other

魔法帝になるんでしょう…!!? 週刊少年ジャンプ 2019年32号 感想

一生じゃんぷを読む決意をしているユーリです。じゃんぷ感想!

※今週はジャンプSQのワールドトリガーの感想あり。(SQ買わない方へのネタバレ防止のため、トリガーの項だけボタン押すと開く形式です)


ブラクロ

>人気投票
アネゴレオンさん5位!?順位高い!
人気投票の時期的に活躍してた時だったんでしたっけ。めっちゃかっこよかったもんな…。
あとヒロインのノエルを差し置いて2位に入ってくるヤミさん、マジ裏主人公。
 
>本編
上でノエルちゃんがヒロインって書いたけど、今週だけ見ると完全にネロちゃんがヒロインですね…。

最高にアツいトドメだった。これはさすがに撃破しましたよね。
というか、まさか倒すまでいくとは。
伏線使い果たしてない?次の敵どうするんだ?とか、エルフたちとの因縁の決着どうやって着地させるのか、とか色々後片付け大変そう。
ずっと封印されてた王子様は、時を超えて復活してたけど、限界が来て風化しちゃうのかな。ブラクロのことだから普通に生き残ったりしそう。


ストーン

オオアラシさん、おまたにでっかいハナメガネついてる。どうなってんのその服。
「そういうワルい奴の…マツの?」
「末路です」「それな!!」
このへんあほっぽくて憎めなさあるけど、石像化したお父さんを砕いたのはアカン…。
しかしここまで粉々になってもパズルして復活液かければ蘇生ワンチャンある、とすると石像化→砕けるの描画は絶望感ありつつも復活の可能性あって作劇上いろいろと便利だなぁ。

コハクちゃんが超視力で確認した「科学王国で学んだ知識でわかるもの」ってなんだろ。アンテナでも立ってるのかな?
ドローンも、飛ばすにはアンテナいるんじゃないかと思います。無人で飛行する物体ならとりあえずドローンって呼んでもいいやつだから、ホバリングや精密な姿勢制御機能が無くて、離陸は力いっぱい投げる必要がある、などなど色々課題だらけのドローンじゃないかとは予想してます。
が、いちおうコントローラで遠隔操作はできる代物みたいですね…。

それより、ロードマップ!プラスチック→コントローラの直矢印ちょっとまって!?端折りすぎでしょ!


ワンピ

菊之丞さんはやはりおとこのこだった。いまさらだけどな…伏線ありすぎて予想の範囲内なので、お…おう。としか言えぬ。
それでいて心は乙女とは、うーんややこしい。尾田先生はこういう系統のキャラ慣れてないんじゃないかなぁ。なんか出して見ました感があるというか、性癖に刺してこようという思い切り感がしないというか。
自分から正体を見せておいて「見たからにはその口閉ざして貰います」ってだいぶ理不尽だと思います!!


鬼滅

月の呼吸!!そう来たか!!
日の呼吸の対極ですね。やられた。確かに。脱帽です。

始祖である”日”と対をなす”月”とは、ラスボス感ハンパないですよ…。
因縁とか血筋とかキャラの威厳とかその他もろもろ、黒死牟さんのほうが無惨様よりもラスボスの器なんじゃないかと思えてきた。
だって無惨様なんて、なんか変なお薬飲んだら鬼の始祖になっちゃっただけのポッと出じゃん。血の滲むような努力とかしてないじゃん!おや、誰か来たようだ。

でも黒死牟さんが「あの方」って敬ってるもんな…。
ていうか、黒死牟さんと無惨様ってどんなテンションで会話するんだよ…。

絶望感もやばい。無一郎くん、たった一話で腕吹っ飛ばされて拘束されて鬼にしちゃろ、まで行くとは早いよ早すぎる。
煉獄さんのときはもうちょっとゆっくり「ああ、ああ…煉獄さん…煉獄さん!!」って感じで徐々に締め付けられる悲しさがあったけど。
無一郎くん、あっという間すぎるよ!まだ心の準備できてない!
まだ無一郎くんが手首斬られたことすら受け入れられてないよ(つД`)


ネバラン

「いいよ、ただしごほうびを頂戴」
いいんかい!
マジでクイズ大会編やるんじゃないだろな?と一瞬思いました。そしたら過去編がはじまりました。
ラートリーさん、わるいひとだったね…。わるそうな顔してるもんね。


サムライ8

ええーん!アンちゃんと仲良くなる過程がはぶかれ気味!
もっとテンポよくやってくれとは言ったけど加速しすぎじゃないか、そこ大事なとこやろ!ワガママでごめんけど!

ハチマルくんたら見栄はって嘘つくし!そういうとこやぞ!
まぁ後で謝るんだろうけども!


勉強

えろいのにえろくない…あしゅみー先輩は本気さが足りなくて、遊びの関係(?)だからか。や、漫画の展開的な話ですよ。
ここで週を跨がずに一話完結しちゃうのがあしゅみー先輩なんだよな…。
お泊まりなんてイベント、文乃さんだったら二話かけてたじゃん。
次は先生ともお泊まり会やってください。あ、五話くらいかけていいので。


ヒロアカ

次号の巻頭カラーに向けて、展開を溜めて溜めて溜めて…!!という回。
すんごいワクワクする引きだ…。
「あの時、僕が言ってほしかったのは」これは一話のデクくんと同じセリフ。
弔くんの回想でフラッシュバックする、暖かい、もう居ない家族たち…彼らのお手手が彼にずっとくっついていたことで、記憶とトラウマに蓋をする”くさび”になっていたんだと思います。
デストロさんの猛攻で、そのお手手たちが弔くんからどんどん剥がれ落ちていって…虚ろな瞳で立ち上がった弔くんの次のセリフは!?
うおー!すんごいワクワクする引きだ!!


火の丸

横綱とは神である。神とは横綱である。の刃皇さんが問う「君はどんな神になる?」
これは、今の火の丸さんが(この瞬間の気迫だけでも)横綱級だと認めて全力で相手をしているからこそのセリフなのかな…。
「○○の相」といった固有技ではなくて、リアルでも存在するたった二種類しかない、横綱の土俵入りの型である「雲龍型」と「不知火型」がぶつかりあうのは、原点にして頂点!という感じがしてすばらしい。アツい。灼熱!
今週の話で経過した作中時間は10~20秒程度か…魅せるなぁ。
ラスボス戦だろうし、贅沢にページ使ってくれるのが嬉しいです。


アクタ

now loading…かわいい。

「今の一瞬で実質職を失いました」の天知さん、顔がFXで有り金全部溶かした人みたいになってるww
今週の天知さんは「この人に任せていてはダメだ」「人を小馬鹿にしている気すらする」とか散々言われてて面白いです。
不敵に暗躍していた頃の只者じゃないオーラはどこへ…。


SPYxFAMILY(読み切り)

これ!!いつもジャンプ+で読んでるんですけど無料とは思えないくらい面白い漫画です!
雰囲気いいなぁと思った方はぜひジャンプ+で読んで見てください。というかジャンプ+ユーザーの方はだいたい読んでるんじゃないかとも思いますが。
ジャンプ+初インストールの方は、初回なら第一話から最新話までそのまま無制限で読めるはずなので、ぜひ。


チェンソーマン

あっ、日常回だ。
デンジくんとパワーちゃん、ジャンプ漫画なのにコロコロ読むなしwwこの二人は精神年齢的にジャンプよりもコロコロなのか…。わりと熱心に読んでるなぁ。仲良さげなのがほほえましい。パワ子!

アキ君の奥の手だった”カース”は使用した代償として寿命を貰う系でしたか。それならたしかにリスクあるなぁ…。身体の一部、とかじゃなくてそういうのもアリなのね。
寿命を支払ったわりには敵にトドメすら刺せなかったのはだいぶ損してますよねアキ君…。
 
新キャラの先生はどっかの回想で出てましたよね。口周りの縫い目とか見覚えある。
マキマさんが「じゃあ後はよろしく」って言ってぷいってどっか行っちゃうのちょっと面白い。
さすがのマキマさんもこの先生のこと苦手気味なのではないかという感じがするw

「お前たち、100点だ」は皮肉なのか本気なのか…。現時点では皮肉っぽいですが「頭おかしくないとデビルハンターとしてやっていけない」って話もあったし、半分は本気かもしれない。
伸び代とか、育てがいとかで言うと、確かに100点だよなあと思う。
デンジ君もパワ子も、ソシャゲで言うとレアリティ高くて最大強化すれば強いはずなのにぜんぜんレベル上がってないような感じするもん。


忍スクワッド

今週は本筋とは関係ないところで色々ジワりました
1PBなんて動画と画像じゃないといかないだろ、どうやってアウトプットするんだ、というのは野暮な話か…。
セレブキラー(物理)はツッコミどころなのか…?本気で言ってるのか…?どちらにせよ本来そういう意味じゃないと思うぞ!
あと、「最高に冷めるじゃん?」て言ってるボスに対してしれっと「熱くなってるところすみません」っていう部下、わりとぶっこんでますよねww


呪術

ああー情報量が多い…!
五条先生、いまの一人称は「僕」だけど、昔は「俺」だった。夏油さんから「僕」にしたらどうだ?って
これからどんな事件があって今の五条先生に至ったのか…どれだけのことが起こってしまうのか!!

天元様は、「500年に一度書き換えることになってる」ってことはそういうマニュアルがあって、少なくとも1000年以上やってるってことですよね…。呪術師界隈の歴史どんだけ深いんだ…。

伏黒と名乗った悪そうな人は、伏黒さんの父ですね。
五条先生をして「僕が引くほどのろくでなし」って言われてた人ですよね…。もともと養子にだしていた伏黒さんを駒として借金のカタに?呼び戻したとかなんとかだっけ?(うろ覚え)


ふたりの太星

おお!今週すごい面白い!急に将棋漫画になった!
…あれ!? 将棋漫画とは!!?
いや、ほんとにそう思ったんです。「将棋漫画になった!!」って。これ元々将棋漫画だと思ってたんだけど、将棋漫画の皮を被った別ジャンルだったんだと思う。
なんか、今まで「将棋漫画だと期待して読んでいるのに、なんかしっくりはまってこない」という感覚があったのは実際のところは将棋漫画じゃなかったからなんだと思う。とにかく今週はなんかこれまでモヤモヤよくわからなかったのがハッとした感じでした。


髪を結い

こっちはこっちでハッキリ路線変更してる感。完全に妖怪バトル漫画と化した!
次回!
日頃の自分磨きが実を結んで異能力に目覚めた鍵斗さんの新必殺技が炸裂!
魔界編に突入するぞ!ぜってぇ見てくれよな!


ワールドトリガー(ジャンプSQ)


タップして開く

第180話「里見一馬」

里見さんのウヒョって感じの顔、どっかで見たことある気がするんだけど誰なんだ…。
これワートリじゃなかったら味方と思わせて実はスパイでいつか裏切る系のキャラっぽい種類の顔なんですよ。なんかそんな感じがするんだけど。
でもこれはワートリだから特に何もなくて、里見さんは普通にいい人なんだ。

背の高い男子の後頭部x2は草壁隊のチームメイトかな?
メンズ3人を従えるオペ隊長のキャラがますます気になる。

第181話「弓場拓磨」

帯島ちゃんがどういう経緯でボーイッシュな感じになったのか非常にきになるのであります!!
例のごとくトリガーのBBF読んだら弓場さんの家族構成欄では弟と妹がいて、帯島ちゃんは兄が二人いて…うわー、わかる!!確かにそれっぽい!生い立ちまで想像が及ぶぅ!!と思いました。
弓場隊に来る前からボーイッシュだったのか? 入隊してからオッスな感じになったのか!?
でも、弓場さんは帯島ちゃんのことを普通に女の子扱いしてるし、むしろ間違えたら怒るので、彼が「ウチでやるならシャキッと気合いいれろ」って強制したわけではないはずなんですよね。
チーム内の模擬戦で、弓場さんがタイマンで手を抜いてくるから自分を女性として意識させないようにしたのでは? その後距離が近くなったけど逆に帯島ちゃんの中で彼に対して乙女は目覚めてるのか? など無限に妄想できてしまうんですけど。
なんにせよ性癖に刺さるキャラデザでした。ありがとうございます。もちろん弓場さんも素敵ですけども…。

ユーマの新技は相変わらず発想が柔軟で、それアリなのかあ!なるほどやられた!と納得させられる出来。
からの、弓場さんの早撃ちも迫力ある!
チカちゃんみたいな広範囲超火力ではないにせよ、適切な高火力を適切に集中砲火するという強さ。タイマン最強(他薦)は伊達じゃない…! でも弓場さんはちょっと伊達男だと思うよ。
あんなツッパリ系でありつつも、他のボーダー隊員から「弓場ちゃん」でちゃん付けで呼ばれてるあたりも面白い。
第一印象、一瞬だけ怖いけどめっちゃくちゃ面倒見の良さが溢れてるもんなぁ…。帯島ァ!空閑ァ!コラァ!



今週は以上ですヾ(‘ω’)ノウォー!!
次号は月曜祝日のため、土曜発売!!

関連タグ
関連記事
焦凍だけで来てほしかった! 週刊少年ジャンプ 2019年42号 感想
ララ〜ラ ラララ〜 ラララ〜ラ〜ラララ ララ〜 週刊少年ジャンプ 2019年41号 感想

4 件のコメント

    • 1
    • カオス
    • 2019/07/10 10:29

    ワンピースの扉絵連載でベッジたちビッグマムから逃げ切れた事が分かりましたね。これからも物語に絡んでくるのでしょうかね?

    • 2
    • ななしさん
    • 2019/07/10 15:25

    モンキーターンの青島ちゃんが大好きだった自分は、帯島ちゃんの今後の活躍にすごく期待してます。

    • 3
    • 浅葱
    • 2019/07/11 10:41

    髪を結いは連載当初は…あれ、今回妖怪の類出てこないの?
    まさかの路線変更!?ていうかスケバンって単語ちょっと古…って思っていたんですが、
    遂に作者の細かすぎる作画の異形というか妖怪的な雰囲気本領発揮かなって。
    ここ最近掲載順が心配ですが、ぬらりひょんの孫からのお兄ちゃん出張とか話に違和感はありますがそれ自体は好ましいのでもっと続いてほしい。
    季語の話も好きだったし、タイトル思い出せないけど短パン少年の読み切り…もよかったですよね。

    • 4
    • ユーリ
    • 2019/07/11 21:36

    コメントありがとうございます〜!
     
    >カオスさん
    ワンピの扉絵スルーしちゃってました…そうか、ベッジさんだったのかこれは!
    地味に好きなので嬉しいです(´∀`*)
    扉絵でその後の同行が描かれたキャラはほぼ再登場してますし(エネル以外)、便利キャラなので絡んできそうですね〜
     
    >>2さん
    ちょっと世代が違うながら、こんな褐色ショートヘアのキャラがいたとは!昔から一定の需要があるのですね…。
    ユーマとフラグが立つかは気になりますが、その前に帯島ちゃんと弓場さんとの関係性をもっとみてみたいですね〜
     
    >浅葱さん
    椎橋先生はリアルで妖怪に取り憑かれてるので、何を描いても最終的には妖怪に回帰するのかもしれませんね…。
    その路線ならその路線で強みを発揮できるはずだとは思うのですが、担当さんからの助言とか大人の事情的なこともあるんじゃないかと思います(´-`;)

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)