other

オマエが泣いてるとこさ、初めてみたよ… 週刊少年ジャンプ 2020年35号 感想

二週間ぶりのじゃんぷよ!
今週はどれもこれもアツい展開多すぎてヤバい。

※今週はジャンプSQのワールドトリガーの感想あり。(SQ買わない方へのネタバレ防止のため、トリガーの項だけボタン押すと開く形式です)


ヒロアカ

ギガマキさん、一切喋らず黙々と進撃してるわりに表情豊かだからなんかかわいい。
眠らせて無力化作戦は倒せずとも勝利って感じでいいバランスではないか! こんな切羽詰まったアーンしなさい!は史上はじめてでしょうね…。
 
明らかに敵連合の戦力が上なのに、多勢に無勢をお許しくださいと言える茨さんはすごい。数を平等に見てるとも言えるし、自分たちが勝てると暗に確信しているともとれる。


DrSTONE

もうしわけないけど最初のページの千空さんの表情、ちょっとえろいなって思っちゃいました。
千空さんが倒れてクロムくんが奮起アツすぎる…最後のスッと目が据わるマジ顔、一気に画面が締まって引き込まれました。
しかし地下通路を掘るとは…え、地下…? そんなばかな何日かかるんだマイクラじゃあるまいし。
いや…! そうかマイクラ! DrSTONE好きなこども読者諸君は、漏れなくマイクラも好きなはず!
マイクラでトンネル掘るの慣れてる層ならそんなに違和感無く読めちゃうのかもしんない! いや! ないでしょ! どういうことなんだ地下トンネル!!


ワンピ

「オロチ様……まァいいか……」
↑モブキャラのセリフだけど、印象に残ります。オロチさんというキャラの人望の無さが一言で表されてる。忍者軍隊長さんと侍衆総長さんも秒で寝返ってましたし…。
これじゃオロチさんが仮にヤマタノオロチの実の能力で死んだふりから復活したとしても、彼ひとりの力じゃどうしようもなさそうな気がしますが…。
メタ的に見ればオロチさんによる逆襲は戦況に何らかの大きな影響を及ぼさないと作劇上復活する意味が薄いので、なんか一矢報いる策を持ってるはず。
…といいつつ、ほんとにしんでたりして。死ーんってなってるもん画太郎さんみたいに。

啖呵を切るモモの助くん、がんばったね…!
“桃”の花言葉が『天下無敵』だと初めて知りました。花言葉ってすてきで繊細な言葉ばかりだけど、そんな「強え!!」って感じのやつもあるとは!

ヤマトちゃんの手錠が爆発…。これは本人にとって大きな意味がある。カイドウさんは結局「ヤマトが脱走するつもりなら別に死んでも構わん」って思ってたことになりますから。あいつは親でも何でもないって泣いてしまっても仕方なし。
直前まで「たぶん爆発しないと思うけど」ってホントは親父さんを信じていたかったのね(つД`)
 
最後の討ち入りのコマはようやく悲願の…!という感じでアツかったです。カイドウさんにどのくらいダメージ入るかは未知数ですけど。体力バー1ミリ削れたらいいほうじゃない?(カイドウさんに対する評価が高すぎる)


アクタージュ

最初こそライバル的な立ち位置で登場した環さんが、目にモノ見せなきゃならない共通の相手を前にして「見せてやろうぜ、21世紀の女優ってやつを」て二人を鼓舞するのかっこよすぎて惚れるでしょ…。前作主人公みたいな頼もしさがある!
 
さつきちゃんが夜凪さんを尊敬して目標にしたように、夜凪さんもまた環さんに対して「この人は自分より上だ」と認識して目指すべき対象と見方を変えていくところもイイですね。
この三人、母+姉妹みたいで一体感あるしほんと良いトリオになったと思います。


マッシュル

他の生徒から濃縮抽出した液の生成方法を詳しく教えていただきたいですね!!!

「セコンズ」なる新たな設定が登場。
通常技ではない必殺技! BLEACHにおける卍解、呪術廻戦における領域展開、アンデラにおけるクソデカゴシック能力開示みたいな、この作品における見開きバーンの代名詞とも言える設定と思われる。そういうわかりやすい概念、助かる!!


僕とロボコ

いやあのすごい、背景がふつうにうますぎる 特に1~3ページ目すごい! いやプロの漫画家さんだからうまいに決まってるんですけど!
デフォルメ顔のギャグ調だから見逃しがちだけど、実はこの漫画とても見やすくて画力レベル高いんですよね…。
熊出没注意パンツで爆笑しましたww


チェンソー

なんだこの演出力は…やめてくれ…やめてくれ悲しすぎる…
肝心のシーンをほのぼの雪合戦に置き換える優しさと残酷さ、あまりにも演出力…

やらざるをえなかったんですよね、デンジくんは。だって彼以外のみんなが助けてと言ったし、だけどその「助けて」は裏返せば「ヤツを殺せ」でもあり…。
デンジくんはアキくんが目を覚ますまで粘って戦い続けたかったと思うんですけど。
アイツが死んでも泣けないだろうなって言ってたデンジくんがさ……命がけで救おうとしてたんやぞ……

それでもアキくんの最後の顔は嬉しそうで、これを救いと言っていいのかどうか。
ていうかまだパワーちゃんが残ってるんですけどねえねえねえ


マグちゃん

うわあめっちゃ…ほっこりする回…チェンソー後の口直しに…ちょっとなりましたよね…
個人的にはいま誌面上でいちばん純度の高い清涼剤かもしんない。ひたすら優しくて和む。ほかの漫画がバチバチ血塗れの殴り合いをしてるので、こういうテイストの漫画が誌面にひとつあるだけでかなりのオアシスです。


アンデラ

すんごいかっこいい全裸幼女だッ!!業ッ!!!
全裸でもぜんぜんえっちじゃないし健全なバトル漫画だと思いますハイ。ほんとに。

タチアナちゃんのビリーさんの関係、既にエモかったけど掘り下げられたことで出会い救ったのもビリーさんと判明して更にエモエモになりました。
ニコおじがサポートアイテム開発してくれてるし、おじさまたちに可愛がられてて大変よいですねタチアナちゃん。かわいがってくれるおばさまもいたんだけど…。゚(゚´ω`゚)゜。
この話見てからvsヴィクトールさん戦読み返すと、ビリーさんが「タチアナ助けて!」ってしがみついてるひとコマが余計かわいく見えます。
 
能力名:UNTOUCHABLE(アンタッチャブル)ってお笑いコンビ名の印象が強いけど、めちゃくちゃ強力な能力。固体はおろか気体すらも寄せ付けないとは…ほんと味方でよかったキャラだ。
「指一本触れさせない!!」てセリフは自分の能力をあるていど肯定できてる感じがして、心の強さを感じます…。タチアナちゃん、つよい子!


呪術

じょじょじょ漏瑚さぁーーん!!!
羨望、嫉妬、後悔、認めてほしいという気持ち、どれもらしい情緒です。呪いでありながら人間味あふれている魅力的なキャラだった…。
宿儺(すくな)さんの「誇れ、オマエは強い」は、五条先生に「弱い」て言われた件の対比なんですねぇ。いまの漏瑚さんだったら五条先生の評価も変わっていたのでしょうか。
 
宿儺さん、かつての部下と合流…?
なかなか虎杖さんが人格を取り戻す気配がないですけど…、もう彼が目覚めないってことないだろうし。
再び虎杖さんの内に封印される前に、裏梅さんにとある計画を託しておく…みたいな感じでしょうか。


あやトラ

少年誌ラブコメにおける最終ゴールとして位置付けされがちなお接吻をこの話数でやってしまうとは! 女の子同士だからノーカンってやつですね?
祭里くんちゃん、口付けによって呪いが弱まり一時的に男の子に戻ったりしませんかね。
最近TSモノじゃなくてもいい展開が続いてるのでテコ入れが欲しい。定期的にキスする口実にもなるしさ…。でも百合キスは正義なので無意味にキスしまくってもいいと思いますけど…??


ブラクロ

宿魔・滅魔の剣でも決定打を与えられなかったのにヤミさんソードに持ち替えたら致命傷になるなんて、ヤミさんソードめちゃつよじゃないですか。
って思ったけどたぶん悪魔の右腕は力そのもの(・・・・)なので、アスタくんの付属武器以外にもエンチャがかかる仕組みなのである。ゲーム脳!
よく読み直したら、あの的っぽい模様を反魔法で断つのが勝利条件だったぽい。ヤミさんの攻撃だと的が一時的に消失するから連携が難しいな…。ダンテさん戦をゲーム化したら面白そうだな…やっぱりゲーム脳。


ニライカナイ

ポニョだこれ! 海の上を走れるこの頭身の幼女はだいたいポニョに分類されるって学校で習った!
マスクのひと、なにやら強そうなオーラ放ってるから敵幹部ポジみたいなひとだと一瞬おもったのに、ふつうにぶっとばされてしまった…。
前回?のヒキで深海でシルエットで登場した謎の軍団は一体なんだったんだ! あの謎軍団が漫画終わるまで二度と出てこなかったらめちゃくちゃ面白いと思うんですけど、さすがに回収するかなぁ


アグラビティ

おお、掲載順アップしてる!いいぞ!
ブロッコリー抗争で負傷者120名、いったいどうやって怪我したんです…?
 
ゲラルトさん、かつてはモテモテだったのにどうしてあんなことに…。彼を崇拝するアルくんみたいな子がたくさん居たと思うと恐ろしさを感じますが、周囲が常に彼を超天才として崇めるように扱っていたら孤独になっても仕方なさそう。
クリスくんたちがゲラルトさんを対等な友達として扱ったからこそ、彼は居心地の良い場所としてアグラビティボーイズの中に納まったんだろうなあ。


モリキング

左村さんマジでマジでいいひとすぎるよ!! なのになんでそんな目つきわるいのw
それに対してモリキングさんは回を追うごとにポンコツになっていくな。常識人ポジが左村さんに移った感じ。

と思いきや、1ページ目見直したら左村さん、全裸で桜ちゃんと一緒にお風呂はいってるんですね…? 完全に事案だし同居のご両親はどうお考えなんですかね!?!?
やっぱりこの漫画やべーやつしかいないわ!


勉強

古橋さんルート、ゴールイン!
とても順当にラブコメしていてあまあまなルートでした。ファーストキスの味の感想を言ったり、苗字呼びから名前呼びになったり、いちゃいちゃしたいのに邪魔が入ったり、と少年誌的なラブコメフルコースを1話で駆け抜ける欲張りっぷりw
 
こういう真面目で奥手なヒロインって他のキャラがグイグイ系ばかりだと埋もれがちになっちゃいますけど、ルート分けてもらったことで勝利が約束された場合の世界線が見れて面白かったです!
 
次回からあしゅみー先輩のルートだそうですが、もともとかなりサブ寄りなキャラだったのでどんな扱いになるやら…?


ミタマ

霊だから一般人に見えない対象を尾行してるミタマさんたち、はたから見たらめちゃくちゃ謎だろうな…。
ソウヤさんに至っては視認できない対象を尾行してて、もはや何やってんのか自分でもよくわかんないだろな…。
今週の話はふつうにほっこり回なんだけど、ソウヤさんの蚊帳の外っぷりに注目して読み進めると違った読み味になってじわじわきます。


夜桜さん

ノウメンさん、最初から捨て駒あつかいされててかわいそう。゚(゚´ω`゚)゜。手編みグッズあげてたから皮の人(名前わすれた)と仲良いと思ってたのに。
謎の帽子マンはこっそり人助けもしてるから実は良い人なのかな。


ボンコレ

尺の話してるぅ! 燦くんが自責の念が止まらない件にページを割くより主人公たちの活躍を思いっきり描いたほうが良いのはたしかだけどぉ!
2回もあんぽんたんって言いながらしっかり燦くんの保護者してた阿部さんに和みました。


タイパラ

いつのまにか掲載順が最後尾にッ…!
ほんと先が気になるって意味でも面白いし、後ろに回されたぶん展開を加速させてたり頑張ってると思うんですけど!
 
藍野さんがKAROSHIする件をなんで言わなかったんだ説明不足だってのはまさにその通りなんですけど。
良い方向に取るとするなら、タイムマシンを彼本人に使うのは最初から予定として折り込み済みで、佐々木自身がこのバッドエンドルートを「1周目」として経験しておく必要があり、この経験を元に色々対策の手を打っていく「2周目」に突入するのでは…? というのはタイムリープモノでよくある展開ですけど。
それにしても急いでダイジェストしないとルート回収する前に漫画がエンドしてしまう。展開的には盛り上がってるから駆け足になっちゃうのは勿体ないというジレンマだッ


ワールドトリガー(ジャンプSQ)


タップして開く

第198話「B級中位最終戦(2)」

カトリーヌちゃん、つよ…っ
いやほんと、つっっよいね…!?
1vs2を強引に突破して一人落とすとは。諏訪さんのショットガンを両手で抑えてひざスコーピオンで刺すスタイリッシュアクションすばらしい。ユーマの動きをちょっと彷彿とさせる!
結果的に負けてるけど格が落ちないどころか逆に上がってるのがすごい。この1回だけでカトリーヌちゃんの評価がうなぎ上りです。
 
しかし日浦ちゃんの泣き顔と、那須さんの嬉しそうな顔がぜんぶもってった。

第199話「B級中位最終戦(3)」

1話目で戦力面つよつよを印象付けたカトリーヌちゃん、精神面の成長も見せつけていく…!
那須隊勝利だけどカトリーヌちゃんの成長が個人的にはうれしかった。
そんで諏訪隊は案の定割りを食ってましたが、堤さんの対応力の高さにも焦点が当たってたし(満点の回答!ほんとそれ!)、勝ち負けついてるはずなのに最終的には「全員つよかった!」って感想になるのでワートリのバトル描写はマジでレベルたっかいなと思います。この密度の漫画が以前は週刊連載されてたのマジでおかしいんだよな…。
やっぱり命削ってないと描けないやつだったんだよ。(首の骨とかを)

初登場の神田さんもだけど髪セットしてないメガネモードの弓場さんやっぱりイケメンすぎるでしょ…この回だけでボーダー顔面ランキングが変動しまくりですよギャップがやばい!
あと帯島ちゃんの私服カワイイ!!!

出穂ちゃんが那須隊入りは各所で予想されてたけど、その通りになってる〜〜納まるとこに納まった感じ。
いきなりB級上位のランク戦に放り込まれたら大変そうだけど、大規模侵攻で見せた「チカ子に手ぇ出すんじゃねーぞ!」の胆力もあるし急成長しそうな気がします。がんばれイズホチャ!

ところでワートリ、次回は第200話になります。節目じゃんすごい! 首を負傷しても連載を再開してくれた葦原先生に改めて感謝。でもほんとうにむりしないでほしい。


今週は以上です!オーイエス!
次号の発売日は祝日と合併号の兼ね合いで8/11(火)だそうです。火曜発売とはたいへん珍しいパターン!

関連タグ
関連記事
ヴァンヴァアヴァー!!! 週刊少年ジャンプ 2020年42号 感想
神を殺すのは、俺だ 週刊少年ジャンプ 2020年41号 感想

7 件のコメント

    • 1
    • ななしさん
    • 2020/08/05 13:46

    ビリーさんイケメン

    • 2
    • ななしさん
    • 2020/08/05 21:44

    ミタマのター坊とピーちゃんの遊んでるボールって…
    もはや何も言わないところが一周まわってギャグですよね、あの漫画は。

    • 3
    • にゃんこ
    • 2020/08/06 00:06

    カトリーヌのスパイダーにしろ、つつみんがグラスホッパーの対応にしろ、各隊で玉狛第二戦での経験を生かしてるんですよね・・・
    玉狛第二が他のB級チームにいい影響を与えてるのだとしたらうれしいですね

    • 4
    • ユーリ
    • 2020/08/07 21:12

    コメントありがとうございます!!
     
    >>1さん
    わかる…
     
    >>2さん
    うわ、よくみたら聖光霊波弾ですねww 作中で誰もつっこんでないから気付きませんでした ふと気づいたらシュールですねこれw
     
    >にゃんこさん
    カトリーヌちゃんは覚醒したと言っても過言ではない成長ぶりでした
    B級を駆け上がっていた玉狛第二、チームそのものが強いだけじゃなく他の部隊に良い刺激を与えていてボーダー全体に貢献してるとも言えますよね…! こんなに組織のためになるチームだから遠征希望もなるべく汲んであげるべき!!

    • 5
    • ななしさん
    • 2020/08/09 00:06

    アクタージュ…、やっぱり打ち切りになるのかな…。

    • 6
    • ユーリ
    • 2020/08/10 08:59

    >>5さん
    一夜にして大変なことになってましたね… 公式発表を待つしか。゚(゚´-`゚)゜。
    舞台化とかメディアミックスの話が進んでたし、アニメ化の企画があっただろうし影響は計り知れないでしょうね

    • 7
    • もん
    • 2020/08/10 22:34

    アクタージュについてはホントに悲しい。
    原作者には勿論、編集部にも猛省を促したい。週刊連載作家に対してのケアが足りないのは明白。異常性癖者と切って捨てるのは簡単だろうが、そこに至る経緯を広く知らしめるべき。

コメントを残す


※おなまえ空欄可("ななしさん"になります。)