other

会えて…話せて…嬉しかったよ 週刊少年ジャンプ 2021年10号 感想

じゃんぷっぷ


ウィッチウォッチ(新連載)

スケダン、アストラの篠原先生!!
これだけでもう期待が大きいです。特にアストラは本当に完成度が高いのでオススメです!

☆1 魔女の帰還

さすがベテラン作家、貫禄の画力…!
初っ端のヤンキーにツッコミ渋滞するとこでウッてなったけど、ニコちゃんが登場してからは楽しく読めました。
今朝焼いたようこそクッキーかわいいかよ 楽しみにしてんじゃんかよ
最初からニコちゃんがモイくんに好意全開なのがわかりやすくて良いなぁ。くっつくのか好意があるのかへろへろしているラブコメよりは作劇がシンプルだし。
しかしカサゴさんはちょっとかわいそうだったかな…。いくらむかし危害を加えられたからと言って、相手の大事なものを許可なくどうこうするのはモヤッと感が残る。来週になったら髪の毛ふつうに復活してるかもしれんけどw


ワンピ

第1003話 盤上の夜

カイドウさん、奥の手かくしもってたんじゃ〜ん。殴られて散々グオオオ!!って痛がってたのはやっぱりリアクション芸人だったからなのね。

オロチさんのなまくび、まだ戦場にころがってるの?
てっきり頭がいっぱいあるから復活できるものかと思ってましたけどぜんぜん音沙汰ないな。ほんとうにしんだんかオロチさん…。


ヒロアカ

No.300 地獄の轟くん家2

よりによって記念すべき300話目にこんなタイトルを!w
引き続き混迷を極めていくヒロアカ社会。特に世論が殺伐としていくのは最近のコロナ渦と通じるところがあり、リアルに感じるというか悲しくなってくるよ…。
昨今のメディアは、ちょっとでもやらかした政治家をやたらバッシングしてオーバーキルする風潮があるし、ヒロアカでもそんな感じみたい。
相手に非があるならば、正義と書かれた刃を振り回しても良いと思っている人がいるし、相手も自分と同じ人間であるという意識が欠けてそうなケースも散見します。ほんとうコワイ!もう!なんとかなれ!
 
でもステインさん登場はうれしい!!めっちゃ待ってたよ…ずっと再登場してくれるって信じてたよ…ハァ…。
マイトさん過激派なところに個人的にちょっと共感できるステインさん、どう動くのか楽しみ。
あなた包帯取ると意外とシュッとした顔だったんですね。それでも同一人物と分かるあたり、キャラデザがほんとしっかりしてるわ。
 
そんで病室のエンデヴァーさん。
大量殺人者に”むすこ”とルビを振らなければならないなんて…。表情がどれも今までにない感じでほんまに心折れてるのが伝わってくる。彼も人の子だったのだなぁ。でみ個人的にはこういう姿、逆に唆りますけどね!
ヒーロー同士のバチバチバトルも面白いけど、こういう家庭内の修羅場の話もリアリティあって好きです。堀越先生の引き出しの広さはほんとすごい。


DrSTONE

Z=184 メデューサの砦

なるほど、あったまいい作戦だなァ〜!
ただし石化装置3000mの起動がぶっつけ本番でちゃんと動くか動作確認すらできないのが最大の課題だけどよォ〜。フィクションじゃねければ100億%しっぱいする案件やぞ!
スタンリーさんも勘がいいから、あんな高いところに仕掛け作ってたら仕掛けを狙撃されたりするんじゃないか…? 先に計画を明かしていざ本番ってなって計画通りにいく展開って、漫画だと基本的にないからな〜(つ∀`)


SAKAMOTO

DAYS10 ハードボイルド

ハードボイルドさんみみっちいなww
覚えてもらえてなくて最後のコマで泣いてるのは色々通り越して可哀想になるほどだけど。
過去回想の坂本(14)、ボイル(15)は二度見しました。ええww坂本さんはともかく、そんなグラサンメガネの中三がいるかァ!!
けども、15歳にして自分のハードボイルドポテンシャルに気づいて持ち味を活かしたファッションしてるのは素晴らしいことだと思います。そういうシブイ系のお顔はちゃんと需要ありますし、いまは良い感じの女性パートナーいるからいいじゃんかー!ひがんでんじゃねえー!


アイテルシー

#2 ()

最後のコマの相生さん、こえーよ!
これ相生さんを味方サイドキャラとして見ないほうが面白そう。
バトルマンガでも主人公チームVS敵チームより、第三勢力同士で戦っていたほうがハラハラするし…。どなたかが喩えていたけど、ネウロにでてくる犯人みたいなヤバイヒト同士が戦うみたいなやつ。
犯人を100人壺の中に閉じ込めて最後まで生き残ってた犯人がいちばんやべーぜみたいな漫画なんでしょうか。
相生さんの顔芸がおもろいのが見所なので、トリックやアリバイの整合性とかはいったん忘れて空っぽで読むと楽しい気がします!


マッシュル

第49話 マッシュ・バーンデッドと強固な風船

サブタイの強固な風船でもう既に頭の上にハテナマークが3つくらい浮かぶんですが、本編読んだらハテナマーク30コになったのでセーフ???

即席チーム組んだマックスさん、なんか顔がうさんくさいので(失礼)協力したフリしてすぐ裏切るヤツか!?と思ったけど普通に共闘してるし、なんかイイ人っぽいね。疑ってごめんね。
風船、てっきり肺活量で膨らませるんかと思ったらブレイクダンスで膨らませるの斜め上すぎるでしょ…。そもそもブレイクダンスって風を送る目的1ミリもないだろ元々! 人間兵器だ! やつは人間兵器だ!!


ブラクロ

ページ281 王国への強襲

アスタくん推参!の回。前回まだボロボロ修行中なのかよと思ったばかりなのに、はやい。
しかしここぞというシーンでラフ絵が残っちゃってるぅ…! かなりギリギリのスケジュールなのかな。

魔法帝さん、一旦大人の姿になってから子供の姿に戻ることで強制ショタ化シチュエーション感がでててかわいかったです。どこに注目してるんだお前。いやでも最後のページ右下のショタ化魔法帝さんかわいかったですよね?ラフなのがかわいさに拍車をかけてるよね? なのでむしろラフでよかったということで。はい。


鴨乃橋ロン(出張読み切り)

これはジャンプラで連載してる漫画の出張版!
かつてリボーンで一斉を風靡した天野明先生の作品です。リボーン好きな方で知らなかった方はジャンプラで読もうね!
わたしは毎週しっかりジャンプラで読んでますが、盛り上がるのこれからなのかなあって印象です。


夜桜さん

作戦69 葉桜の開花 

アカイさんの過去、重い…。妹弟から細胞を移植されてるとこが特に…。
けど双刃さんのセリフで夜桜家の過去も重いし太陽くんの過去も重いことを思い出しました。いえダジャレじゃありませんよ。
 
見開きラストの双刃さん、とても美しかった…! 開花エフェクトのかっこよさがもう鉄板というか、この漫画での見せ場として確立された感。
これまでキャラを立ててきた夜桜家全員にそういうシーンが用意されていると思うと弾がまだまだあるし、しばらく飽きない展開になりそう!
なかでも凶一郎さんの開花は普段から糸目から開眼とセットじゃないですか…。やばくない? 確変くるんじゃない??
よく考えたらヒゲメガネこと夜桜百さんも普段は目を隠しているキャラデザだった。開眼が最高に映えるように仕込んでいたわけか…。いまからめっちゃ楽しみになってきました。


逃げ上手

扉絵の時行くんの表情がセクシー。毎回扉絵でセクシーショットを披露するんでしょうか? 毎回時行くんの。

第3話 仇討1333

ウワオ、がっつり首()ねましたねぇ!?
ジャンプ主人公は人間を殺さない法則があると思ってたけど、他の殺伐したバトルマンガをさわやかに飛び越していったな…。
この漫画に関してはファンタジーではなく歴史モノだからこそ生死をハッキリ描く必要があると思うし、そうでないと物語が成り立たないから単純に比較はできませんが。
武闘派お供二人のお名前は弧次郎くん、亜也子ちゃんと判明。サブキャラの掘り下げも楽しみ!


ロボコ

第28話 大喰いとボンド

実況のカナッペちゃん(5)やハンターハンターの審判のひとが再登場したのがじわじわ来る回。今後も謎の大会回があるたびに実況解説審判おなじひとなんだろうな…。

「クソォ!ロボットを使うなんてズルいぞ!」その前に途中参戦の時点でアレですけど!w
そもそもロボットが普通に食事する時点でなんかおかしいし、猫舌なのもロボさに疑惑が残るしw ロボだから有利とかじゃなく、単純に実力という名の科学だったんですよね。じゃあ科学じゃん。ロボじゃん。


アンデラ

No.050 任せたよ

No.50!! 101話目で何かが起こると言われているアンデラ、ついに折り返し地点に突入。
でも掲載順地味に下降気味じゃない? みんなアンケを!!アンケ!!

本編…。
安野先生…。゚(゚´-`゚)゜。
安野先生のママが君に伝われを読んでいたシーン、リアルタイムじゃなくて回想だったんだね……。
能力で他人と干渉できないハズなのに「安野雲」としてアンディさん風子ちゃんに接触してきた謎の答え合わせで、「安野雲」自体がアーティファクトで描かれた創造物だったことが判明。なるほどそれならルールに引っかからない…! 予想できていた人はすごいなあ。
安野先生はアン風と同じくらいリップさんにも肩入れする気持ちがあったのね。今週で一気にリップさんの共闘or仲間フラグが濃厚になったけど、同時に先週の回想が死亡フラグにもなってるから怖い。推した瞬間死ぬタイプの人間だぞこいつは。


マグちゃん

第30話 甘き日の狂想曲

へえチョコレートって媚薬だったのかあ!すごく勉強になります!かしこくなった!!
ラブコメにかけてラブをコメなさいっていうだじゃれ、めちゃくちゃうまいな。惚れ薬あるよぉ使いなよぉって誘惑するウネさん、いままでで一番邪神っぽさがあってかわいいよかった。
 
ナプタくん、食材の買い出しにいってワクワクしながら献立考えて手作りプリンつくってるの主夫以外のなにものでもないwていうか生活力ない女子から普通にモテると思うよ!
錬くんの「助けてくれ姉貴…!ナプタークがモテモテに…!」てセリフ字面にするとなかなかくるものがある。がんばれ練くん。
 
それにしても「惚れ薬」と言いつつ、惚れチョコプリンを食べた女子たちの行動が「ナプタくんはがんばり屋さんだなぁ〜〜」「かっこいいな〜〜」って褒め散らかしてわっしょいわっしょいするだけだなんて、この漫画はほんとーに健全だなぁ!
もっとこうさ惚れ薬って言ったらさ…いやなんでもないわ。わたしの心のよごれを露呈するだけなのでやめます!!


カモしれない刑事

何故か同じ週に鴨が名前につく探偵の読み切り(しかもベテラン作家さんの)が載ってて災難な代原ですね(つ∀`)
でもしっかり笑えました。読み切り特有の主人公のビジュアルが出落ちのギャグマンガは変な魅力があるw
特にレジ袋5円笑いました。時事ネタはつよい。でも律儀に払う犯人…そんで口ん中に手品仕込んでるんかい!コントっぽくて面白かったです。きみたち事前に打ち合わせしたでしょ!
いきなり謎の必殺技がでたり、謎のまばゆい光を放つ人とか謎の世界観シュールだ…。


あやトラ

第31話 塵塚怪王

強大な敵あらわる!!て思ったら結局祭里くんちゃんの服が脱がされただけだったな…。でもそのぐらいでちょうどいいと思います。
こういう漫画において敵キャラは「ころす!」みたいな物騒な動機で襲ってくるとラブコメに集中できないので「脱がす!」程度にしていただきたい。
画楽さんやっぱり味方してくれた! ニヤリと不敵に笑うシーンの画楽さん、かっこよかったです。画家として有名になったのは道楽じゃなくてちゃんと目的あったんだなぁ。


高校生家族

第25話 初夏のハドソン

ハドソン君、真顔っぷりがギャグ漫画日和を彷彿させるw
言語を超えてコミュニケーションのきっかけになるドラゴンボール、ギャグになってるけど実際にそういう話も聞いたことあります。ほんと偉大ですよね万国に通じるDB。
ギニュー特戦隊をチョイスするのはセンス良い! 彼らチャーミングですよね。配役もハマってる。逆にオッスオラ悟空だけでツボってるのは笑いの沸点ひくくて羨ましいぞハドソン君!


仄見え

第22話 人形館

DV顔のカリアゲお兄さん、また高台から見下ろしてる…。この前も見下ろしてましたよね? 趣味なの? 暇なの?
気付いたら攻撃を受けている感じはスタンドバトル的なゴゴゴ感があってよかったです。
近藤さんが戦闘もこなせるお姉さんだったのが意外! 呪術廻戦における伊地知みたいな連絡役みたいなポジションかと思ってました。どこでそう思い込んだのか謎なんですけど。


ビルドキング

第11話 ビガー工法

地下のスタジアムに客が満席で三密にもほどがある…いやフィクションの世界にコロナはないのだった。
こういう風にスポーツ観戦できる日常がリアルに戻ってくると良いのですが…。
お客さんのボルテージがけっこう高いですけど、人気選手同士の対決とかじゃなくてポッと出の無名受験者たち目当てに観にくるひとこんなにいるの!?って思ったけど「今年は何かある説濃厚」らしい。
しかし悠長にやってたらその種明かしまで行けないのでは…。ここ数回で急激に掲載順が落ちてるわりになくてもいいような会話が多くて間延びしており、なんだかなという感じがでてきています。しまぶー先生調子わるいんかなぁ…。


ニライカナイ

depth:29 海底遺跡(6)

テッポウエビ、自然界に実在するエビながらマジでプラズマ衝撃波を発生させるトンデモ能力を有しているため、フィクションで題材にされやすいエビちゃんですね! ポケモンにもなってるし、テラフォーマーズにも出ていたような。
後半、いきなり腕がスライスソーセージみたいになるからビビりました。なかなかショッキングな絵面…。ここまでやっちゃうんですか!?だいぶ漫画の雰囲気が重くなりそう。最近ジャンプ誌面が血なまぐさいんですけど伝染してませんか!
このままだとどんどんシリアスになっちゃいそうなので、次週何事もなかったようにピッコロさんぽく腕をズルズル再生してmやるじゃねえかこっちの番だぜくらい言ってほしいとこです。


今週は以上です! ヘーイ!

関連タグ
前後の記事
俺はお父さんの子どもなんだから 週刊少年ジャンプ 2021年11号 感想
ごめんねビックリした? 週刊少年ジャンプ 2021年9号 感想
  • TOPへ戻る

2 件のコメント

    • 1
    • にゃんこ
    • 2021/02/12 23:41

    篠原先生の作品はぐだぐだな日常パートからの展開が進んだ時の鋭さがすごい好きでした。
    今回は今までと主人公のタイプが全然違うので、どんな感じの展開になるのかが気になります。

    • 2
    • ユーリ
    • 2021/02/14 00:35

    コメントありがとです!
    そうですね、篠原先生は日常のわちゃわちゃ感の楽しさに定評がありますけど縦軸の話はけっこう深いテーマに切り込む作風って感じします。
    予めシリアスの前フリもしてますし、今作もそのあたり抜かりなさそう。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)