other

どちらが鬼かわからないな 週刊少年ジャンプ 2020年9号 感想

じゃんぷよ〜〜
今週のジャンプは全体的にバイオレンスでした


マッシュル─MASHLE─(新連載)

魔法筋肉の漫画だと…!?
わたしは筋肉大好き人間なので、筋肉でなんでも解決する話というだけで応援したい気持ちです。

マッシュさんは表紙だとアザがあるので、キャラデザ的にはアザありで定着しそう。毎日アザを描いて魔法学校に通うのかな。
君、日によってアザの位置ちがうくない?ってそのうち言われそうな予感も。

マッシュさんはさりげなく「相変わらず手でできることばっかりだな」って言ってますが、ということは
じいちゃんに隠れて時々街にいってて、世界に魔法があることは既に知っていたんですね…(だから魔法使いに対してリアクションが薄かったわけで)
実はじいちゃんにけっこう気を遣って、色々察した上で過ごしてたのだなあと思うと少し好感度アップ。
それにしても、これバトル漫画かギャグ漫画どっちに分類されるんだろ… バトルだとブラクロと設定かぶりまくるのでギャグ寄りでいくのかな?
どの方向で話を広げていくのか楽しみです!


呪術

「動かせない!」「なんで!」「五条悟だからだ!」で説明が充分なのがすごい。封印されても強さの格が落ちないのさすが。

メカ丸さんの残機が残り2になってしまった!
内臓エネルギー(?)切れたらメカ丸さんおしまいなのかな。今後もマスコット的な存在で生き残り続けたりしませんか…。三輪ちゃんとの別れのシーンでせつなさを演出する方向のがきっとオイシイけど。
ていうか三輪ちゃんドコ。今週いなかったぞ!?

状況的に宿儺さんが味方化しそうな流れもアツイ。
そっちがやる気ならこちらも容赦しない系のキャラだし、人間側に利することを不本意だ不本意だと文句たれながらも戦力になってくれそう。


ワンピ

まさかのバリア…! こちらも現在編では別人の手に渡った能力だし、側近の二人はどこかのタイミングで始末されてしまうんですね。
オロチさんの側近二人、「琵琶法師:黒炭せみまる」はいいとして、「ババア:黒炭ひぐらし」ってなに !肩書きババアってなんですか!!

裸でおどけるおでんさん、マネマネで化けた人かと思いきや本人だと…。
5年も裸踊りし続けるほどの事情とは一体…脅したのはカイドウさんでしょうけど、ワの国の住民を人質に取られたとか?
やりとりを天井裏から見ていたしのぶさんは全ての事情を知ってそうですし、彼女の口から全てが明かされることになるのでしょうね。

最後のページ、めちゃくちゃべんべん言ってるう!
右下のグラサンのひと(傳ジロー)は狂四郎さんなのかな…? 過去編で影薄かったから一瞬誰やこいつって思ってしまいました。
狂四郎さんがスパイだったとして、オロチさんのとこへ長年潜伏している経緯を掘り下げたら、これまた結構しんどい話になりそうだ(つД`)


ネバラン

ママいるだけで面白いです、再登場あつい。
ラートリーさんはなんだかケバロンゲって感じだしむやみにゲスなので敵として魅力が足りないけど、vsママだったら面白く読めそう。この差はなんだ!

やっぱり敵キャラにもいくらか人間味が必要というか共感できる部分があるかどうかなのかなぁ。
それどころかママには子供達を出荷しながらも愛して慈しんでいた面もあるし、ラートリーさんを裏切って味方になってほしいな。

ところで貴族がもういないのに、子供たちを収穫して誰に献上するのか…。
ラートリーさんはもう鬼側に味方する理由なくない?って思ったけど、あれか、さんに捧げる用か。
でも現在の高級農園を廃止したらさんに捧げる用のお肉なくなっちゃうのでは?
そしたら1000年続いていたさんとの約束に反するのでやばいんじゃないですか…ラートリーさん…。


ヒロアカ

ホークスさんの罪悪感がやばそうな回。
言ってみれば暴走族に入ってみたらめっちゃ懐いてくれる舎弟ができたみたいな話ですよね(違うか?)
仲良くなって色々情報聞くだけ聞いて、向こうからしてみればホークスさんが裏切り者って話になりますもんね。
ヒーローたち準備万端で迎え撃つかのように集結したし、敵連合の動きをリークしたことがついにバレちゃうでしょ。拷問されちゃうよ!
だけど結局トゥワイスさんに庇われて、ヒーローとヴィランは敵対しているが、それ以前にオレたちはダチ同士じゃねえか!みたいな話になりますか?そういうの大好物です。


鬼滅

う、う、うそでしょ……?
だって先週、柱たちが赫い刀に覚醒して、これでダメージが通るぜ! ハッハァあと1時間余裕余裕、朝までやれるぜ!って言ったでしょ! なんでそんなこと言ったのスケベ柱!

ほんとにあげて落とすのがお上手ですよワニ先生は…。いいぞ、いける、倒せる!って思ったじゃん。きっと読者のみんなは物陰から見てる隠さんと同じ気分だったのに。パギャ!ドン!で一瞬で絶望ですもん。
なんでそんな気軽に腕とか足とかもぐの…どうして…義勇さんの右腕が…ひめじまさんの足が…
ああ、善逸くん…伊之助くん…伊黒さん…スケベ柱….。なんで一人だけコミカルな感じで刺さってるんだスケベ柱。
 
「醜い姿だ、これではどちらが鬼かわからないな。虫唾が走る」
野郎ォ〜〜! どの口が言うんだよそんなセリフをを〜〜!!
一ミリも悪びれてないどころか、他人事程度にしか思ってなさそうなキャラのぶれなさすごいよ。
醜い姿→鬼 って連想するあたり、無惨様本人も「鬼は醜いもの」って思ってるんですね…自分のことは棚にあげて…。ほんまにとんでもねえ奴だ。

炭治郎くん、だいじょぶなの? 主人公なのにこの戦いを終えて生き残ってるビジョンが見えない。一命をとりとめたとしても顔は元どおりにならんでしょ…君はなんの為にここまでやってきたんだよ…ネズコちゃんを元に戻して兄妹で生きていくためだろ しんだらだめですよ
 
そしてジャンプ+のカラーページ、今週もすごかったです。特にヒノカミ神楽の光の加減とか。
だけどみんながやられてるシーンが赤くて赤くてより凄惨になってて、もう泣くしかなかった。゚(゚´-`゚)゜。


アグラビティ

クリスくんがひたすらかわいいだけで読める漫画だった…。ぽんこつカワイイ!!
ちなみに、彼らは自分たちの拠点を街って言い出したけどwikipedia先生によると「街」の定義とは「街(まち)とは、都市の中のデパートや商店街、飲食店などのアーケードがあり、集客力の高い繁華街、もしくは商業地区をいう。」
とのことです。一個もないですね!!そして「町」の場合は人口8000人以上が条件らしいです。
あら〜困りましたね、人口増やさなきゃいけません。ホラはやくジェナダイバージョン拾ってきて!


DrSTONE

おじさん、いくらなんでもしつこいな!?
ここ最近、
おじさん倒した〜〜生きてた!
おじさんから石化装置取り上げた〜〜いや取り返された!
おじさんを車で敷いた〜〜いや平気だった!!
と繰り返されて、ドフラミンゴさんよりも耐久力あるおじさんと貸しています。ゾンビかよ。
単行本で読んだらあまりの天丼ぶりにギャグ漫画かと思うくらいでは?
 
しかし展開はアツかった! ドローン作戦失敗かと思ってたから、なおさら驚かされました。
忘れた頃に飛んでくるとは龍水さん、おいしいとこもってったな…。
起動済みの石化装置をブーメラン的にぶつけて、今度こそおじさんにトドメを刺せるのか。さすがにこれ以上わるあがきしないですよね?


アンデッドアンラック

あ、風子ちゃんチョロかわいいぞ! 1話よりよかった!
人間と基本触れ合えない生活をしてたから異性に免疫がなさすぎて、ちょっとでも優しくされたら嬉しくなっちゃうんですよね。うんうん、よくわかります…。

けどアンディさんは服着てください、丸出し系主人公でも許されるのは幼稚園児までだぞ!
ヒロインが惚れなきゃならないはずの主人公が基本的に丸出しなのは異常事態だ!
二人の掛け合いはよかったけど、敵さんの「動けなくする能力」がわかりにくかったのは何とかして欲しいかも。


アクタージュ

自分の怒りを消化できてなかった花子さんが、自分の手を離れた羅刹女の手で描かれた「許し」を見て、一瞬「待って」と言いそうになったのは悔しかったからでしょうか…。
ですが、夜凪さん扮する羅刹女が持つ「火を鎮める芭蕉扇」によって扇がれたことで何かを受け取ったんだと思います。
 
呆然としてる千世子さん(セリフなし)のコマがかわいかったです。どんな気持ちで見てたのか教えてほしい。
役者たちや内情を知ってる人たちは「一瞬舞台を投げた」「失敗しそうだった」と見れているとしても、一般の観客さんたちの目にはどう映ったかも気になります。
「孫悟空が扇ぐのを一度阻止して、その後なにたら晴れやかな顔になった羅刹女が火を鎮めた」という流れは、説明なしだと不思議な余韻を残したり解釈で議論になったりしそう。
結局、甲サイドは脚本家や役者たちが抱える課題に、舞台を通して向き合って乗り越える物語だったので観客置いてけぼり感があったと言われても仕方なさはあるかも。


ミタマ

ハゼレナちゃん、正気を失いつつもきちんとバッターボックスに入って投球を持ってるのなごむし
ボディのみなさんも特に試合とかではないけど守備についてるのいいと思います。
ウィーンピロピロのロボが流暢に喋るのはつるん先生の十八番だから絶対やると思ってたよ!


ZIPMAN

敵役のマッスルレディさん、美人だったり顔出ししたほうがウケがよさそうなのに敢えてマスク姿を貫いたあたり、こだわりを感じました。
華奢なデザインだけど何故か怪力のキャラはよく見るけど、ちゃんとした本格的な筋肉をお持ちなお姉さん…かっこいい…!
「確かにすごい技術とボディだ」と主人公に褒めさせるのも忘れないぜ!


ブラクロ

そういえばユノくん副団長になってたんだった、忘れてた。
ヴァンジャンスさんまで倒れたらユノくん繰り上がりで団長になっちゃうのでは…まだ退くにははやいぞヴァンジャンスさん!
ところでユノくんはいいとして、アスタくんは出世しないんでしょうか…。しなさそう。


チェンソー

準モブみたいなキャラたちが次々と血生臭く処理されていく流れ、ハンターの新編序盤導入の流れを彷彿とさせる。特課のメンバーすごい勢いで減ってくじゃん…。

今回はデンジくんを狙う敵勢力が悪魔ではなく人間なのがポイントなのかなと思います。
向かってくるものなら悪魔じゃなくて人間でも命を奪うのか? たとえ向こうがこちらの命を狙っていても、悪魔と同じように容赦なく斬り伏せるのか?と。
デンジくんが普段そこまで考えてるかは微妙だけど、ふとしたタイミングで本質的な疑問を投げかけたりしますからね彼は。


サムライ8

量子力学の話じゃないですか!!わたしが大好きなやつー!!
個人的には、認識とか多次元とか存在とか宇宙とかの話はワクワクするし、今週のはSF分野でよくある問答だったので読みやすかったですけど、興味ない人にとっては目が滑る話なんでしょうか。
「自分が見るものは全ては自分が決めている」って考え方は大事だと思います!
けど急速に話畳んでる感出ちゃってるし、あと1~2話で「完!!」でもおかしくない流れでもあるな…。


今週は以上です。ウォー!

関連タグ
関連記事
開けちゃダメだ 週刊少年ジャンプ 2020年31号 感想
頭が高いな 週刊少年ジャンプ 2020年30号 感想

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)