか!!? 週刊少年ジャンプ 2019年34号 感想

じゃんぷよー


ワンピ

今週のルフィはかっこよかった!
一時期あほだったけど、最近ほんとかっこよくなってる!
まわりの人も「なんという掌握力!」「なんと頼りになる男!」とルフィアゲしてるけど、ちゃんとセリフにも行動にも説得力あるからしっかり魅せれてると思います。

ただし、けっこう前のことだから忘れがちだけど、ルフィはカイドウさんに初戦ワンパンされてるのよね…。
ちょっと修行したくらいで勝てるようになるとも思えないし、かと言って今週これだけ啖呵切ったのだから自力で勝ってほしさあるし、そのあたりの戦力面はどうするんやろか…。


呪術

わんこ…。
わんこに東堂さんの謎空間みたいな呪術独特の変なテンションを感じました。すき。

五条さんは学生の頃から既にめちゃ強い扱い受けてたのね。「うん百年ぶりの六眼と無下限呪術の抱き合わせ」とさりげなく六眼とかいう新しい能力名だしてる…。
それに対して、夏油さんのほうは強いには強いんだけど、派手な強さではなくて地に足がついた堅実な強さという感じがします。
彼は五条さんより実力的には劣るんだろうけど、劣等感みたいな気持ちは抱いてたんだろうか…。
五条さんが謙虚な人だったら周りからもっと頼りにされるだろうし恨みも買いにくいと思うけど、五条さんアレだからなぁ。


ブラクロ

うわ〜〜みんな成仏した〜〜南無〜〜。
リヒトさんとかシャルラさんとか、ユノくんに宿っていた子の話とか設定はまだ引っ張れたと思いますけど、さすがにそろそろ切り上げる頃合いでもあったのかな。
三魔眼さんと王子様は残留なのね。まだ終わらないだろうし、しばらく日常編やるのかな。
次の舞台があるとしたらクローバー以外の王国でしょうか。
ダイヤモンド国とかあったよね?


鬼滅

こっちもわんこ…。
扉絵の不死川さんの優しい微笑み…微笑み…不死川スマイル…わんこにスマイル!ああ!あああ!!わんこの丸まったしっぽ!ああ!不死川さん!!なんでそんな顔するの!わんこには!!そんな穏やかな!あああ!!!!
呪術の方ではわんこを見たおじちゃんが即退場食らったので、こっちもわんこを愛でた事が遠回しな死亡フラグにすら見えてしまいます。

本編、不死川さんがどんどん削られていくのは煉獄さんの時とかぶるよね…。兄貴!兄貴!とうろたえる玄弥くんが特に。゚(゚´ω`゚)゜。
あの時と近い展開だからこそ不死川さんには生き残って欲しい…。

「稀血」の設定が不死川さんにも当てはまるのではないか、という話は彼が初登場した時から予想してる方がいましたね。当たっててすごい。
その時は根拠として”彼の全身の傷は、わざと傷をつけて鬼に自分の血を嗅がせる為”とのことでした。その辺も当たってそう。
最後から2ページ目の黒死牟さん「ドクン」のコマ、めっちゃ真顔。じわる。


DrSTONE

コンクリート開けたはいいけど、ドローンで石化装置キャッチのミッションが済んでないからまだ解決とはいかなさそうな…。
この島を脱出してプラチナを持ち帰ったら石化解き放題になるなら、一気に話は進むだろうけど…!
その前に食料問題とか住居問題とかもありそう。まだまだ課題はあるよなぁ。
石化装置で小さな集落を牛耳ってるような人は小物っぽいし、さっさと片付けちゃおうぜ!


ワンピ(Boichi先生)

DrSTONEを毎週休まずに連載しながらこんな読み切りまで用意してるなんてどんだけ筆が速いんだよBoichi先生は!!
このワンピ51話やたら長いな、と思って
ジャンプ+のコインを払って本物の51話を読みにいったら、比較できて面白かったです!

実際には51話は「背中の傷は剣士の恥だ」「見事」ズバン!で終わってて、その続きの52話ぶんまで描かれてたし、読み切り版はコマ割も原作よりダイナミックになってました。そりゃ長く感じるはずだ。明らかにページ多いもん!

原作51話は今と比べると異様にテンポよく話がサクサク進んでたので、最近のワンピはかなり間延びした話運びしてるんだなぁとも思いました。
当時の尾田先生の絵のスッキリ加減もあれはあれで読みやすいし、今回カバーしたBoichi先生の妥協しない描き込みの深さも素晴らしい。ミホークさんのお洋服の袖の模様とかすんごい凝ってるよ!!
それにしてもホントに、もう1回言うけどどうやってストーン連載しながらこんな読み切りまで描けたのだ…。Boichi先生こわ…。


ヒロアカ

あああ…きつい…絵的にはもちろん精神的にもグロい話だわ…。
自分の意志に反して、助けてと伸ばした手すら相手にとっては凶器になるなんて。
お母さんが最後に崩れながらも抱きしめようとしてできなかった…というのはもちろんキツいんだけど、
お父さんが最後の最後で転狐くんを棒で殴ったのが本当にキツい。

一番助けて欲しい、どうしようもない状況で唯一残った肉親から棒でガンってやられたという事実は、一生彼を呪い続けるんだろうな。
そりゃ誰かのせいにしたくもなるだろうし、ストレスに耐えきれず自我が崩壊したり記憶をなくしたりするのも仕方がないと思います。
 
ここまで「死柄木 弔」というキャラクターを描いて、この先ヒロアカが終わるまでに彼とどういう形で決着するのだろうと考えると興味深いです。
彼に感情移入したり同情してしまう方も一定数いるでしょうし、彼がどうにかして救われるのか、救われないのか、救われないなら何のために悲惨な過去を描いたのか、など…。
そして少しでも救いがあるなら、一体何が彼の救いとなるのか…。死ぬことや記憶を失くすことでしか彼の魂は安らかになれないのでしょうか…。ほんとに難しい問題だ…。


火の丸

ああ、やっぱり終わってしまった…最後駆け足だったしもうちょっと時間かけて欲しかった気持ちはあるけど、円満終了できたのはよかった!
評判はいいもののアニメや単行本の売り上げが伸びず、それでもハッピーエンドできたのはよかったと思います。
刃皇さん好きだったので負けて欲しくない気持ちも内心ちょっとあったけどね…勝って終わらないとね…。

川田先生、おつかれさまでした!
次は別の題材で描くのかな。
相撲という題材が商業面で難しかったのが反動になって、次はゴリゴリの商業向け狙った感じになったりしませんか。そういうのも見てみたいです…。


チェンソー

メガネをかけたからと言って頭がよくなるなんてことは決して、決してないんですけど
この子たちは良い意味であほなので、思い込みの力でちょっと頭がよくなってるのではないか!!?
思ってたよりちゃんと作戦たててたし。
形から入るのはとても大事です。気持ちもノってくるので。
パワーちゃんはパッド盛りすぎだけど、そういうのも大事だと思います。

先生は相変わらず無慈悲で「狩人の言葉を信用するな」が素敵。
先生はこのあとデンジくんとパワーちゃんを良い感じに強くして、二人とちょっと打ち解けたところで銃の悪魔の噛ませとしてあっけなく散ると思うので、そしたらわたしは泣きます。


ネバラン

エマちゃんの対象は「食用児全員」だから、彼女自身が拘束されたりといったことはなさそう。
それでも、さんの言い方だとエマちゃんに何かを要求する模様。なんだろう。記憶の消去とかかなぁ。

ソンジュさんサイドは、ソンジュさんがちゃんと強くて安心しました。たしかエマちゃんたちと最初に会った時も追っ手を代わりに追い返したりしてくれたんだよね。
ハヤトくんや量産型アダムさんたちはめっちゃ悪い顔してソンジュさんを始末しようとしてるわけだけど、ドンくんとギルダちゃんはどっちの味方するんだろ。
「一緒に連れて来た仲間が実はあなたのこと殺そうとしてましたけど、許してやってください」なんて通るはずないと思いますし、アジトに帰れなくなりそう。


サムライ8

アタさんはハチマルくんに対して「お前には勇がない」とズバっと言ってくれてよかった。ハチマルくんはかいしんしなさい。
それに対してアンちゃんときたら勇気ある…もう主人公交代しよ…。
しかしお父さんはともかく、アンちゃんは特に勝算あるわけでもないのに何で前にでたんだろ。ノリかな?


アクタージュ

王賀美さんのこれまでの経歴を描くことで、彼自身が自分と釣り合うと評した夜凪さんにも格の高さを付与している…!
しかし千世子さんがひらすら空気になってしまっている…ずっと「そうだね」しか言っていない。
この空気っぷりと、そうだねの繰り返しはわざとなんだろうなぁ。これから千世子さんの恐ろしい逆襲が始まるのだ…。


忍スクワッド

今週は糸使いの人のポージングとかカメラアングルとか凝っててよかったと思います!

かき氷ネタ、まさか引っ張るのか…。思ったよりかき氷ガチ勢だった。
人間かき氷…そうはならんやろ!そんな綺麗においしそうにならんやろ!

「今日は退くが…」
退くのかよ!!!
思わず突っ込んじゃいました。そこで退かんやろ。かき氷食べにきただけじゃん。
彼はあぶない仕事してないでかき氷やさんを開いたほうが心穏やかに暮らせるんじゃないでしょうか。


髪を結い

鍵斗さん「オレが髪を結んでキレーにしてやる!」(最高のキメ顔)
あー、これ好きですわww

「お前さんに似合うお姉さん風の髪型にした…。お前はもう…すげえ可愛くなった」(威圧感たっぷりのキメ顔)
このへんとかすんごい面白いですよ。

ケンシロウなら「お前はもう…死んでいる」って言うところを、
鍵斗さんは「お前はもう…すげえ可愛くなった」って言うんですよ。めちゃ平和じゃないですか?

黒を出さずに解決したところも予想外でよかったです。
どこへ向かってるのかよくわからないけど面白いです。鍵斗さんはやっと主人公になったという感じがします!


西遊記

太くんがいきなり上からになった!?三段リーグを突破できたら相手になってあげるよ!?
そんな感じでしたっけ? そんなイキってたっけ…?
でも太くんは夜の住人だから指せる相手も限られてるんだよなぁ…。
そうだ、怪しい路地裏にある雀荘に行って賭け麻雀会でのし上がっていったらいいんじゃない?
そしたらメイド服のぽっちゃり系のやたら強い賭け士と出会うからな、揉むために戦うのだ。


今週は以上ですヾ(‘ω’)ノウォー!!

関連タグ
関連記事
とにかく悪りー罪で逮捕する!! 週刊少年ジャンプ 2020年1号 感想
ゴリゴリゴリゴリ、ボチュン 週刊少年ジャンプ 2019年52号 感想
  • TOPへ戻る

4 件のコメント

    • 1
    • てれ
    • 2019/07/23 23:57

    更新お疲れ様です!
    最近まで別誌でオリジンという漫画も連載してましたよねBoichi先生
    2人組という話をどこかで見たような気もしますがそれでも凄い…!

    • 2
    • ななしさん
    • 2019/07/24 11:45

    サムライ8でアンちゃんが飛び出したのは、すでにハチマルくんに恋してるからですよ!
    そこを理解できない方はパートナーができにくい方…

    • 3
    • ななしさん
    • 2019/07/24 12:30

    エマちゃんに要求される事は、エロい事に違いない

    • 4
    • ユーリ
    • 2019/07/24 15:40

    Boichi先生って二人組だったんですか!?
    どうりで…いやアシスタントとかそういう意味でなくて?キャラの顔とかは描くのは毎回同じ人だろうし…な、謎が深まりました(‘ロ’;)
     
    >>2さん
    わたしには全然わかりません!!たしかにパートナーいないけど!いないけどさぁ!!。゚(゚つω`゚)゜。ヒドイヤ
      
    >>3さん
    鬼の王様って性欲とかあるのか、そしてエマちゃんにそういう知識があるのか、要求を言った時にエマちゃんがどんな反応するのか気になってしまうのですが!!?

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)

現在、コメントを承認制にしているため反映まで少し時間がかかります。あらかじめご了承くださいm(_ _)m