other

待て!待ってくれ頼む!! 週刊少年ジャンプ 2020年21・22合併号 感想

延期されてたじゃんぷよ! 久々!
なお次も2週間後の模様


ボーンコレクション(新連載)

ヒロインを前面に押し出した作品だ! 読み切り版が印象に残ってたので覚えてました。
この漫画が成功するかどうか、全ては白羅(ぱいら)さんのキャラがどれだけ魅力的かにかかっている…!
一点突破型だけど、当たれば大きいので良い売り方と思います!
 
2019年の39号で読み切り版が読めるのですが、読み返してみたらぜんぜん設定が変わっててびっくりしました。
まず白羅さんの顔とおっぱいは同じだけど服がちがうし、口調は仰々しくなかったし(一人称が「(わらわ)」じゃなくて「私」だった)、主人公のカザミくんともっとべたべたしてたし、陰陽師って設定も無かったし、りのちゃんもいなかった。
キャラの見た目が同じだけであとは別モノだったので、連載に向けてかなり色々変更を加えたっぽい!
電子版などで読み返せる方は、読み切り版もみると比較できて面白いですよ!ぜひ!


鬼滅の刃

ああ〜〜よかった……。
よかったよかった…….。

柱のみなさんの手が炭治郎くんを持ち上げるシーン、感動して泣くよりも前に「えっ!? こんなにしんだ!?!?」って思っちゃった。そうだよね、振り返れば犠牲だらけの戦いだった…。
悲鳴嶼さんのムキムキの腕が、さいしょ宇随さんの腕かと思って、えっ死にましたっけ!?てびっくりしました。死んでません。
 
鬼滅はあまりにも売れてるから、先週までの展開は「えっ! 引き延ばし路線!?」て心配してましたが、今週は綺麗に畳みにいってくれたからなんか安心した…(終わるならそれも寂しいけど)

無惨様にただ物理的に勝つんじゃなくて、精神的にも勝利するための一時の鬼化だった。
勝手に「想いを託したぞ」なんて言われても「いや知らんがな」ってポイすることで完全勝利ってわけですね。

無惨様さいごは恥を晒しまくってて、哀れで、無様で、これまで散々悪行三昧した報いをちゃんと受けてて(今週だけで精算できてるかは置いといて)因果応報すっきりしましたよ…。

おまえ炭治郎くんの名前気安く呼ぶんじゃねえよそんな仲じゃないだろが!って思ったけどめちゃくちゃ無視されてたのがよかったです。
でも、無惨様が鬼化させたおかげで生き返ったのだけはグッジョブなんですよね。(それもヤツにとっては不本意であろう所がまたナイス)
  
次号クライマックスって書いてあるけど、え…ほんとに終わるの…? 人気絶頂のうちに畳めれば伝説になるけど、ほんとうに商業的に許されるのか…?? 今度は別の心配が浮上して違う意味でハラハラ(´-`;)
大団円の話、何話くらいやるんでしょう。後日談はじっくり1巻ぶんくらいやってほしいです。


ワンピ

錦えもんさんがフクフクの実の能力者って今のいままで忘れてました。お洋服つくれるんでしたっけ? 便利ね…。え、便利以外あるの!? 戦闘むいてなさそう。
ドアドア並にわからん能力ですけど、実は意外に強い技もってたりしたらアツい。

飛び六砲さん、ワンピのキャラのなかではイロモノ少なくていい感じでは。
うるティちゃんが人気出そうですが、わたしはブラックマリアさん派です!


モリキング

パパママのキャラ立たせつつ丁寧な回だ…。
家族の一員になる経緯を雑に処理せず1話つかって大変丁寧だ…。

今回はギャグひかえめなほっこり回な印象でした。1話が超展開すぎてギャグマンガだと思ってたけど、ジャンルに囚われない心温まるストーリーで行くのかな?
青春兵器の時も謎の感動エピソードとかあった気がしますし。他の昆虫キングの登場も楽しみです。長谷川先生は好感度高くて濃ゆいキャラ作るのほんとうまいし、そこに関して抜群の信頼を置いてる!!
 
それにしてもお姉ちゃんが高1で弟が小3ってだいぶ離れてるよな…。と思ったけどパパママめっちゃラブラブだったもんな…(下世話


DrSTONE

アメリカ大陸、生きてる人いるかと思ってたけどそうでもなかった。全人類救うのは本当に彼らの役目なんだね。
千空さんは「全人類78億人」って言ってますが、これはまさにほぼいま現在のリアル数値ですね。(たしか作中の全人類石化が2019年)
わたしが学生のころ社会の授業で習った時は、もっと世界人口が少なかったと記憶してるんですが…。人類の増えるスピードやばいな。

で、本編のほうもスピード感ありすぎてそうはならんやろってレベルやん!?
コーン発見まで2~3週かかると思ってたけど。来週にはコーン量産体制に入ってそう。


ヒロアカ

ミルコさんが戦線離脱したことで生存ルートっぽいのはよかったけど、傷が痛々しい…堀越先生はこういう痛いシーンも喜んで描いてるよね。青少年の性癖を積極的に歪めにいってませんか? いいぞ!
 
ここ数週、死柄木さんが起きなくて涙目と顔芸を繰り返してるドクターがそろそろ可哀想になってきます。メタ的に考えて死柄木さんが起きないわけないでしょが!
 
ドクターは格が落ち続けてるし役目も追えつつあるので、死柄木さんが起きた瞬間まわりに居る者すべて塵に返すついでに巻き添え退場しそうな予感も。
そう考えると、最奥部まで来てるマイクさんはフラグ的にヤバいのでは…。相澤先生から「頼むわ」って言われたのが最後の会話になったりしませんよね…?


チェンソー

クァンシさん生首になってて、しんだと思ったら生きてた。人外だった…ハイパー人外大バトルになってるよ〜!
 
タツキ先生の性癖「再生能力を持ったお姉さんが、いったん生首にされてから全身再生したら服がないので全裸」
これ、なかなかマニアックで業が深そうですね…。今回がはじめてじゃなくて、ファイアパンチでも同じことやってんですよ。もうそういう趣味で間違いないし言い逃れできないぞ!
全裸のお姉さんが欠損しまくりからの再生しまくりがタツキ先生の性癖。まちがいない。
 
吉田ヒロフミさんと岸辺さんの会話シーン。
吉田さん高校生だったの? みえない……色気ありすぎるぞ、高校生にしては。
「マキマは下等生物の耳を借りる」な、なるほど…。そういえばネズミが集まってマキマさんになったシーンありましたね。
ネズミに限らず鳥もOKとなると…? うーん、わからん。遠隔ひねりつぶしアタックと下等生物の繋がりがまずわからん! あの遠隔で破裂させる能力が謎すぎますマキマさん。


マッシュル

先週ようわからんキャラだったドットさんの好感度が一気に上がった回。
そんで次はマッシュさんのターン。ちゃんと主人公してる!

マッシュル、いろいろ荒削りなんですけどきっちりキメるとこはキメてるし、いろいろ削ぎ落としてもいちばん必要な芯だけちゃんと残してて、シンプルに読みやすい漫画なんだよな…。
キャラの好感度稼いだあとにギャグ回やったりする構成も実は上手いんだよな…。
そんでよく見直すとふつうに絵が見やすいし、連載開始時よりも確実に画力上がってるんだよな…。
もしかしてほんとにこれ、化けそうでは…?
 

アクタージュ

アリサさんかっこよすぎか…ほんといいキャラだわ…(;∀;)アリサ様って呼んでいいですか…。
初期にもCMの収録やエキストラの仕事で理想が暴走して現場と衝突するシーンあったけど、その時とは規模も周りの目も違う。
いまの夜凪さんは自分を貫いても許されるだけの実力を持っているし、それを厳しくも暖かい目でサポートしてくれる大物プロデューサーもいる。
夜凪さんの空気読めないぶりも原点回帰感してるんだけど、状況の違いから新たな道を切り拓いてて大変面白いです…!
 
回想で言ってた「ほっぺが痛くなる」ってのはつまり、無理やり笑っている。我慢しているってことなんですよね。
アリサさんはその言葉にずっとどこか心を痛めていて、いまこそ夜凪さんに「あの時自分がやれなかったサポート」をかけているのですね。
アリサさん自身、過去の自分と向き合ってるんだなぁ…いいなぁ…。


呪術

壁から水が噴出してるの、とてもアニメ映えしそうだ…! わたしが漫画家だったら描くの大変そうで絶対こんな舞台は用意できないな。尊敬するわ…。
 
勝てる! と思ったらだめなんだよね。トドメ刺してから「勝った!」て言わないと。ワートリでもジョジョでも言われてますけど。
芥見先生はバトル時の心理状態ちゃんと考えて描いてると思うので、虎杖さんの甘さはわざとそうしたんじゃないかな…。
主人公だけは甘くても許されるんだよ。主人公だから。でも、容赦ない主人公も好きだよ!
 
わたしは人間の臓器に明るくないので「肝臓を貫かれた」がどの程度ヤバイのかわかりませんが、虎杖さんは体内に宿儺さんを飼ってるので致命傷受けた時は助けてもらえそうではある。
能力的に自分で治癒もできるようになったら強いと思うし、その伏線も張られてますけど、自己再生能力を身に付けたら人外へ一歩足を踏み出す感じもします。なろうぜ、人外!


ブラクロ

ラックくんの「アイツはその程度のヤツだった」のセリフと表情は意外だったけど、彼なりに発破かけてたんだよね。
こっからラックくんがピンチになった所に覚醒したマグナさんが救援に来たらめちゃアツいと思う〜!って思ってたらラックくんサクッと勝っちゃいました。マグナさんは!?見せ場は!?
敵の皮膚オネエのひと、すんごいよく喋ってた…ラックくんが喋らんからほとんど独り言だったじゃん! アニメ化したらたぶんシュール。


ミタマ

「私のお母さんでもあるの…?」「お母さん仕掛ける」がおもしろかった。
ハゼレナママのお母さん(ハゼレナのおばあちゃん)はあんなにサザエさんみたいな髪型してたのに、そこからこんなバリキャリが生まれるとは。
そんでハゼレナパパはセキュ霊ティだったのか…。「そもそもハゼレナちゃんの行列がなぜ発生したか」を掘り下げる話になる? それって話の縦軸じゃん!それやったら終わりそうになるからやめとこ!
 
ミタマさんが「娘さんの背後霊が暴走した時は迅速に対処します。もはやその心配はなさそうだけど」って付け加えたのが、ささやかなセリフながらなんか嬉しくなりました。


アンデラ

「しょうがねえ捕獲じゃなくさっさところすぞ」
「ダメですよクエスト失敗になります!」
…モンハンかな?
捕獲ってどうしたら捕獲になるんだろう。UMAを捕縛する方法なんてあるんでしょうか。それとも組織から携帯シビレ罠と捕獲用麻酔玉が支給されるんですか?
 
スポイルさん「我が生まれたことで追加された美しい生命の循環…」
あくまで自分のルールありがたいだろってスタンスなのいいね。そして、一理あると思う。
たとえば全ての人間に永遠の命があったら「世の中を便利に効率よくしよう」ってならないし、仕事も義務もなく、ただぼーっと植物みたいに生きるようになるかもしれない。

風子ちゃんが「幸せになりたい」と言いつつも死の概念は肯定しているところも、追加された理の上で培われた価値観なわけで。
ルールに縛られるからこそ、生命は進化するのです…。そう考えると、UMAの存在自体が一概に悪とは言えない。

ただ、現状で作中に存在するルールは我々に馴染みのある物理法則ばかりだし、これから追加される「銀河」もそうだし。「それでもいいじゃん」て思えるのは、我々がそれに慣れているからそう思うだけかも。
 
たとえば現実にいきなり聞いたこともない不便なルールが増えたら、ふざけんなってなります。
最近、地球にはルール「自粛」と、UMA「コロナ」が追加されたため、気軽に外に出れなくなりました。これまで当たり前だったことが当たり前じゃなくなるって、やっぱりめんどいし苦しい。
でも、それに合わせて人類はテレワークとか対抗手段を作るんだ。それが進化ってものなんだ…。いやちょっと違うか。UMAコロナは早く討伐されてください。


アグラビティ

掲載順が…!
タイムマシン作るために情報収集してるって忘れそうになってました。ネットごしで素性を偽るのはよくないけど。気持ちはわかるな…。ネットだと自分の見せたい自分だけを見せることができるし、それが肯定されたら癖になっちゃうから。
 
でも、顔写真を勝手につかわれたクリスくんはかわいそうだし、ゲラルトさんは反省すべき。(お仕置きフラグは既に立ってるけど)
次週、遠征してきたモニカさんとばったり会って、顔バレしてるクリスくんが仕方なく女の子のフリをするやつですね。わかってんだぞ! わたしは詳しいんだ!
 


今週は以上です!
この次は5/11発売。連続で発売日が空いて、じゃんぷ成分が摂取できんくてつらい…しかしコロナで大変だから仕方なし。耐えましょう。

関連タグ
関連記事
死体が喋っている 週刊少年ジャンプ 2020年25号 感想
俺は信じるよ 絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ 週刊少年ジャンプ 2020年24号 感想
  • TOPへ戻る

5 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/04/29 06:51

    無惨様は最後まで読者を裏切らない小物っぷりを見せてくれて少し笑った

    • 2
    • ななしさん
    • 2020/04/29 08:52

    今週の鬼滅 無惨様が編集部で炭治郎が鬼滅って言われてて草だった

    • 3
    • ななしさん
    • 2020/04/29 16:48

    鬼滅はコミックスの話数的にあと1、2話なんですよね・・・
    新連載3つあるのに新連載が始まらない次の合併号が不穏です

    • 4
    • ユーリ
    • 2020/04/30 11:39

    鬼滅おわるとしたら、編集部に「待て!待ってくれ頼む!」って言われますねそりゃ(つ∀`)
    ここで話を一区切りつけつつも、第二部開始…くらいが良い落とし所なのかな…ワニ先生がどうしたいのか次第でしょうけど

    • 5
    • ななしさん
    • 2020/05/11 15:53

    マッシュルは単行本出たら買いますわ

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)