other

おちんちん相対性理論…!? 週刊少年ジャンプ 2020年2号 感想

じゃんぷよ!

※今週はジャンプSQのワールドトリガーの感想あり。(SQ買わない方へのネタバレ防止のため、トリガーの項だけボタン押すと開く形式です)


AGRAVITY BOYS(新連載)

あーー!これはわたしが好きなやつですね!!
ジャンプラでやってた読み切り版のときから好きです!!
ギャグのキレがいいのとクリスくんがかわいいので推していきたいですね。
生き残った最後の人類は男4人、何も起きないはずがなく…。と思ったら一人だけTSできると。
いや、TSすることを選択せねばならない。というシチュエーションだけでもかなりオイシイ。

しかし高次元から来たの人、わりと性格わるいですよね!?
本気で人類の存続の為に手を貸すつもりだったら、転生の秘薬は二つ渡すべきだよ。
ぜったい4人を観察しながらニヤニヤしたくて1コしか渡さなかったやつだ。
人類が滅亡してどうたら、というくだりもブラックホールでワープさせたのも高次元の人のしわざに違いない。
おいしいシチュエーションを作り、○○しないと出られない部屋に放り込んで、外からニヤニヤ見てるタイプの性格わるいやつだ!よくやったありがとう!

ですが一点、おまえわかってないなと言いたいことがある!
なんで記憶書き換えの副作用なんてあるんだよ…。記憶そのままで女の子になるのがいいんじゃないか…。TSの恥じらいからの葛藤、そして変化を受け入れる過程を描くには記憶そのままにしないとだめだろうが!なぁ!?失礼、少々興奮しました。
あと、わたしとしてはクリスくんはそのままでかわいいのでそのままで良いとおもいます。
 
第一話のあらすじは読み切り版とほぼ変わってなかったけど、それだけ読み切り時点でネームの完成度が高かったということか。
第二話目以降どう話を転がすのか見ていきたい。

ラストのタチカゼくんですが、最後に薬を外に投げ捨てたように見えたけどその次のコマでポッケに手を突っ込んでるので、捨てたフリかもしれない。
1話はいいハナシ風に締めたけど、この薬が再登場しないはずないからなぁ。


鬼滅

ここでさらに過去回想か!
「これは過去の記憶だから干渉できないんだ」とすぐわかる炭治郎くん、物分かりのいい子だ。

縁壱さんの視点だと、兄からの嫉妬とか何も感じてなかったんだなぁ…。
過去無惨様の「自分は無敵だし恐ることなど何もない」みたいなイキリドヤ顔!w
でも、このあと縁壱さんにボロクソ負けて腰を抜かしながらアワアワ逃げ惑うことになるんですよね。
珠世さんの再登場も嬉しい。この時点では無惨様と一緒だったらしいけど、彼女が無惨様を「臆病者」と呼ぶようになったのはこの邂逅がきっかけだったのかな。

穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた縁壱さん、最後のコマの表情はマジでコワイな。鬼よりもコワイ。


ハイキュー

知らない環境、新天地に飛び込んだ主人公が、実は地力があって強くて、まわりから「なんだこいつは、すげえ!」ってめっちゃ褒められるやつ、読者だけはその努力と歩んできた物語を知っていて「ふふん、そうだろうこの子は強いんだ!」ってにやにやできる。というテンプレなんですけど。
どの作品でも、何度見ても爽快感あるから好きです。いくらでもやってほしい!
この試合がブラジル最後らしいけど、けっこう話のペースとしてはゆっくりでしたね。これから帰国するんでしょうか。
最終章と銘打ってはいるものの、まだあと何年かやりそうな気がしてきた。


ヒロアカ

冒頭のシーンで生徒だけでHR済ませちゃうの優秀〜!
彼らの自立ぶりを信頼したからこそ、相澤先生は心置き無く外出したのだろうな。

「これはしまっとくの」のお茶子ちゃん、顔が恋する乙女だよ〜〜違くないよ。やはりだよ。
いまはその恋心をしまっておくっていう意味でもあるんだな…。

ヒキで1コマだけ出た「白雲さん」というキャラ。ジャンプラでやってたヒロアカ外伝「ヴィジランテ」に登場していた子ですね…!
あちらでは相沢先生の過去編をけっこうガッツリやったばかりだったんですけど、本編に登場する布石だったのね。
けど、このままじゃジャンプラ読んでない読者は置いてけぼりになっちゃうし、本編側でもそのあたりのフォローはするのでしょうね。
ジャンプラ未読の方はたしか初回のみ全話無料で読めるから、気になる方はそちらもチェックしてみて!


ブラクロ

アスタくん、普通に空飛べるようになったのか…!
もう魔力ある扱いでよくない? 筋肉で空飛んでるとでもいうのか!? それはそれで!

「チャーミーが出没しましたっ!」て、まるで魔物がでたみたいに言うなよ…。
作物を荒らす野生動物じゃないんだから…と思いつつページをめくったら、作物を荒らす野生動物でした。


ZIPMAN

この漫画、キルラキルとかで有名な極太フォント「ラグランパンチ」を使ってるので、キルラキル好きのわたしとしてはそれだけで読んでいてテンション上がるのだ。

モノローグで「隠し事…苦手なんだが…」ていう鉄芽くんはマジで隠し事ニガテそうでかわいいな。
「何する気だ!?」「決まってんだろ…合体だッ!」て人生で一度は言ってみたいセリフだ! ロボットモノには不可欠なセリフをバシッと決めてくれて嬉しいです。


アクタージュ

今週もバトルマンガだった。バトルマンガだよね? 迫力満点!
特に、王賀美さんがセットの上に登ってあぐらをかいてるコマ、主人公vs敵幹部三人だ!
全員テンション上がって良い顔してるし、歌舞伎みたいにカカカン!って音してそうです。


DrSTONE

前半のモズさんのイキリ具合…。
努力しても天才には勝てないよ、俺天才だからwぷげらw なんて言ってたのに直後負けるというw

彼は確かに天才かもしれないけど、氷月さんの言う通り人間が何百年もかけて紡いできた歴史の厚みは才能を上回るのですね。
いくら天才だとしても、努力しても生身じゃ空は飛ぶことはできないわけで。
それに対して、飛行機の操縦方法を知ってれば地球の裏側までいけちゃうのも科学の力と人類の歴史の強みですし。

氷月さんは「才能」をリスペクトしつつも、天才が一人いるだけでは意味がないと理解している。それはいい落とし所なのかもしれない。


チェンソー

サブタイでシャークネードって言っちゃってるー!!

「馬鹿みてえにチェンソー回してりゃいいだけだからなあ」デンジくんは自分の強みをわかってる戦い方だ…。ビームくんに騎乗したの、結果的に大正解だったんだな(ノ∀`)

アキ先輩と天使くんで吊り橋効果CP成立してるじゃん…そっちの層へのアピールも抜かりない…?


呪術

バッタさんがサクッと片付いてよかった。もっとサクッとしててもよかったけど、実はそれなりの級だったし弱いわけではなくて虎杖さんが強すぎたのね。

「賢い奴はあまり自分のことを賢いって言わん」
そーーなの!?でギャグっぽく処理されてますけどこれはホントにそうだよ。
かつて、とてもオサレなひとが「あまり強い言葉を使うなよ、弱く見えるぞ」と言ったのと同じようにホンモノは行動で示すのだ。

「蝗GUYがやられたか」やつは四天王のなかでも最弱…みたいな言い方w


ミタマ

そういえばハゼレナちゃん、序盤の話でダークマター料理の属性を発揮してましたね。その設定ちゃんと生きてたんだ!?
その時はミタマさんは思いやりながら食べてたけど、今回拒否してるのは余裕ないんだなって(つД`)

ハゼレナちゃんが2回目に完成させたお粥TAKE2はそれなりにおいしそうだったけど、よく見たら全部背後霊さんが作ってた…ハゼレナちゃんは応援してるだけで一切手をだしてなかった…。
 
「完全なるお粥」「ムササビクソ野郎」とか謎の言語センスも光ってて面白かったです。
こういうシチュエーションって風邪うつったオチがよくあるけど、二人とも患わなかったので丈夫。よかった。


夜桜さん

新キャラさん、凶一郎さんとも先週の転校生キャラともポジション被ってるな…。
六美ちゃんのことが純粋に好きでラブコール送ってるからまだしも、完全に身体目当てなので、このひとはあんましよくないと思います。はんせいしなさい!
顔が良いので許される、というラインと顔がよくても許されない、というラインがあると思うけど、そのあたりの違いは不思議。
「子どもつくろ」は、いくら顔がよくてもアウトだ!


ワールドトリガー(ジャンプSQ)


タップして開く

第188話「ヒュース(9)」

相変わらず解説のこなみ先輩が露骨に玉狛ひいきで解説してて面白いんですが、王子さんたちもつられて玉狛の立場になって解説しちゃってるw

ヒュースくんのエスクード使いっぷりがまた巧みだった。他人を飛ばして体勢崩すの使い勝手いいですね。生駒さんにヒットしたエスクード、ヤバイところに当たった上に「ガンッ!」て音してるけど大丈夫なんでしょうか!?

ヒュースくんはその隙に自分自身もエスクードで射出して脱出しようとしていたみたいですが、飛び先として想定していたのが「チームメイトとの合流」ではなく、「二宮さんとタイマン狙い」だったあたり、こいつはとんでもないやつだと思いました…!
そんなボロボロの状態でも二宮さんを落とすつもりだったんですね!?

オサムたちとの合流を選ばなかった理由として挙げられそうなのは
「トリオン漏出で残り活動時間短そうだから生き残りより勝負に賭けた」
「対二宮の役目をチカではなく自分が負うべき」
というあたりかなぁ。
即座に生駒閃空を察知して避けるのもすごいし、そもそもあの体勢から精確に当ててくる生駒はヤバすぎるんですけど。チカちゃんのトリオンモンスターっぷりで霞んでるけど生駒閃空も十分チートだと思う。

第189話「雨取千佳(8)」

ついに落ちてしまったヒュースくん…。
タイミングとしては最も早いベイルアウトになったけど、囲まれてふるぼっこにされたのにも関わらず粘って1点とったし、仕事は十分にこなしたと言っていいはず。

この後の展開で「ヒュースが時間をかけたからこそ玉狛の布陣が十分に機能するようになった」だとか「時間稼ぎの結果巡り巡って二宮さん撃破に繋がった」とか、そういう話も出てくるのではないでしょうか!

チカちゃんに対して「オレの代わりに頼む」と託す言い方をするのもいいですね。
他のチームメイトは「無理しないで」「危ないと思ったらベイルアウトしろ」みたいに過保護でしたけど
「お前は戦力として俺の代わりになれるんだ、やれるだろ?」と奮起させる形なのはこれまでなかったアプローチじゃん。
イケメンかよ…。なかなかどころじゃなく、超アツい展開じゃん…。

チカちゃん的にはそう言って貰えるほうが楽だったりするのかな?
覚醒チカちゃんのメテオラハウンド全方位爆撃、見たいんですけど?


今週は以上です。ウォー

関連タグ
関連記事
「笑い話」 週刊少年ジャンプ 2020年6・7合併号 感想
宇宙の謎を解き明かす括約筋 週刊少年ジャンプ 2020年4・5合併号 感想

4 件のコメント

    • 1
    • へるがっちゃ
    • 2019/12/11 09:53

    今週は約束のネバーランドの感想はないんですね(´;ω;`)

    • 2
    • ななしさん
    • 2019/12/11 12:38

    更新お疲れ様です!

    相対性理論聞いたババさんの…この獣どもめがあああああッ!!!からの被害妄想の流れが好き過ぎて何回も読み返してしまってます
    1話でアレだけ色々やってから未知の惑星だと、わりとどんな物だしてもすんなり入りそうなのは強いですね!
    来週の楽しみがまた一つ増えました!

    • 3
    • ユーリ
    • 2019/12/11 19:24

    >へるがっちゃさん
    アッすみません(´Д`;)今週のネバランはピーターさんのアイシャドウに気を取られて内容があんまり入って来てなかったので…
    女王さん、退場した後なので回想にでてくるとなんかかわいくみえますね(つ∀`)
     
    >>2さん
    ババさんいいキャラですねwクリスくんはタチカゼくんを苗字で呼ぶのに、ババさんは名前で呼んでるあたりからも親しみやすいお方なんだと思います。
    高次元の人が便利キャラなので、ご都合でなんでも出してギャグやれそうなのは設定の強みですね!

    • 4
    • ななしさん
    • 2019/12/12 09:29

    〉穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた

    チェック!

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)