other

こいつらがいるから どんな激痛にも耐えられる 週刊少年ジャンプ 2018年45号 感想

またまた土曜発売だったジャンプの感想!


DrSTONE

司さんが金狼くんの動きのよさを評価して「殺したくはない」と言ったのはなんかよかった。

ニトロ!ダイナマイト!最近の若い子にはマイクラでおなじみ、食らうと即死する爆弾だ!
こんな大爆発起こしておいて、「全員助ける」とは!?威力の調節とかできなさそうだし、直撃したらしぬでしょ(´・ω・`;)
音と衝撃で全員気絶とかでしょうか(そんなにうまくいくかは知らないけど…。)
司さんは至近距離にいたので一時的に行動不能になるかもしれないけど、腹黒フラグが立っている氷牙さんのほうが危険なかおりがする。


ネバラン

先週わたしが疑問に思った部分のアンサーがあったΣ(‘ロ’)丁寧だ!
人間相手に殺し合いしていいのか?→よくない。覚悟が必要。
なぜわざわざ目的を宣言したのか?→実は包囲が完全かどうか確かではないから、行動を制限して諦めさせる意味がある

まぁジリアンちゃんとかは普通に銃で応戦してたので、人間相手に躊躇しない子なのかもしれませんし、包囲が完全じゃないのは後出し情報でしたが。
てかジリアンちゃんは、なんか口の中真っ黒だし、目が危ないのでサイコの香りがしなくもないw

ルーカスさんとオジサンが「俺がここを食い止める、お前たちは先に行け」といういつものアレをやるとは…これわたしに刺さるやつだ…。
セリフが急にオシャレになる大人たちwこれは覚悟きめたやつですね(´;ω;`)



ワンピ

ゾロさん、乗り物にのせてもらって移動してたのにいつの間にか迷子になることができる、超級迷子スキル…!
船を見たのでとりあえず乗る、と更に迷子を重ねる模様w

あ、バス停発見!どこ行くか知らんけど乗ったろ!っていうノリですよね…自由すぎて逆に憧れるわ!

トキトキの実!そのまんまだった。
未来へ行くだけの、一方通行の時越え能力だったんですね。ひと安心。

はるか昔から悪魔の実が存在したという裏付けでもあるけど、悪魔の実はワンピ世界が生まれたころから元々あったものと考えていいのかな。

おでんさんの犠牲と、オロチさんの非道ぶりは読者視点では端折られて詳細わからなかったのでもやもや!後でちゃんとした回想するんですね!?
たぶんすんごいドラマチックなタイミングで…。


ヒロアカ

「キャントストップトゥインクリング!」「インビジビルガール!」律儀にヒーロー名で呼んでくれる常闇くん、素敵。
でも長すぎて噛みそうだし、下手したら連携に支障がでそうw
特に青山くん!!サイドキックの人は略して呼んでも怒られないと思うよ!
なんて略して呼んだらいいかな…?
キャントストップトゥインクリング!
キャストゥイン!
キャス…言いにくい!
青山ァ!
青山でいいでしょもう!

キノコちゃんの必殺、器官に入るキノコやばいね?へたしたらしぬよそれ!弱そうとか思ってごめん。凶悪です…。

ヴィランのが向いてそうまであるw特にこの表情やばいよね!?

さすが黒色!と言われて照れる黒色くん、かわいい。女子と目を合わせられない系男子か?
「残りの二人もよろキノコ!」ってリズム感がよくてすき。

「やらなきゃやられてタケ」とかセリフがいちいち細かい。
キノコちゃんはB組の梅雨ちゃん的なポジションですね

ヤオモモさんが頑張ったけど負けちゃったのは惜しい。ちゃんと健闘した感じを出してまとめてくれたのは嬉しい。
大砲だした直後に(びっくりさせてすみません!)てモノローグがあるの、育ちの良さがでてるw


ブラクロ

先週の感想で、ノゼル兄様と和解した直後に敵にやられたら泣くって言ったけど、
今週期待通りに(?)ノゼル兄様と和解した直後に敵にやられたので泣きました。
ノエルちゃん覚醒の新魔法は、奇しくも母と同じ近接戦闘型というのがアツすぎるよね。きょうだいたちは、ノエルちゃんの姿に母を重ねるに決まってるじゃん…。
敵さんの羅針盤魔法については、攻撃のベクトルを変えるとか無敵じゃんどうするのと思ってたけど、物理で直接殴ればいいのか!答えはシンプルだった!


アクタージュ

カラーページの右のキャラ、誰かと思ったら景ちゃんonカムパネルラか。
本番では長髪はかつらの中にしまうのかな。開演直前だけど切ってないし。

このカムパネルラはイケメンすぎて女性ファンがつきそうだ。

それにしても今週は泣いた…。
「演出家が役者に感謝を口にしていいのは公演後だと決まっている」
そうなのか。しらなかった…。簡単にありがとうって言っちゃうと、現場の緊張感が削がれちゃうのはありそう。

「これが幸せか」と小さく言った巌監督。次のページで皆に向けて言った言葉が、最期の教えなんですね…(つД`)

なんとか初日公演だけでも観てからにしてほしいんですけど、病は待ってくれないのか。

最後ページの景ちゃんの表情は、ほんとに別人みたいに見える。さすが役者…。ほんとうに死者になったというわけですか。
共演するキャストをも相手に、演技は舞台裏で既にはじまっているのだ!


火の丸

刃皇さん内部の揺れる法廷のコマ、じわじわ来るw
なくても話の大筋に関係ないコマだというのが余計に…物理的に中にあるのかよ!
コックピット内で、巨大刃皇ロボを操るパイロットたちが相談しながら操縦してる感もあるw

「櫓投げ・蒼天」のコマはかっこよすぎて緩急のつけかたうますぎるし感動してちょっと涙でました。はー!!


鬼滅の刃

緊急柱合会議

「そうなんだ…」のコマ、使い勝手よさそう。そうなんだ…。


「痣が発現した方は、例外なく…」なに!?
例外なく、なに!?寿命が縮まるとかでしょうか。

嫌われ柱さんは、言動がこれじゃそりゃ嫌われるでしょという感じでした。
あなた、後輩には優しいのに柱合会議だとそんなにイキってたんですかw
まぁ何か考えがあってのことだとは思うんですけども(´∀`;)

炭治郎くんサイド

「滅」これが伝説の刀、鬼滅の刃か…タイトル回収!?

ゲームとかでいう主人公固有の最強武器を手にしたような特別感がある。
いつか、この刀で無惨様の頸をわかれわかれにするんでしょうね…。震えて待て(‘ヮ’)

アオリ「久々の炭治郎に伊之助興奮!?」そっか…炭治郎くんが無事に起きてくれたから嬉しかったんだね(´∀`*)ちょっとくらい騒いでもしょうがないやつだなぁと思える。
平和な回が続いているので、次の話くらいで無惨様の刺客が屋敷までドォンしてきそうで怖くなってきました。


ジモト

今週もすきです…これはなんか長く続きそうな手応えのあるギャグ漫画だという気がしてきた!!

「これが属性相性表だ」(カリカリ)とフリーハンドで正確な日本地図を描けるジャパンくんやばすぎるw人間プリンターww

最終的にはマスラオさんが東京拳に覚醒して、東京の地元ネタやるのか?いや東京って県じゃないから拳にならないのか。
よく考えたら都道府についてはもじっても拳じゃないけど、どうするんだろうか!


呪術

ナナミーン!!いきてたーー!!!ナナミーン!!
「悔いはない」のコマでもう完全にダメかと思いました。ページをめくる手が止まりました。あぁ、このページをめくったらナナミンは…と思うとめくれなかった。

覚悟を決めてからめくったら…虎杖さんが!!虎杖さん!!間違いなくヒーローだよアンタ。゚(゚´ω`゚)゜。
絶対触るマンと触ったら絶対殺すマンを強制的にぶつけるという荒技w

宿儺さんは、そんなに伏黒さんラヴなんでしたっけ!
伏黒さんはたまたまとはいえヤバイひとにロックオンされちゃったよね…。

巻末コメント

芥見先生の今月の巻末コメント。

“今週の七海の台詞『金』の部分を推しのアイドルに変えると楽しいと思います <下々>”

そのナナミンのセリフはこれ


わたしの場合はたぶんこんな感じです(ほんとに4年)



ハンター

面白いぞおお!動いてきた…。ハンターにおいて事態の展開というのは死人続出ということでもあるので心が痛いんですけど(;∀;)
演奏プログラムは笑かしにきてるでしょ!

「なんでオレが…」といいつつノリノリで歌うイズナビさん。B’zの稲葉さんがモデルだとお聞きしました。そりゃ歌うまいに決まってるね!

カチョウちゃん、逝く

脱出したらペナルティで死…。無数の手だけが襲ってくる画は、絶対に対話が不可能で問答無用、という感じがして恐怖感ある。

フウゲツちゃんは、二人で一緒に冒険したかったから。
カチョウちゃんは、とにかくもし自分がいなくなったあとのフウゲツちゃんのことを心配していると同時に、フウゲツちゃんが居なくなったら自分は耐えられないと思っていたからこそ、こういう能力になったんですね…。
ほんと本人の意思を嘘偽りなく反映しているからこそせつない。カチョウちゃんは普段ツンツンしていたからとくに。

入れ替わったカチョウちゃんの姿の念獣は、他人から目視できるのかな?
もし姿が見えるとしても、センリツさんはカチョウちゃんから心臓の音が聞こえないことに気づいてしまい…うわそれ泣くわ…。
そもそも演奏プログラムに「第10王子&第11王子のグラスハープ演奏」てあるから、脱出を試みたことをごまかすために二人で舞台にたたなきゃいけないですよね。

こうなると、国外に脱出しようとしているワブル王子にも同じことが言えます。
「船の外に脱出することは儀式のルールに逆らうことであり死を意味する」とクラピカがなんやかんやあって知ることになるのでしょうが…。
どうするんだろ。除念は儀式が強すぎて無理だろうし。


ゆらぎ荘

さすがにミリアちゃんの姿で直接コガラシさんから恥ずかしいことをされるのはマズイのでワンクッション挟むという名采配(?)
ミリアちゃんのおうちのしきたりには、最初に肌を触れられた異性に嫁がなければならない、みたいな決まりはないんですか?
ないんですか、そうですか。残念ですね。無念ですね。また来週!


ソーマ

お父さんポジションのキャラがちゃんとお父さんしていることは大変すばらしいことです…。
少年漫画とかゲームの主人公の父親って、大抵ろくでもないことが多いので(つ∀`)
ところで最後のページに、あきらかに出る漫画を間違えてそうな、2~3人ころしてそうなピエロがでてる事に笑って全部もっていかれました。



ダビデ君

下ネタじゃない…だと…!?
いや、いつのまにかこの漫画に下ネタを期待していたわたしがいたけど…さすがに下ネタだけでゴリ押しはよくないよね!
モナリザさんは、ずっと同じ顔とアングルで固定のほうがミステリアスでよかったなー。その場にいてこっち見てるだけで笑えるもん。
いやちょっとまって、先手必尿って何…。「いきなり何をするんですか…///」で済ますモナリザさんも寛大すぎてすごいと思う。


今週は以上ですヾ(‘ω’)ノウォー!

関連タグ
関連記事
南無阿弥陀仏 週刊少年ジャンプ 2019年2号 感想
ポチタがいりゃあそれでよかったのに 週刊少年ジャンプ 2019年1号 感想

5 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2018/10/07 19:15

    今回の義勇さんを炭次郎くんに見せたらどんな反応をするのかちょっと気になる。
    あと玄弥くんもう完全に萌えキャラですね

    • 2
    • ななしさん
    • 2018/10/08 01:13

    カチョウちゃん…
    守護念獣名『二人セゾン』は調べたら某アイドルグループの曲が元ネタっぽいですが…ルビに泣きそうになりました

    • 3
    • ユーリ
    • 2018/10/08 20:03

    義勇さんはたまたまいまの柱のメンバーと波長が合わない感じなんですかね〜
    1話では炭治郎くん相手にいろいろ考えてくれているのが伝わってきたのに…(つ∀`)
    しのぶさんは「それでは言葉が足りませんよ」と言ってるので、ホントは義勇さんなりの考えがあることは理解してくれてるんでしょうけどね(´・ω・`;)
    玄弥くんは、憑き物が落ちたようにかわいいポジにおさまりましたねww
     
    カチョウちゃんは最後の顔がほんとせつなさやるせなさ無情さがあります…。
    冨樫先生は休載期間中に某アイドルグループのライブに行ってたくらい筋金入りのファンみたいですねww
    二人セゾン、キミガイナイ、両方歌詞を調べてみてすごくカチョウちゃんっぽいなと思いました。゚(゚´ω`゚)゜。

    • 4
    • ロロルームの兎 
    • 2018/10/15 10:37

    ワールドトリガー連載再開ですぜ\( ‘ω’)/

    • 5
    • ユーリ
    • 2018/10/15 15:35

    朗報ですね!!
    信じて待っていてよかったです…。゚(゚´ω`゚)゜。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)