other

完全変態 週刊少年ジャンプ 2020年20号 感想

ロックダウンじゃんぷよ!!


モリキング(新連載)

やったぁぁ青春兵器の長谷川先生だーー!! 好きな先生なので嬉しいです!
絵柄の個性を残しつつ画力めっちゃ上がってる!

冒頭数コマのインパクトがすごい。続きが気にならない人いないでしょこんなん。
連載経験者だけあって、たいへん読みやすいです。ギャグ漫画特有の不条理で話が進行しつつも、登場人物みんないい子だからストレスないし!
モリキングさんが「迷惑だろうから」って一度はでていこうとしたり、翔太くんが「人間の都合を押し付けちゃダメだよね」と言うあたり、価値観しっかりしてていいですね…。

モリキングさんは存在がとても謎だけど、「数億年に一度生まれる存在」って言われたら、あっそうなんだあ数億年に一度ならそういうことあるかもねぇとしか言えねえ…あと顔が無駄にいいから大抵のボケをゴリ押せそうなとこがキャラとして強い。
だってモリキングさんが全裸でもぜんぜん変態って感じしないし、こんな細マッチョなイケメンの素肌なんて、むしろご褒美感が強いじゃないですか。そう思いますよね?
まあ完全変態したのはそうだけど、それは昆虫用語だからさ……。


ワンピ

錦えもん「ルフィ殿、事前に行動を確認したい」
ローさん「よせ錦、あいつらに作戦なんて与えるだけ無駄だろ」
だいぶひどいですね!? と思ったけど、このくらい言ってもバチ当たらない程度には散々振り回されてるんですよね、ローさん(つ∀`)

キッド海賊団の「よくもキラーさんを明るい人にしてくれたな!」って嬉しそうなのいいな〜 ファッファッファッて笑い方が海賊団のトレードマークになりそう。


DrSTONE

GPS(手動)だったのかw
まぁGlobal Positioning Systemの略ですから。グローバルにポジショニングできるシステムなんだからGPSって呼んでいいのか。いいのか…?
方解石のフシギは初めて知りました。クロムくんが時々千空さんも唸るほど有能なの大変よいですわ。いつか彼を超える科学使いになるのかな…。
 
そんで航海の過程がざっくり省かれた!
1ヶ月以上も船の上にいたらみんな髪パッサパサで男性陣はひげぼーぼーになりそうですけど、そこはまあ漫画だから…。だとしてもみんな小綺麗すぎるけどな!


鬼滅

回想内でしのぶさんが珠世さんを人間扱いしてたとこがとてもよかったね…。
あと、ここんとこ数話の義勇さんめちゃくちゃよく喋るじゃ〜んてなってる(モノローグだけど)
 
愈史郎くん「無惨め…! 死んで尚これほど他人に不快感を味わわせるとは」
ほんとそれだよ!! ここまで一言一句同意できるけど身も蓋もない無惨様評価を作中人物に言われるとは思わんかったけど! このセリフは愈史郎くんにしか言えないな。
無惨様は最初から最後までガチで迷惑な生き物だったけど、まさか終わった後まで迷惑だとはホント斜め上。
 
ねずこちゃんが炭治郎くんを制止し、耐えるとこまではみんなの予想通りだったと思うけど、伊之助くんが「わーん!」てボカボカパンチするとこは若干ギャグが入ってたせいかちょっと緊張がほぐれる回でした。絶望感がちょっと緩和されたというか。
 
カナヲちゃんが人間に戻る薬を打ち込んでくれたし、なんとか人間に戻れてハッピーエンドになりそう…と安心しそうになってませんか?
ワニ先生ですよ?
油断してはいけません。こっから全員死亡コースも無いとはいえない。
わたしは知ってるんだぞ、最も恐ろしい鬼はワニ先生だって。
カナヲちゃん、この前片目潰れたけど、左右対称のがいいからもう片方も見えなくしよっかーくらいのノリで朱眼つかわせてますよ。
ただ刺してくるんじゃなくて、あえて安心させてから刺してくるのがワニ先生だからね!


ネバラン

トントン拍子に話が進んだ! ほぼレウウィスさんの思い通りって感じだけど。
レウウィスさんは王にはならんくても摂政はするべきだと思うよ。ムジカちゃんは象徴ポジションてことで。

展開的にとても終わりそうですけど、新連載と入れ替わる枠なのかな…?
人間界に渡るエンドか、鬼の世界で共存エンドかどうか気になってますが、たぶん共存エンドだと思ってます。
“約束”の履行を延期してたのは「もう食用児じゃないから無効」って展開をやるためだったのでは。
 
そういえばフィルパイセンはわりと有能キャラだったと思うんですけど、この状況下でおいしいとこ持ってく助っ人として颯爽登場するわけでもなく、普通におうちでお留守番してたんですね…。一周回っておもろい。ヒロインじゃん!


ブラクロ

「皮膚魔法」てつよそうではないけど字面だけでウフフ感ある!
わたし皮膚魔法つかえたら美肌になりたいわ。
しかし皮膚を硬くしたり柔らかくしたりできるので魔法攻撃無効って謎理論にもほどがあるw
  
にしてもスヴェンキンさんはオネエ口調だけど美意識あるのかないのかわからん。
おへそまわりのお毛毛とかちゃんと剃ってほしいと思うし、無駄毛を処理しないならオネエ口調で喋んなよって思うのは過激派でしょうか…。
ラックくんの雷魔法で全身脱毛されつつ衣服が弾け飛んでツルッツルになったらいいんじゃないかと思います。


呪術

扉絵、だんご三兄弟なつかしい。この脱力感はハンターっぽさある。
でも今の世代の子、だんご三兄弟わかるのか…? というかだんご三兄弟なつかしいって言ったら歳がバレるのでは…? まあいいか
 
血を操るお兄さん、アクションの鋭さや技のバリエーション、キャラの格やらまさに”強敵”って感じだ!
当たれば動き鈍る箇所や急所を的確に執拗に狙ってきてるし殺意高い感じします。怖い。
「戦いになったらまず足を狙って機動力を封じる」って合理的だしリアルよね…。
虎杖さんがフィジカルお化けで肉弾戦は敵ナシ、と思ってたのに普通に近接も渡り合ってくるし!
虎杖さんもはよ必殺技をうつべき。黒閃とかあるでしょ!


ヒロアカ

あれぇ!? 前回のホークスさんの元へ駆けつけた常闇くんのヒキ続きどうなったん!? しかしこっちサイドのバトルも面白いなぁ困るなぁ。

プロヒーローたちが全力で戦ってるのは頂上決戦感あってわくわくします。
エンデヴァーさん、ミルコさん、マイクさん、相澤先生なんて揃ってたら負ける気しないメンツ! なのにバイオ死柄木さんの得体のしれなさが不気味…。
この場にいるヒーローが全員蹴散らされたら絶望感やばそうです。このメンバーで勝てないなら誰も勝てなさそうだし。


アクタージュ

さつきちゃん、めっちゃプロだ…! ほんとに8歳!?
「主演はあくまでこの子」ってセリフは説得力あるし、CMってそういうもん。現場でのプロ意識の高さは芸歴長いだけある。
 
夜凪さんは戸惑ってるけど、実際の芸能界ってプライベートも気をつけなきゃいけないし、怪我するようなことできないのはその通りだと思う。
自分の顔を売って稼ぐ仕事でありながら、自分の自由意志が縛られそうで、実は窮屈なんだろうなぁ。
テレビに映ったらとんでもなく大勢の目の晒されるわけで、当然思わぬ批判も受けるようになるし、常人のメンタルじゃやっていけない。
いまになって”天使”をずっとやっていた千世子さんの凄さがわかるのね…。


ミタマ

解説さん、ふつうにデンモク触れて選曲してふつうに歌いよるので幽霊ってこと忘れそうだw 見えないひとからしたらバリバリの怪奇現象。
 
ぽいずん以降の流れ、つるん先生明らかに疲れてるんじゃないか…大丈夫か…と心配になりました。
「ボエーの子」っていう初めて聞くワードなのにめちゃくちゃ意味がわかるやつ面白かったです。
オチは弱かったけど「安心してください、これはうちのやつですからッ」とか小ネタがツボでしたw


チェンソー

ぜんぜん説明ないし何が起こってるのかわからんすぎるけどめちゃ面白いよ! なんだこれ!
人形の悪魔さんの姿は、レゴブロックで人形の顔だけ集めて繋げたやつを思い出します。レゴブロックで遊んだことあるひとは一回はやったことあるはず。あれをリアル路線で再現したらこういう絵面になるわけか…悪趣味ィ〜!
 
今週のマキマさんは人形の上に座ってますけど、たしか触れたら人形が感染するんでしたよね!?
例外はデンジくんや、パワーちゃんなど魔人のみ。やはりマキマさんは少なくとも純粋な人間じゃなさそう。まあどう見ても人間じゃないし今更ですけど。
「とんでもなく強い生身の人間」って線は消えましたよね、うん…。
 
闇の悪魔さんがアキ先輩をガン見してたのも気になります。
あのメンバーの中でアキ先輩だけが特別扱いされる理由とは一体…?


アグラビティ

和解と協力、状況整理と今後の目標提示、など日常繋ぎ回…セリフ多いッ!
地に足がつきすぎてて中村先生の真面目さが伝わってきます。
サガさんは普段キャラ薄めだけど、ゲラルトさんとババさんがポンコツになってようやく存在感でてきた感。
常識人で気が利くいいひとなせいで、逆に目立ってないよね…。今からでも、とんでもない性癖を隠し持ってたとかクセが強い設定を追加してもいいのでは? 
 
今週は掲載順あがってるけど、まだ首つながってるんでしょうか。
クリスくんがジェナダイを飲む前に終わったらあかんぞ…いきのこって…。


アンデラ

扉絵のアンディさんとてもイケメン!? 描き慣れてきたのか回を追うごとに整った顔になってる気がします。

先生さんのキャラが素敵でした。先週アンディさんがいきなり結婚式を挙げた件にもっと説得力が生まれたし。
ジーナさんもそうだけど、数話しか出番がない上に死亡退場しちゃうのに、花火のように散っていく印象深いキャラがたくさん出てくる漫画って名作が多いと思います。アンデラもそんな感じがしてきた。゚(゚´ω`゚)゜。
 
ゾンビミサイルは「風子ちゃんの能力で敵に有効打を与える」という要件を満たせる展開ですが、同時に儚さもあるシチュエーションだなぁ…。
アンディさんに触れる→アンディさんで巻き添えアタック の手順だとワンパターンなので攻撃パターンを増やす必要はあるけど、この能力を活かしつつ風子ちゃんのキャラも崩れない攻撃方法を考えるのが大変そう。


今週は以上です!
なお、コロナの影響で来週のジャンプは発売延期とのことで、次の号は再来週になります…。

関連タグ
関連記事
死体が喋っている 週刊少年ジャンプ 2020年25号 感想
俺は信じるよ 絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ 週刊少年ジャンプ 2020年24号 感想

2 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/04/16 01:07

    細かい指摘になりますが、コミックスの発売も延期ですよ~
    5/1→5/13になりました

    • 2
    • ユーリ
    • 2020/04/16 09:29

    >>1さん
    情報ありがとうございます!大変たすかります〜
    修正いたしましたm(_ _)m 流通にお勤めの方とかめっちゃ大変そう(;∀;)

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)