other

とにかく悪りー罪で逮捕する!! 週刊少年ジャンプ 2020年1号 感想

じゃんぷ! まだ12月ですが号数は2020年1号。
もう来年はじまる準備しなきゃいけないの…?やだよぉ〜〜〜たんじろお〜〜〜!


ZIPMAN!!(新連載)

えーー普通にめちゃ面白いし絵うまいと思ったら連載経験者さん!!
柴田先生はかつて「ヨアケモノ」を連載していて、5年ぶりに本誌復帰したそうです。5年修行してきたとか…カッコイイ。
「ヨアケモノ」は、打ち切り作品だったなあ、くらいしかうっすら思い出せてないのですが、このZIPMANの第一話はオーラがあってワクワクしたし、レベルが段違いでした!
キャラも立ってるしヒロインも最初からでてるし完成度高い滑り出し。次週も期待。
ただヒーローモノという点はヒロアカと被っているけど大丈夫なのか?


鬼滅

炭治郎くん、ひとまず生存フラグたった。
誰だよ「竈門炭治郎は死んだ」とか言ったの! ぜんぜんうそじゃん!うそつき!うそむざん!
 
柱のみなさん被弾してて本格的にやばい。さすがに全滅とかないよね…やめてください…ワニ先生ならやりかねない。ひめじまさんと不死川さんが合流したのはよかったけど。
不死川さんは復讐の鬼と化しているし…。゚(゚´ω`゚)゜。
無惨様、しこたま暴言吐かれてるのに言い過ぎとも感じないのがちょっと面白い。「テメェにはこれくらいが似合いだぜぇ」とはよく言ったもんだ。そのくらい言われても仕方ないもんな…。
あの村田さんですら殺意をあらわにしている。全人類から憎まれてるぞ無惨様。かわいそうな回想とかいらないからそのまま散るといいぞ!


ワンピ

相変わらず濃密な回。おでんさん、まだ登場して数話とは思えないくらいキャラ立ってるな。そしてひたすら好感度あげっぱなしなのが凄い。

白ひげさんに続いてロジャーさんまで回想に登場…!?
話のスケールが大きすぎて、今週ようやく思い出しましたよ。ああワンピース、そろそろ終盤に差し掛かってたんだなって。
数々の伏線や過去の謎をどんどん回収し、畳んで行くフェーズにいよいよ入っているのだなあと、ようやく実感が湧いてきた感じ。


DrSTONE

遠目に石像頭首を見て冷や汗タラタラのキリサメちゃんがかわいかったです。
絶妙なタイミングで石化したから解凍後は仲間になってくれそう。
 
ラストの陽くん、やるじゃん!! かっこよかったよ!
イバラおじちゃん断末魔の顔芸ナイス…。カタルシスありました。こうでなくちゃ。

石化装置は効果範囲と発動までの秒数を音声認識で指定できることが判明。英語で指定ってことは地球の技術ってことですか!? うそぉん。
しかしコレ、発端となった地球人類全石化は事故だった線もでてきますよね。
効果範囲指定でmillion(百万)とbillion(十億)を誤認識したとか…。いや百万も大概ですけど。


ヒロアカ

今週も泣きましたよ…。毎週エンデヴァーさんに泣かされっぱなし。
「俺を許さなくていい」
これですよ…。許して欲しくてやってるんじゃなく、ただ償いたい心だけでやってるのだ。
だけど、それがエンデヴァーさんの自己満足に過ぎないというのも否定できないし、
夏雄くんににしてみれば「ていの良いこと」だというのもわかる。
今さら何言っても、頭でわかってても許せないものは許せない。しかし本人がこうしおらしくしてては怒りのぶつけようもないし。
でも、エンデヴァーさんとしてはいっそ感情をぶつけてもらいたいくらいなんですよね。
とっさに動けなかった理由が「この先何も言えなくなるだろうから」というくらいだから…優しすぎるでしょ。いっそのこと殴って欲しいんですよ彼は。
結論として別居というのもなぁ…せつない…わかるけど…。距離を置いて初めて感じることもあるだろうから、冷却期間ってのは要るよね。最終的には幸せになってくれよ。
 
それにしてもシリアスシーンのかっちゃんはマジで清涼剤。いやいやまさかかっちゃんがそんなポジションになるとは。あのかっちゃんが癒し枠………。


アクタージュ

冒頭の羅刹女のモノローグ?これセリフじゃないの?
完全に憑依してるじゃん夜凪さんよ…。
一撃でやられる武光くんまでの流れはバトルマンガかよという勢いでした。
というか6ページ目くらいまでずっとバトルマンガやってますね。
 
「このままではモブになってしまう…どうすればいいんだ」という武光くん。
これ、舞台的には普通に成功のはずで、市子さんの「何言ってるの!?どうするも何も良い出だしじゃない!」はまったくその通り。
この舞台では脇役なのに何甘えたこと言っとんじゃ、と一蹴されてもいい所なのに、励ましてくれる周りの役者さんたちはホント優しいよ!
奮起して自前の血糊を使う武光くんはかっこよかったけど、2コマ後に速乾してたので二度見しました。単行本で修正してくれえ!


呪術

味方勢が敵陣に対して「おそらくこういう仕掛けがあるだろう」と予想するもそれは外れで、読者にだけ正解が明かされてるパターン好きです。
帳を降ろしてるのは術師じゃなかったやつ…。と見せかけて、アヤシイそれっぽい釘を破壊したら実はそれもトラップだった!というのもありそう。
 
バッタの呪霊さんは元々バッタだったのか、バッタが好きすぎるバッタ大好き人間が化けて出たのか、どっちなんですか。
いちおうあんまりおつむが足りなさそうな喋りをしているけど、会話が成立する時点でなかなか高位の呪霊であるのを忘れてはならない!
かと言って、まあ苦戦はしないのでしょうけど。


ハイキュー

日向くん、高校のときは164cmだったらしいけど171cmになったの!? けっこう伸びたじゃん!?
でも調べたら高校時点で影山くん181cmだし月島くんは190cmとかあるらしいし元々みんな高すぎるんだよな…。

研磨くんがめっちゃくちゃ勝ち組になってた。たとえ友達でも、お金からむビジネスなら「状況次第ではやめる」っていうドライさは必要ですよね。
このセリフのおかげでお金持ちであることに説得力が生まれてる感じがします。お金持ちってのは元来シビアなのだ。主人公に都合いいだけお金だしてくれる便利キャラではないのだ。


チェンソー

ビームくんかわいすぎかよ…!? チギャウ…チギャウ…(涙目)
本編はまんまシャークネードのパロディだったらしいです。ぶっ飛んだ映画らしいと聞いたことはあったけど観とけばよかった〜〜!
台風とサメとチェンソーと爆弾が出てくる映画らしいです。もう完璧に狙ってお膳立てしたやつじゃん。時間ある時にチェックしたい。

ビームくんのセリフから察するに、チェンソーの悪魔には前任者?がいたのね。やたら「チェンソーの心臓」が狙われているのと関係ありそうな話。
だけど、そもそもチェンソーの悪魔ってポチタだったんじゃ…? あれれえ〜?


ブラクロ

また幹部の数が三人。田畠先生は敵幹部を三人にするのがすきなのか? 味方はこんなに多いのに。
まあ、やたら数多くても半数かませキャラとして蹴散らされて、四天王(笑)みたいな扱いになっちゃうから少数精鋭のほうがいいのかもしんない。


夜桜さんち

新キャラちゃん、主人公にいわれのない殺意向けてくる困ったちゃんだなあと思いましたが、百合エンドだったので全て許しました!!
ぐるぐる目はいいぞ。


ミタマ

ものすごい出オチ話だったのに最後まで勢いでゴリ押しされた…。さすが。
筋肉の幽霊ってなんか既視感ありますね。オクレ兄さんッ!
コジメくんが筋肉ダルマになった理由が「幽霊に取り憑かれたから」というのはわかりましたけど、幽霊のじっちゃんが筋肉に取り憑かれた説明はないのか!

狂乱モードに入ったコジメくんが「ソレガドウシタ、喰ラエエエ! 僧帽筋、三角筋、前鋸筋、外腹斜筋、大胸筋、大胸筋、大胸筋…」という謎の筋肉詠唱をはじめましたが、詠唱中に倒されてしまったのが残念!
最後まで筋肉詠唱を済ませたら一体どんな必殺技が炸裂していたのか、非常に気になります!!


ちょっと多忙のため、今週は以上です。少なくてすみませんヾ(‘ω’)ノウォー!!

関連タグ
関連記事
俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ 週刊少年ジャンプ 2020年36・37合併号 感想
オマエが泣いてるとこさ、初めてみたよ… 週刊少年ジャンプ 2020年35号 感想

5 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2019/12/04 12:58

    4課の魔人みんな有能だな!?パ、パワーちゃん…
    暴力の魔人君も名前あるのかな
    私、気になります!

    • 2
    • ななしさん
    • 2019/12/04 14:08

    アドセンスクリックお願いします!

    • 3
    • ユーリ
    • 2019/12/04 23:52

    パワーちゃんもいちおう戦わせれば有能ですから…ちょっとあほの子だけど。
    4課の魔人のたち、ビームくんがいちばんカマセっぽい感じしてたけど結局みんないいキャラなのでほっこりしますね(´∀`)

    • 4
    • もん
    • 2019/12/05 14:54

    研磨のゲーム実況配信一言も喋らず終わりそうw

    • 5
    • ユーリ
    • 2019/12/07 16:23

    意外とVtuberになっていて、見せていない顔を解放してたりしませんかね…!? しないか…。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)