other

くそっ…楽しい… 週刊少年ジャンプ 2019年33号 感想

じゃんぷよ!


ヒロアカ

巻頭見開きカラーのマイトさん、画風の違いのあまり浮いてて草

デストロさんは「お前は何を作る」と、ある意味で他人に対する期待を持つタイプなのに対し、弔くんは「俺は壊すだけ」と、闇とマイナスしか持ってないというスタンスなの悲しいよなぁ…。

そして始まった過去回想…!
題が「死柄木弔:オリジン」ではなく、「志村転狐:オリジン」なのは、いまの”死柄木”ではたどり着けないヒーロー像、悪に堕ちなければなれていたかもしれないヒーロー像、を思わせます。悲しいよなぁ…。

彼がお家の中でだけガリガリと身体を掻く”アレルギー”の拒否反応の元は、”父親”だったのでしょうね…。
死柄木さんが身につけている「お父さんの手」は、ずっとずっと彼に痒みをもたらし続けているってことですよね…。
うわ…これ、めちゃくちゃ悲しいんですけど。
どうしてこんな話が描けるんだ?描けてしまうのだ?わたしは泣きました。


鬼滅

「腕ならば 鬼となったら また生える」黒死牟 巌勝

バトル漫画において腕とか脚とか切り飛ばすのはある程度斬り結んでからなのが常ですが、黒死牟さんは初手でバンバン手首吹き飛ばしてくるの、情け容赦なくてとても良いと思います!
玄弥くんのテンポの良い刻まれっぷり、彼に関してはダメージ受けてもあんまり危機感ないせいか何故か笑っちゃいました。ごめん。
そして期待通りに不死川さんが来てくれて素晴らしい。これだよ、これ!
不死川さんが玄弥くんに対して隠していた想いも期待通りだったし、ほんと好きですこの人。今週かっこよかった!!顔も良い!!
でも、ものすごい勢いで死亡フラグを立てましたね。名前の通りしなずがわでいてくださいよ…。


火の丸

潮火の丸、その人生は相撲そのものだった。
最良のあり方は自分らしくやることであり、ナンバーワンよりもオンリーワンが最強の答え。
だからこその「潮火の丸の相」なのか…!つまり「火の丸相撲」というわけでタイトル回収だ!
えっ、次週クライマックスて!?ちょっとーー!!!
どうやらコミックス収録話数ぶんで換算すると来週で終わるとちょうどいいらしいという噂。
あと一巻分くらいゆっくりやったらいいじゃないかぁ。


ネバラン

「食用児全員で人間の世界に行く」て言ったら、食用児以外の人間…ラートリーさんの一族は置いてくってことだよね?
じゃあ今度はラートリーさんの一族から食用児を延々と出し続けることになりますね…。なぜ人間全員って言わなかった…。鬼が餓死するからか。
あらかじめ用意しておいた「おねがい」が何をもたらすのか、全員救いたいと言いつつ、ダブスタになってることにエマちゃんたちが気づいてないはずはないので、そのへんどうするのか注目…!
結局食用児を作ってた一族が食用児に落ちてエンドっていうのも世にも奇妙な物語っぽいオチではあるので、着地点としてアリだとは思いますけども。


ブラクロ

セクレちゃんの「ありがとう」の顔がよかった。よかった…。

ヤミさん、エルフシャーロットさんに”アナザートゲツン女王”なるあだ名をつける…。アナザーてw
エルフ化シャーロット(シャルラ)さんともフラグ立てる気ですかアンタ。
同じ身体に宿る二つの人格から好意を寄せられちゃうアレですか。その設定だけで恋愛小説一本いけちゃうやつじゃないか!!


勉強

人気投票、2位に4倍以上の差をつけて…先生!!
これで先生エンド以外にしちゃったら最多数の読者から恨まれてしまう!どうするんだ!マジで先生エンドにいくのか!
で投票の詳細、少ない票数のところよくみたら善逸くんと刃皇いるのwwやめれww

本編はお題スロットみたいな感じでまさかの高校生になった先生とは…タイムスリップで過去改変だなんて!先生の時だけなんでもアリですね(つ∀`)
ふぉとぅぷんって擬音すごい。なかなかいないと思いますよ、服越しのおっぱいでふぉとぅぷんなんて音を出せるお方は。


呪術

以後、夏油さんの通称は「前髪の人」になります。よろしく。
伏黒さんの父、「恵は元気か?」に対して「誰だっけ」は相当ろくでもない返答だ。
子供の名前を考えてないどころか、世話もしたことないんでしょうね…。

星漿体の理子さんが意外と前向き元気キャラだったのでよかった。現代でもちゃんと自我持って生きてるんでしょうか。
過去編のキャラは退場する確率が高いので心配です。お世話係の黒井さん、かなりの確率で悲惨な目にあいますよね…。

夏油さん「それじゃあアナタが家族だ(笑顔)」
黒井さん「…はい」
コレとか。いいシーンなのに。いいシーンなのにね。後のこと考えるとね…。


ストーン

コハクちゃんの手紙を見た直後のゲンさんの表情、小さい子のラクガキを見てるかのような微笑ましさを感じて、良い…。

今回は、手紙でやりとりをしようと思ったら文字が書けなかったと。
そういえば作中では電話の方が手紙よりも先に登場してたから、遠隔のコミュニケーションで不便を感じるというのは順番が逆な感じがして面白い。普段我々がメールやLINEで秒で意思疎通できてるのがいかに便利なのか、なかなか意識することがないけどすごいことよね。
文字書けないという発想もなかった。
コハクちゃんが描いたのは象形文字の一種とも言えますね。ある意味、最古の文字の発明とも言える!


チェンソー

デンジくんとパワーちゃんの仲の良さと相棒感、めっちゃいいやん…。
ハンマーをパシッと手渡すとことか、「一緒に逃げるか?」て一蓮托生な感じ出してるとことか…おお、パワーちゃん…パワーちゃんよ。
冒頭ではピシッとスーツ着てたのに、終わるころには服ほぼ脱げてネクタイ解けてるし、パワちゃんはパッド取れてるしでほんとにボロボロだ…。
そして頭使う作戦を考えるぞ!!って言いながら、顔がめっちゃアホの子なのかわいい。


モリキング

長谷川先生だ!青春兵器の長谷川先生だ!わーーい!!
さすが連載経験者、安定して面白かったです…。
この独特の間の取り方とシリアス顔のギャップは相変わらずクセになります。
ツッコミ常識人でありながら森キングがあまりにイケメンなので戸惑ってしまう勝子ちゃんもかわいかったです。
しかし森キング、抜いだらすごかったな…。


サムライ8

星位大将軍て称号といい、ダルマさんの知り合いだともいい、鳥の姿といい、無尽さんカッコイイじゃん!て思ったら1ページで散ってしまわれた…。強くてかっこいいおじいちゃんを見たかったよ!
本来ならもう少し見せ場があったのかもしれませんが、さすがに展開を急ぎ始めたのかな。
やられたサムライは玉に戻ってるけど、サイボーグなんだし、どうにかしたら復活できたりもするのかな?
もしそうだったら死んだと思ってら生きてた、という展開もやりやすくなるけど、同時に緊張感もなくなりそうだ。


アクタージュ

あれー!?
三日会わざれば刮目して見よって言わないのーー!? 言ってよー!!

これだけ野次馬がいても、セリフを諳んじた瞬間、オーディエンスがシンと静まり返っているのもオーラの賜物なのでしょうね。
相変わらず絵と表情の説得力がすごい。ぞわっとします。
カムパネルラの時の、はかなげ夜凪さんも良かったけど
羅刹女状態の魔王夜凪さんも美しいな…。個人的にはこっちのが更に好きだ!
あの千世子さんですら夜凪さんに見惚れてますね。王賀美夜凪ペアが完成してしまったら千世子さん側は危ういのでは…!?
アラヤさんの解説っぷりすごくない?今週ほぼアラヤさんが解説してましたよねww


忍スクワッド

「かき氷にされたいか?」なんだその言い方。ちょっとカワイイぞ。
相変わらず悪役のセリフが独特の間の抜け方をしててクセになります。狙ってやってるのかなw


ゆらぎ荘

人類滅亡の危機をもたらす流れ星、作劇上においてはデウスエクスマキナとも言えるほどめっちゃ便利だな…。
この漫画のメインはそこじゃないから、後日談でこのくらいブン投げ感だすと一周回ってギャグになるし、いいんじゃないかと思います!
しかし、隕石の幽霊とは。リアルでも一般市民が知らない間に目に見えない脅威が地球を襲っており、見知らぬヒーローが人知れず地球を救い続けてるのかもしれません。


ビーストチルドレン

えっ!? 序章だったの!?
次号から新章だよ!本編だよ!というのは起死回生の一手となり得るのか!?
といいつつ新章が最終章になったら格好がつかないので頑張って欲しいところ。時間飛んだりするのかな…?


髪を結い

うわー!鍵斗さんがホントに大活躍してるゥー!
いま敵として立ちはだかってる淡魂さんに対しては、黒ゆいを出して殴って解決という展開にしなかった点は驚いたし、鍵斗さんの優しさも素晴らしいじゃないですか。

それにしても黒ゆいを慕うスケバン二人は、もともと共闘してたんですね。なのに知らん顔してた黒ゆいさん、ヒドイやー(つ∀`)


ふたりの太星

先週から急に面白くなってるよ!
イズミさんの能力、コマを打った瞬間にその手が良いか悪いかわかるので、置いた瞬間に「これアカンかも」って直感でわかったら引っ込めることも可能だったのね。そりゃ強いわ。
わたしは将棋そんなにわかるほうじゃないけど、盤面が詳細に映ってると画面が締まっていい感じだと思います。
イズミさんの父は子供に家庭任せて蒸発するギャンブラーってだいぶアレですね…。ちょうど同時期に呪術のほうで同じような人いるという奇妙なシンクロが。


最後の西遊記

先生、教え子が同年代の男の子とチューしたって聞いただけで隙をつくるなんて…(つ∀`)
“真人”に近づいて強くなるには人間らしさを失くすことだ、って言ってたくせに、ここ数週で急に人間臭くなってきましたね。フラグかな?
いや、すぐフラグ扱いしてしまうのがわたしの悪い癖だな…。


今週は以上ですヾ(‘ω’)ノウォー!!

関連タグ
関連記事
とにかく悪りー罪で逮捕する!! 週刊少年ジャンプ 2020年1号 感想
ゴリゴリゴリゴリ、ボチュン 週刊少年ジャンプ 2019年52号 感想

4 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2019/07/15 12:46

    ネバランが嫌な予感しかしないです!
    エマちゃんの大切なもの…
    家族との記憶、絆もしくはもっと永続的なものなのか…

    • 2
    • ななしさん
    • 2019/07/16 12:58

    上弦壱は兄弟がテーマになってくるのかな
    無一郎くんも兄弟に関しては思う所はありそうだし

    • 3
    • ユーリ
    • 2019/07/17 09:29

    >>1さん
    エマちゃんがこれまで頑張ってきたのは、家族と一緒に助かって、生きていくためでしたもんね…
    代償としてそれ取り上げられたらなんのために頑張ってきたのかわからなくなるし、それはそれとして鬼やラートリーさんたちにも家族という存在はあるわけで…
    どうしても自分の存在を守るために他者を蹴落とすことになりがち(つД`)
     
    >>2さん
    たしかに、まるで集められたかのように兄弟という属性を持つ子たちが上弦壱戦に集結してますねΣ(‘ロ’)
    黒死牟さんが兄弟という繋がりについてどういう考えを持っているかが彼を攻略する糸口なのかも。
    彼がそれよりも強く無惨様への忠誠を誓っていて、「兄弟の絆は尊いと思うけどそれはそれとして斬るね」ってスタンスだったら詰みますし。

    • 4
    • カオス
    • 2019/07/17 22:41

    今週はワンピース休載だけどドラゴンボールヒーローズのカード欲しさに買いました(笑)

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)

現在、コメントを承認制にしているため反映まで少し時間がかかります。あらかじめご了承くださいm(_ _)m