other

共に強くならねばならなかった 週刊少年ジャンプ 2021年38号 感想

じゃんぷよ 合併号明けの2週間ぶり!


マッシュル

第74話 マッシュ・バーンデッドと負けられない戦い

サブタイから熱いバトル回かと思いきやぜんぜんそんなことなかった回。
マッシュくん、文字通り脳筋だったのね…。魔法使えないことを隠して入学したからには、魔法使えない以外は優秀みたいに勝手に思ってたわ!
ドットくんが勉強できる子だったのは意外(失礼) そして正論で殴ってくるドットくん。やめて、正論で殴るのは時として拳で殴るよりも強いのよ。
巻頭カラーでバトルせずに主人公が赤点克服したり埋まったりする回やるのめっちゃ度胸あるなぁ…いや自由すぎる。大丈夫これ!? 
バトル回じゃなかったけど友情努力勝利してたし、マッシュルという作品で推したいのはバトルよりキャラクターだよってスタンスなのかも。


ワンピ

第1022話 “花形登場”

逃げ上手のほうでは「討ち死になぞ自分に酔ってるだけで何も残らない」と言う裏で、「討ち死に本望!」と美しげに叫んでしまうワンピ、軽く交通事故。
「忍法・分身の術」←わかる。あるある。
「忍法・耳たぶクラッカー」←なんそれ!!?!? 認めん!! それは断じて忍法とかじゃない!びっくり宴会芸だよ!バチン!!バチン!!じゃないんだよ。
キングさんの故郷、レッドラインの上なのか。四つの海やグランドラインの島々ばかり描かれるけど、ワンピ地球を縦に両断する大陸レッドラインてどう考えても異常な大陸だけどずっと謎に包まれてる。完結までに描かれることあるんかな?


ヒロアカ

No.323 一歩

校長が裏でやってた工事の規模がやばすぎる! 現実なら物理的に数百年かかっても完成するか怪しいオーバーテクノロジーですが、”それを可能にする個性があるんだよ”って言っちゃえば力技で実現するので、もう世界設定から強い。
まあ創作におけるセキュリティって破られるためにあるので(ひどい)、AFOさんが”どんなセキュリティも突破できる個性を持ってました”って言っちゃえばどうとでもなっちゃいます。ラスボスの設定も理不尽。
かっちゃんの「てめーが拭えねーもんはこっちで拭う」めっちゃいいセリフだしデレてるなぁ…! と思ったらなにその顔は 照れてんのか? 


逃げ上手

第28話 悪酔い1334

戦場で生肉をお腹いっぱい食べたひと恐ろしすぎる 戦闘中どんな戦いかたしてんだ ヒュンヒュン飛びながら敵の喉笛に噛み付いてんの??
時行くんの一族がほとんど逃げずに討死か自害したって初めて知った…(読み逃してた?) 重い過去だし、だからこそ時行くんの言葉にも説得力が生まれる。
あの保科を尻に敷いてるみたいに(物理)
「逃げるが勝ちの撤退戦」
“逃げるが勝ち”の使い方がこれ以上ないくらい似合う漫画だ…! 大抵はあまりかっこよくはない使われ方するけど、これこそ本当の逃げ勝ちですね。時行くんが正体明かさずに説得できたのは意外だった。いつか彼らがあの時の彼が若だったと知った時の反応が今度こそ見たいので、そのためにも生き延びてもらわねば。


呪術

第155話 熱

秤さんの”熱”理論、妙な凄みとカリスマを感じる。実際うさんくさいと思っても、その場にいて一対一で話し合ったら流されちゃいそうだ。まさに熱に浮かされて。
着信だけで意図がわかるとは、秤さんとキララさんとの相棒感がすごい! やっぱ付き合ってんのかな!?
キララさんがおとこのこって聞いてから一旦可能性を排除したけど、別に関係ないしそういうのもぜんぜんアリだよね。
キララさん、仲間化したら虎杖さんあたりに他意なくちゃん付けで呼ばれて照れまくったりしてくれないかな…。


SAKAMOTO

DAYS35 ウータン(2)

「どの世界でも運に身を任せたやつから死んでいく」これはシビれるセリフ!
たとえば丁半博打で5割しぬやつを5回やったら32人にひとりしか生き残れないわけです。つまりほぼ死です。不確定要素を排除しても勝ち残ってこその”本物”だ!
坂本さんがルーレットしに行った席のディーラーが「こいつがウータン様のおっしゃってた…」て言ってるし、彼だけでなくこのカジノ内のディーラーだいたい買収済みなのでしょう。そのへん根回しして自分のフィールドに相手を誘い込むのもまた”プロ”。そしてそういうのを全部粉砕してくる存在が”主人公”です。無敵。
ウータンさん、最終的にはルーちゃんと勝負になって降参する流れかな?


Dr.STONE

Z=207 繋がる回路図

ぶっこみチェルシーさん、いるだけで会話が(漫画の都合上)スムーズに晋からすごいキャラだ。ぶっこみすぎたことをちゃんとすぐ謝るとこも好感だし、そつがない。
SAIくんが本当の意味で仲間になり、弱気だった表情が鋭くなったのもアツい! しかしそれ以上にゲンさんが優し過ぎて泣いちゃう。
メンタリストの仕事としてではなく、心から励ましてくれてるのかな…。ワルそうな頬のヒビがなくなってからの毒気の抜けっぷり、ギャップでやられます。


NERU

第六般 気にくわない

答案パクリブラザーズ、印象よくないキャラだし試験不合格なら再登場しなさそうなので、もうちょい別のやり方で山場作ってもらいたかったなぁ。
自分の合格のため加勢せずその場を離れたカリアゲくん、自分がゴールした後もネルくんの心配してて良い子! 一緒に馬に乗ってきた子とあわせて同期キャラになりそう。
次の7話で1巻収録ぶんが終わり。合格していよいよ入学!で次巻へ続くならキリが良さそうな構成だ!


フレンチ・オブ・ザ・デッド(読切)

見開きでゾンビたちが素通りしていくコマがとてもよかった!
絵がめちゃ見やすくて連載経験者かと思ったら新人さんらしい。マジっすか?? レベル高すぎる、乾先生。そのうち連載デビューするのでは。覚えておきます!
ユリスくんは普通に男の子なんか。おぐしがきれいだね…(ニチャ


ブラクロ

ページ303 福音

最高の回だ〜!!
いやあ兄様かっこよかった。なんだその前髪はとか言ってたのが懐かしい。
ノエルちゃんに厳しかったノゼル兄さま、実は呪いによって口止めもされていた…!?
初期登場時の印象の悪さからなんだかんだで許されたと思ってたけど、更に込み入った事情があったということに。
(若干後付けっぽさを感じないでもないけど)ノゼル兄様がマジのガチでノエルちゃんのことを護ってたとわかるのはやっぱ涙腺に来るし、呪いが解けたからにはこれからはノエルちゃんのこと手放しでめちゃくちゃデレデレに甘やかしてくれる兄様が見たいです!!


あやトラ

花火の扉絵、祭里くんちゃんが花火を1ミリも見てないとこがいいですよね〜〜

第56話 “妖巫女”の妖

妖比良坂さん、思ってたよりガッツリ悪い子だった…。
「シロガネ以上の圧!」て例えがわかりやすいけど、引き合いに出されて相対的に弱いみたいな扱いのシロガネさんが不憫(´v`;)
にのくる先輩は逃げてる途中にぱんつ見てる場合じゃないけど、仮にふんどしだったとしても先輩は照れてたと思う。とはいえ咄嗟に女子ひとり抱えて脱出策に切り替えられる先輩、正しい”逃げ手”を打っていて引き際わきまえててカッコいいよ。


レッドフード

■7 アイアンワークス

情報量が多くて読み応えある回でした!
デボネア教官、川口先生の性癖を詰め込んでますよね。色々おっきいお姉さんが大好きなんですね。間違いなく需要あるはず。
そして三ヶ月間死ぬ気で鍛え上げろのコマのベローくん、既にけっこういい背中でした。なるほど筋肉ショタですか 大したものですね
村長生きてたん!?!? まじか、うれしいです。1話で退場する顔じゃないと思ってたもんキャラデザ的に。
ブレーメンさん、絵本モチーフとしたは重要そうな名で登場したわりに即退場。なんのために出たのかよくわからなかったんだけど、変装した村長がベローくんの様子を見に来てた説があるらしい?ガタイだいぶ違うけど。伸縮自在のグリムさんの例もあるってことで…。
レッドリストのみなさんの計画ではベローくんに強くなってもらう必要があるらしい。”主人公”とは一体? 


夜桜さん

作戦94.長女の眼差し

そうなんだよ…双刃姉さん、そうなんです…。
太陽くんのすごいところは本当に只の一般人だったところなんですよね。
主人公にありがちな血統や生まれついての特異な才能もなく、ただただ一人の女の子と共に歩むために努力しその身体を”造り替えて”いき、いまこの場に立っている。
双刃姉さんは妹を任せるのにこれほど信頼できる人物はいないと確信してるだろうし、内心では頼りにもしているのでしょう。
それはきっと凶一郎兄さんも同じじゃないかと思います。彼めちゃくちゃツンデレなので面と向かって言わないだろうけど! それでも何かしらひとことあると思うし、そのあたりどんなセリフが飛び出すのか楽しみです。
で、凶一郎さん今度こそ開眼しないんかな…?(まだ言ってる


アンデラ

No.075 任せたぜ

全然春じゃないけどスプリング戦!
作中、12月24日。そうクリスマスイヴです。しかも終末ラグナロクまで控えてます。戦いが長引けば101話も迫ってきます。
この戦いが終わったら風子ちゃんとアンディさんが二人きりになって色々あるイベント絶対あるでしょ。色々とは色々です。
おいビリーさんコラ! 風子ちゃんを雑に片腕で運ぶな! 風子ちゃんを片腕で運んでいいのはアンディさんだけだぞ。
それからチカラくんがたいへん頼もしかった。初登場からの成長ぶり、こういうのが見たかった〜〜。否定能力発動時に毎回クソデカゴシック出す演出もバチバチに決まってました。すばらしい発明ですよこれは!


ウィッチ

★26 犬と雨滴-5

これまで登場した魔法を組み合わせ、新技ナシで勝つのがすごい。さすが構成力の篠原先生!
明らかにヤバそうなアフロで甚平でストールの人。なにその存在感抜群ファッション。隠れる気ないんか?
本体との戦いが一周でサクッと済んでよかった。引っ張ったわりにあっけなさすぎると思うくらいでした。
もしかして付与魔女さんじゃなくてウルフくんとの戦いこそがこの章のメインなのかな?(そっちはまだ終わってないし


ロボコ

第53話 膝とロボコ

膝が故障したとか膝に爆弾とかうまいこと言ってて謎のくやしさを覚える(?)
ナッパの「クン」ぐらいの威力、ピンポイントなのにわかりやすすぎる喩え!!
最後のワンピパロ、パロディ元も生きてたもんね…。「スゴイ爆発でしたね」なんでそんな他人事なのよww でも確かにナッパの「クン」じゃロボコぜんぜん平気そうだよね。図らずも「アラバスタ編の例の爆弾」とナッパの「クン」が同程度の威力ってことになっちゃった回でした。
つまりナッパさんのクンではペルさんを倒しきれないことになりますね。何に使う知識かは知らないけど。


アオのハコ

#17 問題ないです

大喜びくん、2Lスポーツドリンクをガブ飲みしてるぅ さすが現役運動部DK
「気付きたくないんだって…」
あ〜〜〜内心気づいてるやつじゃん〜〜本当はその気持ちの名前がなんていうのか知ってるんじゃん〜〜
いつのまに主人公交代してますよねこの漫画ァァどこへ行くんだ…。むしろ本編はじまってる感すらあるけども。
大喜びくん自身はどうなんだろ 千夏先輩を意識しまくってるし、もっとお近づきになりたいと考えてるけど、いざ付き合ってみたらなんか違うし大切な親友を失った気分になったり無意識的に雛ちゃんこそなくてはならない存在だったと気づいたりしないのかな? まあ想い相手に気持ちを伝えられないままゆるやかにフェードアウトする青春にもリアルさあるけどさ…。


マグちゃん

第55話 邪神漂流譚

「無人島にひとつだけ持っていくなら『遊び心』かしら」
ウネ様〜〜!! 素敵すぎます わたしも今度その質問されたらそれ言いたいわ
ツッコミ役に回るミュっさまが愛らしい 苦労人だなぁ
けっきょくウネ様のしわざで「遭難」ではなく「みんなと旅行いってた」て伝わってたんか。どこまでもほのぼの。


ゴーストインザ箱

攻殻機動隊みたいな題。ガラの悪いウパーみたいな神さまかわいかった。
よわいフリして封印解いた途端に本性を現して体乗っ取ってくるヤバイ呪霊とかじゃなくてよかった。封印解くまでが話の半分かと思いきやすぐおわってしまた…もうちょいあるでしょお!


アメノフル

第16話 前と同じこと

「いたらいいなーと思って」確信なかったんかい〜! そんなとこも含めてやっぱ面白いキャラだなぁ入江先輩。
「お待たー」「いいよ」のコマのグミ太郎くん、イケメン。
ツムギちゃんたちが話してる間、ちゃんと待っててくれてたし憎めないキャラ。それに比べてロン毛と来たら!
バトルシーンカットとは思い切りがいいなぁ。でもそのぶん回想にページ割いてて面白かったです。”既製品”ってのはキャンディとして市場に出回ったもので、キャンディ開発のために人体実験が行われてたんですね。”お菓子”のファンシーさからは考えられないくらいブラックな設定じゃない。甘さのカケラもないぜ!


高校生家族

第50話 秘密の学級長

父「欲求…?」
お前が聞くな やっただろ
両親と妹と一緒に保健体育のいちばんキワドイとこの授業受けるとかいう地獄をどうして思い付いちゃったんだ この世のあらゆる「気まずい」を集めてランキングにしても上位に食い込むやつだよ 読んでるこっちまでキツイよ!
自分より恥ずかしくなってくれてありがとうって一歩間違えれば煽りでしかないのになんだその良さげな雰囲気は
そして教室に帰ったらクラスメイト全員が自分の両親の馴れ初めを知ってる状況、さらなる地獄で膝から崩れ落ちるしかないレベル
気まずいランキング殿堂入りで気まずいオブザイヤー受賞するレベルです おめでとうございます


今週は以上です!

関連タグ
前後の記事
彼のヒーローアカデミア 週刊少年ジャンプ 2021年39号 感想
「今までごめん」週刊少年ジャンプ 2021年36・37合併号 感想
  • TOPへ戻る

1 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2021/08/24 22:49

    じゃぷん!

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)