other

その正義を否定しよう 週刊少年ジャンプ 2020年28号 感想

じゃんぷよ!


あやかしトライアングル(新連載)

うわー! TSモノかー!
そういえば矢吹先生のこの前の読み切りがそういう設定だった気がする。
 
わたしはTSモノにクチうるさいTS警察なので、まず昨日まで男子だった子がいきなりそんな女子の制服を平気で着れるか?ってとこが気になったな…。
TS2日目で女友達に素肌さらすのも平然とムネ触るのも、自分の身体に無頓着すぎるような。
もうちょっと新しい身体に対して恥じらいと戸惑いを感じながら、恐る恐る接するべきだと思いますなぁ!!!
 
なので、アグラビティのクリスくんとかは(TSしてないけど)そういうリアクション芸的な意味ですごい「わかってる感」あるんですけど、祭里くんちゃんのTS後ムーブはなんか違和感あったので、ウーン様子見という感じです。あくまでわたしの好みの問題なんですけど。
でも2話目以降でそのへん軌道修正してくれたら手のひらクルクルします!!
TS要素は一旦忘れて女主人公モノとして、主人公が毎回えっちなとらぶるに逢うジャンルの漫画として見るならいけそう…けど、ジャンプでそれやるには尖りすぎてるかw

おなかに淫紋ついてるのは、状況によって男←→女で流転するパターンでしょうか!
女子制服着て学校いったのは、着たまま男の子に戻っちゃって恥ずかしがる布石ですね…? あ、それはいいですね…ぜひよろしくお願いします。
ていうか男の子verの祭里くん、既にふつうにかわいいのでそっちの需要もあると思うんですけど??


ワンピ

モモの助くんは「おでんの息子なのに」て散々言われてるから、なにか名誉挽回の見せ場がありそうな予感! 腐っても能力者ですし、実はいま最も敵のふところに潜り込んでる味方ですから。

マムさんはチョッパーたちと過ごした時間の記憶をすっぱり忘れてしまったのか(;∀;)悲しい…。なんかのショックでまた無害マムさんに戻って欲しい。マムさんちょっとそのへんで頭ぶつけてくれないでしょうか。

本編後の次ページにある年表、ひじょうにたすかる〜!
錦えもんさんが登場したのって66巻のときだったんですか。いま96巻まで発売されてるからめっちゃ昔じゃん…。ワノ国編はどんどん敵キャラ増えてるしまだまだ続きそうな予感がします。収拾つくのか…?
でも話数にこだわりのある尾田先生のことだから、1000話の節目にはなにかとんでもない展開を用意してるんじゃないかと思います。今週で982話だから、今年中にはそれが見れるかな?(休載が多くなければ…)


ヒロアカ

個性「サーチ」に追跡データが残ってたって…!?
そんなUSBメモリみたいにセーブデータごと移植できるんすかふしぎ! おもっきり”データ”って言ってるし。
たとえば物間くんの個性一時コピーとかもにも適用されそうな話ですね。
 
今週のかっちゃん、めっちゃテンション高いし俺がやるぞ俺がやるぞ感がバリバリでていてもう、カッチャン!!!て感じで大変よいです…。
「何でついてきてくれたの!?」
「ブッ飛ばすぞ!!」
の会話成立してなさw
デクくんに自分はくらいついている(・・・・・・・・)という言い方から、デクくんの強さと成長速度とても認めているし…。認めまくっている!! その上で態度悪いんだけどw

そして相澤先生が現着!!
決めゴマイケメンすぎる!!が!!死柄木さん、ゴソ…って。ポッケに手ぇ突っ込みましたね……。あの……彼のポッケには個性消失弾が入ってますよね……。
ちょっと……やめてよ……やな予感しかしませんよ……。予定調和ではあるけどさ。゚(゚´-`゚)゜。


ネバラン

お、おわた…! 出水ぽすか先生、白井カイウ先生、おつかれさまでした。
 
いやこいつはエマだよ、こんな個性的なアホ毛は他にいない!
首の数字と記憶は消えたけど、顔はそのままなのはある意味やさしさだったのかな。他の家族が諦めずに探せばいつか見つかるだろうし。
首の数字が消されずにそのままだったら「仲間だ!」ってすぐわかるけど、そんな証拠がなくても気持ちが通じ合うのが大事なポイントなのでしょう。
彼らの再会劇を見たらさんは何を思うのか、というか結局どういう存在なのか知りたかった…。

鬼滅が終わって久しいのに、ある程度ながく連載されていた漫画がまた誌面を去るのは寂しさがあります。
でも中堅に位置していた漫画…アンデラ、呪術、チェンソーなどが最近もりもり面白くなってるので、最近のジャンプのラインナップはほんと強いなぁ。世代交代が進みつつあるのか。


モリキング

やったあ、王香ちゃんの捕食シーンだぁ!!
常識人枠だったけど、徐々に食いしん坊キャラが顔を出していくんでしょうかw
 
みなさんお分かりだとは思いますが、ブラテラ・ゲルマニカはラテン語の学名で、日本名はチャバネゴキブリ…だそうです!!
 
だけど待ってほしい。Gが忌み嫌われるのはあの動く触覚と黒光りするそこそこ大きなサイズ、そして繁殖力…なので光くんはかわいいしGのキモ成分はぜんぜん持ってないし何の問題もないでしょ!!
いや、むしろ光くんが繁殖するシーンは見たいですよね? そのうち増殖する特殊能力とか出てきそう。でもあえて繁殖って言ってくれないでしょうか。


Dr.STONE

ルーナちゃん、お尻が割れている!
 
そっか遠くからスナイプか…ポジションについて隠れてたら武力制圧も難しそう。ワートリ読んでたからスナイパーの怖さとステルス能力の高さはよく知っているぞ!
遠くからスコープでじっくり観察してたら、指なんてささなくても、こいつ科学のリーダーじゃね?ってわかりそうな気もします。だって千空さん、首元にめっちゃでかく「E=mc2」て書いてあるんだもん!!


アンデラ

今週もおもしろすぎりゅ!!!!!
ジュイスさん、かっこよすぎる!!


見所も情報量も多すぎて何回読んでも発見があります…。
コマの隅に映ってるメンバーそれぞれの仕草までこだわって描かれてるし(例えばニコさんとフィルくんが星空を見上げながら手をつないでいたり、ワープさせられた時にさりげなく風子ちゃんをお姫様だっこするアンディさんがマジイケメンだったり、一心さんが着地失敗してたり)
こういう細部までに魂が宿ってる感じの積み重ねがコアなファンを生むんだろうなぁ。
 
(ことわり)追加による世界改変の規模も説明のスピード感もスゴイ。
このあたりは「世界五分前仮説」でググるとわかりやすい解説を得られると思います。
世界がシミュレーション上に成り立っているならば色々と辻褄が合うのもある。
 
宇宙人と普通に会話できるのも「世界言語統一」が成されたからで…もう色々と抜かりない。特に説明ないまま宇宙人と会話できてるよりも説得力あるし。

そんでキャラもカッコイイから隙がないんですよ!
「この星の代表はいるか」
「私だ」
即答!!!即答ですよジュイスさん!!
その質問に即答できるひとはそうそう居ないですよ。
しかもめっちゃ美人だし…。今週だけでファンアートがすごい勢いで増えそうな予感です。

で、こんなに情報量が多いのに「RAGNAROK」という大設定まで出てくるのヤバイでしょ!
今週のアンデラ、2話載ってたんじゃないかってレベル。ページの密度において他の追随を許さない漫画です。戸塚先生の引き出しどうなってんの?

それから流れるように始まる「11人目編」。
不治<アンリペア>と不死<アンデッド>がぶつかったらどうなるんですかね?
絶対治らないvs絶対死なないって、ひらたく言えば矛盾じゃないですか。否定と否定がぶつかりあってホコタテ状態になったら何が起こるんでしょうか。
どちらかが優先されるとしたら、それはなぜ優先されるのか。否定に序列はあるのか…など興味が尽きません…。
理が1~100まであるなら数が少ない初期ルールのほうが優先されそうだし、その中でも”死”はけっこう最初に追加されたんじゃないですかね?


ボンコレ

アクションゲームのボスみたいな体内構造してるキャラ…。
べぇちゃんさんに初対面なので第一声が「べぇちゃんさんこんにちは!!」のカザミくん、大変礼儀ただしくて好感が持てる〜!

べぇちゃんさん、最後のページ見るとどうやら女性っぽい?
雲母坂先生は、男キャラ(しかもけっこういかつい)だと思わせておいて女性だとか、ロリババアだとか、キャラの変化球が多くてなかなか性癖こじれてる感あっていいですね…あと雲母坂(きららざか)(しゅん)ってペンネーム?めちゃくちゃオシャレネーム!!


チェンソー

早川家、いまどきスマホじゃなくて黒電話なの!?
けっきょく同行してしまうアキ先輩…。゚(゚つ-`゚)゜。
 
第一巻の時からずっと示されていた大目標「銃の悪魔」の正体というか現状は、思ったよりリアル感あった。まさに核兵器みたいな存在!
まああんな規模の破壊が可能な存在なんて野放しにしてたら悠長じゃいられないし、世界のどこかに知る人ぞ知る最強能力者が居たり、正真正銘の有事の時だけ動く部隊があったりするんですね…。
 
銃の悪魔はずーっとこの漫画の仮のラスボスみたいな位置付けだったから、いよいよ局面が変わってきた感じ。どうなるのか全然読めません。
人気投票一位のパワーちゃんがしぬわけないだろお! と言いたいところですがタツキ先生は前作で人気キャラをあっさり退場させたし、死ぬコースもぜんぜんありえますね。コワイ…(;-;)


タイパラ

藍野ちゃんがかわいい上に人間が出来すぎてる…ふつうに社交的だし、なんで引きこもってたんですかキミは!
トレースも試したけどだめだったんか佐々木…でもがんばってた…。
 
職場の机の中に未来ジャンプが仕舞われているのは物騒だなぁ。これはいつか見つかってバレるフラグじゃないでしょうか。
こんなに天使で良い子な藍野ちゃんを実は騙していたと発覚したとき、彼女がどんな反応するのか見たい!
 
ジャンプ漫画の単行本は1巻に載る話数がだいたい7話なので、次の6話目か7話目で展開を大きく動かしてくるんじゃないかと予想してます。


マッシュル

ランスさん!! フクロウをフクロウさんって呼ぶだけでこんなにかわいくなるキャラいる?
やってることは至極まともだし本人は至って真面目だけど「フクロウさん」呼びだけでなんかもう全てがかわいいなww
あと「シュリケス」の申し訳程度のひねり感ネーミング、なんだかじわるので好みです。


呪術

パパ黒さん、まさかの味方!?
「一番強いやつをオート追尾」の特性が気になるところです。だってダゴンさんを片付けたらこっち来ますよね?
ダゴンさんいなくなったら領域が消失するだろうから、索敵範囲の広さ次第か。こっちに強いヤツイル!!て言いながら壁にゴリゴリぶつかって進んだりするんですか…?


アグラビティ

まさる、久美子、カルロス、誰なんだ…
押忍とメスとか小ネタが効いてるw
 
モニカさん、何でも信じちゃう子だったんか(つ∀`)素直すぎてかわいい。
「男性は全く信用していません!」てのもむかし人を信用しすぎて痛い目みたのでしょうね。でも男女判定がガバだとあんま意味ないね…。

今週はクリスくんが錯乱のあまりか「わんわんお風呂スプラッシュ」やら「二つの意味でキンタマ野郎」やら普段のクリスくんらしからぬセリフが飛び出してて笑いました
あとババさんのことを「い、いや彼はそんな悪い奴ではない気が」てw断言できないんかww


夜桜さん

最近すこし目が滑りがちだったのですが、まじめに読んだら
「なんかすっごい下劣な気配がした」
シオンルーペ「尻に敷いても割れない」など小ネタが面白かったです
文字みたいに見える水しぶき、めっちゃ粘り気ありそう。


ミタマ

ボーダーさんの語尾、だいぶうっとおしいなw
ポポキさん、いまのところ素早くてを訴えてるだけなのであんまり害がなさそうでは…?
み…み…で何かを伝えようとしているけど、恥ずかしくてうまく言えないシャイなだけな霊だったりしませんか!

つるん先生の真骨頂、出オチ!!
最後のコマは編集さんのアオリ「手に入れし新たな力!!」が迫真すぎて画面をよりカオスにしており、よかったです。


アクタージュ

「12人かな」…殺った人数の話ですか??
夜凪さん、目つきが明らかにいままで違う…。演技に溺れすぎて自分を失うフラグじゃないですか?
ライバル女優さんたちがドン引きするくらいヤバ天才な夜凪さんですが、環さんだけは同じように才能の塊でグイグイくるのはキャラ立てがほんとうまい
前半で無敵感すごかった夜凪さんもさすがにムッと来て「無理だと思う」なんて言っちゃうのも絡ませかたがうまい
この漫画のキャラたちは誰も彼も濃ゆいから見てて楽しいですわ…


魔女

冒頭の「海って初めて見た!」の時点で、テコ入れ水着回かな?って思ったのに誰も脱がなかった…。話の展開的に、テコ入れする気配も畳みに入ってる気配もないんですけど大丈夫なんでしょうか
最後のページの「何…アレ…!?」で爆笑してしまったwwほんとうに何アレだよ


今週は以上です!ウォー!

関連タグ
関連記事
開けちゃダメだ 週刊少年ジャンプ 2020年31号 感想
頭が高いな 週刊少年ジャンプ 2020年30号 感想
  • TOPへ戻る

3 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/06/17 15:46

    感想いつも楽しませていただいてます!
    アクタージュ、あの時の強気な夜凪ちゃんも何者かを演じていたのかなって感じました。普段の夜凪ちゃんと雰囲気違いましたしね

    • 2
    • ななしさん
    • 2020/06/18 00:13

    クリスくんがジェナダイバージョン使う展開はいつ来ますか…?
    あ、来ない…そうですか…

    • 3
    • ユーリ
    • 2020/06/18 23:01

    コメントありがとうございますー!
     
    >>1さん
    た、たしかに言われてみれば…!
    性格がころころ変わって、どれが本物か(本人に言わせればどれも本物)わからなくなっちゃう兆候は既にでてそうですね…
     
    >>2さん
    ジェナダイ再登場は、あると思います!!
    なぜなら、数話ほど前に作中でもう一度名前がでていたので。中村先生は次の展開に向けた布石や伏線をかなり丁寧に張るお方なので、意味もなく名前を再登場させないんじゃないかと。でも、クリスくんが使うかはわかんないですね(つ∀`)

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)